逆転の女王 26話あらすじ

あれれな展開です。予想と違います。母と会うのが怖いヨンシクはテヒに頼むけれど・・テヒの思いも複雑です。

出演
キム・ナムジュ、チョン・ジュノ、チェ・ジョンアン、パク・シフ


26話

「甘ったれはうんざりです。本心です。」と、テヒを追うヨンシク。
「俺が上司なのは・・うんざりですか?」と、ヨンシクを認めるテヒ。給料があれば、満足と答える。

「移動は俺が止めるといったでしょう。ダメなら会社をやめてくれ。・・給料が目的なら、俺が払う。俺の社員になればいい。冷静だ。みんなと、会社を興してもいい。やりたい仕事をすればいい。」と、ヨンシク。

「本部長にみんな、ついて行くと思いますか?」と、テヒ。
会長に逆らい、後ろ盾のない本部長には誰も、付いて行かないという。
「義理よりも、生活が大事なんです。」と、テヒ。

ここはグッと我慢のテヒですね。ハン常務の企みを知り、ヨンシクと親しいことは隠す、拒否と、徹底してます。
それが理解出来ないお子ちゃまヨンシク^_^;


今度は、上司がジュンスになるテヒなのだわ。企画開発室。泣き出す理由を聞いて欲しくないと、ジュンスにいうテヒ。

「認めます。幼稚なことを・・あなたをポン・ジュンスさんの所に行かせたくない。我慢できない。」と、ヨンシク。
「それなら、私は出て行きます。これまで感謝します。」と、テヒ。
まだ、幼稚だしー

ヨンシクとテヒの関係、社員の噂を待とうというハン常務。会長が、ヨンシク母の手術をさせると言うヨンチョル。
「会長をみくびってはダメ。」と、ハン常務。

酒浸りのヨンシク。

企画開発室で居心地の悪いテヒ。

ヨンシク母の行方を捜しておいて、なぜ、会わせないと聞く会長。とぼけるヨンチョルに、偽の母役をした女性の写真をみせ
「なぜ、こんなことを?お前の考えか?」と、怒る会長。
母親に会わせる条件で、韓国からヨンシクを追放する計画を指摘する。
「今回のことは許せない。出て行け。」と、ヨンチョルを叩く会長。

ジュンスと話すテヒ。
「昔、あなたと夫婦だった時は・・・ ”この涙を見て” と、思いだったけどこの前は・・見られたくなかった。」と、いうテヒ。
テヒの涙は寂しかったというジュンス。

これはもう、テヒは本気でヨンシクを好きなのね。ハッと気がつくジュンスだわ。

モク部長が、農園の社長に会い続けてると、ユギョンから聞くテヒ。

「小さいお店から。このシステムで大量生産できるか調べてちょだい。」と、社長にいわれ喜ぶモク部長。
広告は出さない、利益の一部は環境保護に寄付など、条件をいう社長。

まずは標本調査をする。契約はまだ。歓喜の特別企画室のメンバー。

会長は、「ヨンチョルが会わせたのは偽の母親だと、知ってただろう?」と、ヨンシクに聞く。
「知ってた・・だけど、会えなかった。」と、ヨンシクに会うかと、聞く会長。手術のことを話す。
後遺症で、記憶に障害が残るかもしれないと。

母に会いに行くヨンシクは、その前に
「俺と一緒にいってくれないか?・・ちょっと、怖くて・・」と、テヒにいう。
「行く理由が・・ありません。」と、冷たく拒否するテヒ。

「あなたを守りたい・・」と、ヨンシクの言葉を思い出し、泣き出すテヒ。
泣いてるテヒを心配するジュンス。

「自信あったのに・・なぜ、こんな気持ちになるの・・切ないの・・」と、涙のテヒ。
「お前は・・他の男のために俺の前で泣くのか・・?」と、ジュンス。

泣いてるテヒを抱きしめるジュンス・・目撃するヨンシク。

続く・・・

あれーー!テヒはやはり、ヨンシクを愛してるんですね。
そんな気持ち、自分でも信じられないのでしょう。その思いが切ないのはジュンスも同じ。
まだ、テヒに未練あるから苦しいジュンスですね。

そして、この2人をエレベーターの中で、見てしまったヨンシクです。誤解してしまうはず。
セカンドキャラと結ばれるヒロイン?というか、セカンドキャラじゃないパク・シフ氏だったのかもですね。

今日は蒸し暑いですね。パソコンの前、暑くてフーフーです^_^;

↓読んだら応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ  
2つもポチッありがとうございます。とても励みになっています。

関連記事
スポンサーサイト
2011年06月28日 | Trackback(0) | 逆転の女王

プロフィール

ブログランキング

カテゴリー

お知らせ

最近のコメント

楽天

楽天

お知らせ

最近の記事

楽天

ブログランキング

お知らせ

リンク

アクセスカウンター

オンラインカウンター

ブログ内検索

最新トラックバック

お知らせ

月別アーカイブ

RSSフィード

雑誌