「ラスト・スキャンダル 」12話あらすじレビュー

フジテレビ韓流αで放送中?ジミンはやはり離婚に気がついていましたね、幼い心で不安だった娘を思うソニ。ナユンの言葉から想像すると、フンはジェピンの子では?もしも、ドンファがジェピンのかわりに父親になっていたのなら、ジェピンは大変なことになってしまいそうです。
そんなジェピンを支えるソニかしら?

「ラストスキャンダル 」(私の生涯最後のスキャンダル)
全16話
出演
チェ・ジンシル    ホン・ソニ
チョン・ジュノ    ソン・ジェピン
チョ・ウンイン    チャン・ドンファ
ピョン・ジョンス   イ・ナユン
12話 

ソニを後ろから抱きしめ「こうしていると痛まない。」と、ジェピンに
「ドンチョル、知ってる?私、19歳の時はあなたしか見えなかった。でも、39歳の今は、あなただけを見ていられない。私はドンチョルを友達として・・ジェピンはただ、夢として残したい。いいよね?」と、ジェピンの腕から抜けるソニ。

ソニを追うジェピン、とめるドンファ。
「ジェピンはダメでも、ドンチョルならいいんだろう?」
「ドンチョルに戻れるのか?」と、ドンファは、感情だけで走るな!よく考えろ、という。呆然とするジェピン・・・。
ジェピンもソニも眠れない夜をむかえる。

翌朝、ジミンとフンは仲良くドンファとジョキング?鶏の卵をもってくる。
学校が休みなので別荘にいくことになる。
靴をドンファから、もらったことをジミンに報告するソニ。靴をはいていないのを寂しそうにみるドンファ・・・。

ジェピンは仕事を休み、ナユンは撮影を休んだので様子をみにくる。
寝てる間に外出したのを怒るジェピンは機嫌が悪い。ナユンの
「ドンファさんを追いかける?」の言葉で元気になるジェピンたちはおいかける。

ドンファはソニに
「あなたは必死に家庭を守って来た。ジミンもわかってくれます」と、ソニを励ます。ソニは決意、ジミンに話す
「ごめん・・・。」と、泣き出し、ジミンから
「パパと別れたんでしょ。パパに話を聞いたの。ママとはもう終わりだって。私はママと暮らすよね?捨てないよね?」と、ジミン。
「ジミンを捨てないよ。」と、ソニはジミンと約束。しっかりしたいい子だわ、ジミンは。ソニを励ますジミンなの。

別荘に到着するドンファ、ソニたち・・・すでにジェピンたちも来ていた。
トボけるジェピンに呆れるドンファ、ソニ。白々しく撮影の練習にきた?と、ジェピンなの。

ナユンに離婚の理由を聞かれるソニ、フンにベタベタなナユンなんだわ。
スイカの種飛ばしをする?子供みたいなジェピン。種を飲んじゃうドンファ(笑)

ソニとジェピンはドライブ?^^♪
ジェピンはソニに
「約束の場所になぜ、来なかった?」
「行かなかったのは、大学に落ちたから」と、答えるソニ。

合格したら会う約束、答えをずらして書いて落ちた・・と、ソニに愕然のジェピン。
ソニにとっては、大きなこと。ジェピンはショックで呆れる。
ずっとソニを待ってたジェピンだから。

「昔は良かった」と、ソニにジェピンは
「好きな女は振り向かない」と、今も幸せそうじゃない。
時間がたてば忘れる・・と、ソニは「32歳のジェピンには、私の気持ちがわからない」と、いう。
「ドンチョルに戻ろうか?ソニ、お前の前でジェピンだったことはない」と、ジェピンなの。ソニはやはり、ドンチョルでもジェピンでも受け入れる気はないみたい。

ナユン、「ドンチョル」と、呼ぶソニを見て「本名を知ってるとは深い仲ね」と、本心を隠さないジェピンに、スクープね!と、いうの。

「さすがドンファさんね。こんな人に責任感は期待できないと判断したのね」と、ナユン・・・。
「え?」と、驚くジェピンに
「よく考えて、私はドンファさんの女じゃない。ただ、あの時、あの人にフンを託しただけ。いいお兄さんね。弟のために人生を棒にふるとは。うらやましい。」
…( ゚д゚)ハッ! ?じゃ、フンはやはりジェピンの子?
呆然とするジェピン・・・。

元気のないジェピンを心配するソニ・・・ドンファに誘われ映画にいくことに。

ジョンスクは売り上げが悪いとユシクを怒る。経営の相談をするジョンスクに冷たいドンファ。ジョンスクは様子を聞くも?ユシクを睨むドンファ。
「ドンチョル」と、いう名前をだし
「ジェピンさんの本名では?」と、ユシクだったけど?ソニの名前をだし、逆にジョンスクに怒られるユシク。
ジェピンの弱みを握ったつもりのユシクだったのね!

