最高の愛 恋はドゥグンドゥグン 4話あらすじ

心拍計測器をつける姿も面白いトッコ・ジンです!彼の防犯システムを解除したエジョンですね。

出演
チャ・スンウォン、コン・ヒョジン、ユン・ゲサン、ユ・インナ





4話

ピルジェはバラの花をエジョンに渡して、カップルが決まる。女性たちとデートすることになるピルジェ。
「俺が?・・ク・エジョンを?あり得ない・・」と、TV局の廊下を歩くトッコ・ジン。

ここで色々なドラマの宣伝ポスターが、ジンの思いなの。

エジョンが嬉しそうに花を持って報告に来る。怒るジンを理解できないエジョン。
「何の用で来たの?私が落ちて、恥をかくのを心配したんじゃ?」
「違う。落ちたらまた、つきまとわれるのを心配したんだ。」と、苛立つジン。

ぶつぶつ、文句を言いながらバラの花びらを1枚、ハンカチで包むジン。

選ばれたメンバーは皆、ピルジェを口説くのに必死。出遅れるエジョンを心配する兄。気を引くように、しゃっくりを提案、他の女性を追い出す。

ピルジェの前でしゃっくりをするも、わざとだとバレてしまう。TVでは、放送リアクションが大事だと、コツを教えるエジョン。

エジョンと一緒に車に乗るジン。
ピルジェの話題になり皆でほめまくり、「仕事抜きだとしたら・・ピルジェさんは・・」と、エジョンの言葉に耳をダンボにして聞くジン。
家に到着、続きが聞けず残念なジン。

ジェニの店で飲むエジョン、ジンの付き人たち。
3人で食事をするのを、自分を誘わず不機嫌なジンは、わざと水を買ってこいと、付き人に要求。エジョンが代わりに行くと、言って家に行く。

ジンの家、冷蔵庫に水を入れ、シャワー姿のジンを見て思わず、隠れてしまうエジョン。
「なんで隠れてるのかしら」

ジンは心拍計測器をつけ、「あいつのことで100を超えるな。正常数値でいろ」と、独り言。

エジョンが落とした携帯が鳴り、数値が120になり、幻聴?と、怯えるトッコ・ジン。
隠れるエジョン。

防犯システムを作動させ、帰ろうとするエジョンに反応。音や光に怯えるジン。

エジョンが家にいるのを発見、驚くジン。
「なぜ、お前がここにいる。お前が俺の家に侵入、パンツを盗んだのがバレ、俺がCMしてる警備会社に捕まった・・これを信じられないから黙ってた。」と、言うジン。

水を届けに来てつい、隠れたと事実を話すエジョン。
エジョンの携帯を調べ、「ムカつくヤツ」で保存してた事がバレてしまう。

エジョンに心拍計測器を説明するトッコ・ジン。「お前のせいでまた、120まであがった!」と。
「具合が悪いんですか?」
「俺は特別な人間だ。マインドコントロールしたくてつけている。」と、言うジン。

「効果なさそう。マインドコントロールできてないし・・」と、言うエジョン。
「お前のせいだ!正常値60から90で暮らしたいのに、お前が現れるたび、安全値を超える。・・なぜ、ここまで入り込むんだ・・」と、弱気なジン。
帰るというエジョン。

ピルジェから電話、薬草茶が欲しいので行くと話すエジョン。
「俺のパンツを返せ!」と、電話を邪魔するジン。洗って返せ!と、嫌みをいう。
「兄が酔ってて・・」と、ピルジェには誤魔化すエジョン。

仕方なくジンの家でパンツを洗うエジョン。
「俺はなぜ・・ク・エジョンを引き止めたんだろう・・」と、自問自答のジン。

「俺はトッコ・ジンだ。特別な人間だ。なぜ、お前が入ってきた。」と、聞くジン。
2度と、来ませんと答えるエジョンは、防犯システムの暗証番号を簡単に解除、帰って行く。

「ク・エジョンに・・解除されちゃった・・」と、呆然のトッコ・ジン。

カップルメーキング、番組の話題も大きくなり、漢方医のピルジェの病院も女性でいっぱいになる。
ユン・ピルジェが検索1位で大喜びのピルジェ母。エジョン父を、カン・セリの父と勘違いする。

番組の出演者の好感度投票に参加してたトッコ・ジンは、85人の中からイベントに当選。大スタートッコ・ジンと同じ名前と言われながら、エジョンのサインが当選する。

軽い気持ちでエジョンにネットで投票、これが当選で恥ずかしいジン。慌てて事務所の荷物を取りに行く。

エジョンなど気にするなと、明るい原作が漫画の作品を勧めるスタッフ。

エジョンは、同じ国宝少女のメンバーだったミナを見て、昔を思い出す。引退を望んでいた彼女が今、お母さんになっていた。

ピルジェは部下に頼まれた結婚式のお祝いの歌を、エジョンに頼むという。

影で、「安っぽいイメージだし、悪いスキャンダルがあるわ。ク・エジョンなんて!あり得ない!」と、自分の悪口を聞いて傷つくエジョン。
ピルジェはエジョンの両耳をおさえ、声が聞こえないようにする。

「私は慣れてるから大丈夫です。結婚式も好感度ゼロの私が歌うと、みんな気分良くないわ。」と、強がるエジョン。
「気持ちが落ち着くツボです。無理して笑うより、押した方がいいです。君は明るくていい人だ。悪いイメージはない。」と言うピルジェ。

カン・セリと、トッコ・ジンのCM契約。カップルが規則だから別れることが出来ない。悪いスキャンダルもダメ。10億ウォンの仕事、約束を守ると契約する2人。
「10周年のファンミに来て。」と、要求を出すセリ。

エジョンの家に行くジンは、甥っ子の事を「ピンポン」と呼び、家が貧しいので驚く。
ここ、最高に面白かった。

兄と内緒の仕事に行くエジョンは、10周年なのにナイトクラブで歌うことに・・。

エジョン、セリ、ジェニの3人に同じものが届く。
四つ葉のクローバーとCD、「ミナかな・・」と、思うエジョン。

ナイトクラブに見に来るトッコ・ジン。
「ここまで落ちぶれたか。どん底まで来たら・・元に戻るだろう。」と、ポスターのエジョンを見てつぶやくジン。

車の中、眠るエジョンの頬に手を当てようとする。

続く・・

面白いわー。
トッコ・ジンが、エジョンに惹かれていく様子のチャスンウォン氏の演技が笑える。
真面目にふざけてる・・そんな感じですね。

コン・ヒョジンも、今までのドラマとイメージが変わって明るい。甥っ子の返事、「ピンポン」も楽しい。

CM契約で、セリとトッコ・ジンは別れる事も出来ない恋人を演じます。契約違反すれば、罰金みたい。
それでも、契約を破ってエジョンと恋をするのでしょう。
予告ではワクワクな展開に!


↓読んだら応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ  人気ブログランキングへ
3つもポチッありがとうございます。とても励みになっています。

関連記事
スポンサーサイト



2011年09月28日 | Trackback(0) | 最高の愛

プロフィール

ブログランキング

カテゴリー

お知らせ

最近のコメント

楽天

楽天

お知らせ

最近の記事

楽天

ブログランキング

お知らせ

リンク

アクセスカウンター

オンラインカウンター

ブログ内検索

最新トラックバック

お知らせ

月別アーカイブ

RSSフィード

雑誌