逆転の女王 24話あらすじ

「長くは待てない・・だからこのまま・・俺の女になってくれないか・・」と、言うヨンシク。
「やっぱり・・聞くんじゃなかった。やっと、意識しなくなったのに・・また気まずいわ。」と、動揺するテヒ。

キム・ナムジュ  (ファン・テヒ)
チョン・ジュノ  (ポン・ジュンス)
チェ・ジョンアン (ペク・ヨジン)
パク・シフ    (ク・ヨンシク)


24話

テヒの返事はないのだわ。ため息のヨンシク。

オフィーリアの代表は、美食家とジュンスに情報を与えるも、ぼんやりするジュンス。
テヒとヨンシクの事が気になるの。

「心を読んでみてください・・」と、テヒはヨンシクにキスをしようとする。
「これは・・夢です・・」と、言葉で目覚めるヨンシク。
なんだ~本当に夢だったのねーーーヾ(*≧∇≦)〃

帰り道、雪合戦で遊ぶヨンシクとテヒ。足を痛めたテヒをおんぶするヨンシク。

社長に、オーダーメイド化粧品の契約を話すも、「販売する方法は考えていません。お金を稼ごうとは思いません。もう、年だし・・」と、やんわり拒否する。
「笑顔でビンタする人ね。」と、テヒは手強いという。
大企業と手を組んでも、品質は守れるという信頼を作りたいとヨンシク。

ヒョクはヨジンのため、有給を取り通訳をする。
オフィーリアの代表に、「せっかくなので、契約と関係なく韓国の美味しいものを食べてください。」と、料理を紹介するジュンス。

財布の中、母の写真で「この人が本当の母親です。まだ、会ったことはありません。」と、テヒにいうヨンシク。
やはり、この前のおばさんは偽者ね。

泥酔するジュンスを、ヨジンが連れ帰る。目撃するテヒ妹。
そんなジュンスを無視する感じね。

テヒの企画にモク部長の案をいれ、新企画を説明する。

ユギョンに気がないと思い、諦める秘書。
それを「ゲームオーバーだ。」と、いうヨンシクは恋の本を読んだという。本によると、時には冷たく接することが必要と話す。
じゃ、テヒに冷たくしたのはこの本を読んだから?(゚д゚)!

オフィーリアの代表の件、圧力をヨンチョルにかけるハン常務。

韓国を出るヨンシク母は、空港へ行く途中、寄り道をする。会社でヨンシクに渡したいものがあると、母。
テヒはロビーで見かけ、写真の母と気がつき、ヨンシクに知らせようと焦る。

オフィーリアの件でジュンスと、言い合うヨンシク。

ジュンスと話してたヨンシクは、テヒが来て連れ出す。
ヨンシクの手を握るテヒを見て、ショックを感じたジュンスでしょうね。これを見てたハン常務が怖いわ。

ヨンシク母から、受け取ったものを渡すテヒ。
オルゴールを開けると、写真、ヨンシクの想い出の品物があった。

続く・・・

母を追いかけるヨンシクでしょう。間に合うのかなあ。
ハン常務はきっと、ヨンシクとテヒの関係を怪しんだでしょうね。
それをどう、利用するのかしら。

ジュンスはまだ、テヒに未練たっぷりあるんですね。テヒの気持ちがハッキリしないようだけど、意地でジュンスを避けてる気がします。
ヨンシクの事はまだ、恋愛感情じゃないと思うのです。
でも、ヨンシクとの絡みが多いですね(´ᴗ`)


↓ CDケース



↓読んだら応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ  
2つもポチッありがとうございます。とても励みになっています。

関連記事
スポンサーサイト
2011年06月24日 | Trackback(0) | 逆転の女王

プロフィール

ブログランキング

カテゴリー

お知らせ

最近のコメント

楽天

楽天

お知らせ

最近の記事

楽天

ブログランキング

お知らせ

リンク

アクセスカウンター

オンラインカウンター

ブログ内検索

最新トラックバック

お知らせ

月別アーカイブ

RSSフィード

雑誌