ドンチョルったら・・・( ̄▽ ̄;)
ソニに具合の悪いふりをして?へんしーん!と、制服姿に戻るジェピンなの。
「19歳の時、俺しか見えなかったって本当?」と、聞くジェピン。
「ねえ、頭は大丈夫?変身しても態度はジェピンよ。あなたの頭の中、どうなってるの?変態!」と、ソニにひかれてしまう(ーー;)

引き下がらないジェピン、地下に想い出の品?懐かしいおもちゃなどを用意、ソニを驚かせる。ソニも制服を着て学校ごっこ?を楽しむ2人。
ドンファと映画に行くので時間がないソニ・・・

制服を着た2人、撮影をする。
「俺たちは段々、19歳から遠ざかる。今、この瞬間が19歳に一番近いんだ。」と、ジェピン、ピースサインのソニと撮影。

映画に行くソニにトランシーバーを持たせるジェピン、音が切れそうになり、切ない想いのジェピン・・ソニを追って行く。
100メートル範囲しかダメなのに・・ずっと繋がるトランシーバー。理由はジェピンがソニの後ろを歩いてるから。
あぁ、切ないジェピン(>_<)

「ソニ、ドンチョルに贈る言葉は?もう、会えないかもしれないが、言いたい事は?」と、とつぜん、ソニの携帯がなってしまう。
ジェピンとのトランシーバーを放置、携帯でドンファと話しながらさっていくソニ。

ソニ、ジェピンのトランシーバーをまた、使ってふと気がつく。
道の真ん中、立ち止まってしまうソニは・・自分の思いに気がついたのかも。

ジェピンはフンの健康チェックに、父親・ドンファの代わりにサインをしようと?何かを感じる。

ドンファは帽子で若返り?
映画館前では、ドンファが花を買って、カジュアルな服装に着替えてソニを待っている。
ソニは地下のドンチョルの言葉の隣に
「ソニは・・・」と、ジェピンがいることに気がつく。
「俺にかまわず行ってくれ。」と、ジェピン。
心配したソニが顔をのぞきこむと?ジェピンは
「俺・・怖くてたまらない。」と、涙を流しソニに抱きついてくる・・・。




ジェピンの言葉「怖い」とは、フンの父親の件でしょう。やはりナユンの言葉通りだとジェピンが父親?「託した」と、ナユンでした。ドンファはジェピンのために”父親”になったのかも。これが事実だったらジェピンは傷つくでしょう。
ドンファは、ソニにフラれてしまいそうで可哀想・・。誰にも傷ついてほしくないです。


↓読んだら応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ  
2つもポチッポチッありがとうございます。とても励みになっています。

関連記事
スポンサーサイト
コメント
そうですね。 誰も傷ついてほしくない・・・まさに、そんな気持ちなんですけど。
どういう風に展開していくでしょうね。
それにしても、今回も
大人のみんなの真剣なスイカの種飛ばしとか
学生時代の格好の二人の教科書に隠れてのお弁当とか
小道具が上手いです。
ちゃぎ URL 2008年12月27日 17:21:27 編集
>ちゃぎさん
こんばんは。
そうなんですよ。
やさしいドンファにも彼女が出来ればいいな~って。
予想はできるけど、みんなハッピーなラストを希望してます(^^ゞ
あはは~スイカの種飛ばしにはびっくり(@@)
学生時代のお弁当も笑えます。
小道具がおもしろいドラマですね。
ルッカ URL 2008年12月27日 19:08:18 編集

管理者だけに表示する

プロフィール

ブログランキング

カテゴリー

お知らせ

最近のコメント

楽天

楽天

お知らせ

最近の記事

楽天

ブログランキング

お知らせ

リンク

アクセスカウンター

オンラインカウンター

ブログ内検索

最新トラックバック

お知らせ

月別アーカイブ

RSSフィード

雑誌