逆転の女王 最終回(31話)あらすじ

最後まで読めない展開と、ヨンシクにハマったドラマでありました。好きな女優も1人増えました。「僕の妻はスーパーウーマン」より、強くオススメします。
評価は★5個満点中、4.5です。

全31話
キム・ナムジュ  (ファン・テヒ)
チョン・ジュノ  (ポン・ジュンス)
チェ・ジョンアン (ペク・ヨジン)
パク・シフ    (ク・ヨンシク)

女王


最終話(31話)

1年後
空港にソラと、ジュンスを迎えに行くテヒ。
テヒは2か月前、韓国に戻り、仕事を探している。チーム長に戻るジュンス。

-------回想-------
空港で話すテヒとジュンス。
「どこへ行く?一緒に行かないなら、別の場所へいけばいい。勉強をしろよ。」と、ジュンス。
一緒に行くと言ったテヒが辛そうだったと、気が重かったジュンス。
「もう、認めるよ。でも、努力したから後悔はない。」と、テヒにいうジュンス。

つまり、この空港で別れた2人なのだわ。
-------回想・終-------

ジュンスの家にはヨジンが待っている。
幸せそうな2人。テヒには帰ってと余裕のヨジン。

母と豪邸で暮らすヨンシクは、10号店の契約をすませる。
ネイチャーズケア、社長のヨンシク。
オ常務、チュ理事、オチーム長と、平社員がいない会社。雑誌で若手経済人と、取り上げられるヨンシク。

「嬉しい?待ってたポン・ジュンスが帰って来て。」と、テヒ。
「ええ、嬉しいわ。でも、なぜあの時、一緒に行かなかったんですか?」と、ヨジン。
「今は、わだかまりも消えて、あの人が良い人とよくとわかっていても、一緒に暮らせない人もいるの。」
「彼は最初から、私を好きだった・・」と、強気のヨジン。

ヨンシクのネイチャーズケア・社長の記事を見る会長は思い出す。
クイーンズの社長にならず、1人の力でゼロから独立して、仕事をすると息子・ヨンシク。
「絶対に助けないでください。あの人と父さんのために、承諾してもらえるよう頑張ります。」と、ヨンシク。

役員の反対意見通りだと、まだ未熟、自分で成功してから、社長になると、独立したみたいね。それが今、成功してるので思い出す父だわ。

モク部長のお墓参りに行くテヒは、ヨンシクとすれ違う。
「すべて順調です。これで・・あの人を忘れられたら・・元ダンナとよりを戻して去った人なのに・・引きずってて・・どうかしてます。」と、語るヨンシク。

仕事はデパートからオファーが来るほど人気。成功してるヨンシクなの。テヒは「あれが人生、最後の恋かも?」と、考えているわ。

ジュンスと食事のヨジンは、プロポーズされる。一目惚れの記念日。感動のヨジン。

「あなたは幸せになる資格はあるわ。」と、ジュンスとヨジンを祝うテヒ。

テヒに良い会社を紹介するというユギョン。
新しい会社というけど、ヨンシクの会社なのだわ。

会社で出会い、驚くヨンシクとテヒは挨拶だけで別れる。
新入社員の面接に行くと、ヨンシクがいるので驚くテヒは帰ってしまう。追いかけるヨンシク。

「俺はNY、あいつはサンフランシスコで勉強をしたんだ。俺はペク・ヨジンと結婚する。あいつは1人だ。」と、ジュンスの言葉で飛び出すヨンシク。

「あんたって人、理解出来ないよ。理解できなかったから、俺は断念した。その反応も理解出来ないから仕方ない。好きな俺が・・・折れるしか・・」と、ヨンシク。
「1年もたてば・・・忘れると思いました。」と、テヒ。
「俺は変わらないって。もう、やめよう。逃げたり、追いかけたり・・うんざりだ。」と、テヒにキスするヨンシク。
やっとだわ(*^^)v

翌朝、会社にテヒを連れて合格というヨンシク。
「まず、席は社長の隣だ。仕事も残業も一緒。帰りも一緒。何より、社長の出張には必ず、同行すること。」と、話す。
これを受け入れないなら、不採用と社長^_^;

ヨンシク母と再会するテヒは、感謝される。
意識のない母にテヒは、「息子さんが会いたがってます」と、いったから。
ここでモク部長の歌が(´;ω;`)ブワッ

「人はなかなか、気づかない。輝かしい瞬間は遠い未来ではないことに・・情熱的に働いて・・身近な人と時間を過ごし、愛してまた、愛する・・今だということ・・今こそが人生で1番、美しい瞬間・・その事に気づいてから私は・・・世の中で1番、幸せな女になった。」(テヒの語り)

--------完--------

終わりました!
皆さん、お疲れ様でした。
この最終話だけでもノーカットで見たい!と、すごくDVDがほしいです。ゆっくり、じっくり、ちゃんと、見たいドラマですね。かなりカットされてると感じます。

モク部長の歌が流れ、テヒの語りで働く姿が映り、テヒとヨンシクとの幸せな姿は少なかった感じです。もうちょっと幸せな2人を見たいですね。
これでパク・シフ氏にハマった人が多いのも、納得の作品です。

評価は★5個満点中、4.5です。
前半、「僕の妻はスーパーウーマン」とダブった印象があり、それが気になってしまいました。(続けて視聴)
いつの間にか、「僕妻」の存在を忘れてしまうほど、楽しかったです。
一気に視聴、これも大きいポイントですね。

キム・ナムジュさんの、「女王シリーズは自分が絶対、やる。」と、記事を読んだ記憶があります。
またいつか、彼女の作品で見たいですね(^^)
最後まで、拙い文を読んでくださりありがとうございました。

拍手にコメントくださった皆さんも、ありがとうございます。


27%OFF DVD



↓読んだら応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ  人気ブログランキングへ
3つもポチッありがとうございます。とても励みになっています。

関連記事
スポンサーサイト



2011年07月05日 | Trackback(0) | 逆転の女王

プロフィール

ブログランキング

カテゴリー

お知らせ

最近のコメント

楽天

楽天

お知らせ

最近の記事

楽天

ブログランキング

お知らせ

リンク

アクセスカウンター

オンラインカウンター

ブログ内検索

最新トラックバック

お知らせ

月別アーカイブ

RSSフィード

雑誌