最高の愛 恋はドゥグンドゥグン 6話あらすじ

誤解されてしまうエジョンです。トッコ・ジンの言い方はきついわーー。

出演
チャ・スンウォン、コン・ヒョジン、ユン・ゲサン、ユ・インナ

ピルジェ


6話

「怖いの・・」と、帰るエジョンを止めるトッコ・ジン。
「捕まえた。俺はプライドあるから、離したら2度と捕まえない。」と、言うジン。

セリはVIP会場に2人分の飲み物を発見。ジンが誰かといることを確信する。

「ついにあの2人も破局か。関わってる仕事が多いから隠すだろうな。相手の女は不倫女?」と、会話を聞いて
「別れていたら、不倫にならない。」と、言うピルジェ。

世間はそんな事は関係なく、新しい女がセリを邪魔。破局になったと思うはず・・と、話す事務所スタッフ。

「私を好きになって苦しんだの?」と、聞くエジョン。
「俺は他人を好きになった事がない。」と、言うジン。
恋愛経験がないのね。

自分の告白にエジョンが飛びつき、フルつもりだったジン。予定が狂い、動揺を隠す。
「人を好きになった経験がないから・・私が初恋ね。」と、言うエジョン。
「屈辱的だな。」と、ジン。

「もっと、苦しんで。絶対、トッコ・ジンを好きにならない!」と、宣言するエジョン。

やり直そうと言うジン。
「トッコ・ジン。終わらせてあげるわ。私と寝る?・・目が覚めたわね。」と、帰るエジョン。

何も言い返せないジンだったのよ。口は悪いけど、純粋なんだわ。

カップルメーキング収録の日、ヘリウムガスで遊ぶピルジェとエジョン。
真面目な話でも笑えるシーン♪

ジンの付き人は社長に、「もし、トッコ・ジンの相手がレベルの低い芸能人だったら?」と、聞く。事務所の仕事として、ジンを海外へ行かせ、女は潰すと笑う社長。
せっかくスターにしたので、恋愛ごときでイメージを壊されたくないと。

番組中、セリとヒザ相撲。勝利のエジョンに喜ぶジン。
エジョンは番組中、ピルジェに安っぽく迫るキャラなので、それを教えるエジョン。
ピルジェと親しく話し、笑うエジョン。

後ろで見ているジンが来て、「鶏ぶりが似合ってた。思い切り、笑いを取れ。」と、大笑いのジン。
「つまり、軽いイメージだとからかってるの?」と、言うエジョン。
「励ましにきたんだ。お前に好かれようと思って。」
「じゃあ、優しいことをいってよ。」と、言うエジョン。

これじゃ、本当にエジョンをからかってるように見えるの。エジョンを褒め、気に入ってもらおうと、面白い話をしてるつもり。
笑えないジョークのトッコ・ジン。

番組はカップルメーキングなので、うまく行きそうと言うエジョン。ピルジェとカップル?と、考えるジン。

「お前は俺を好きになるべきだ。番組をおりろ。」と、エジョンに指図するトッコ・ジン。ピルジェの万年筆をプールの中に落とす。

子供みたいなのよーー。やることが。

落ち込んでるセリを励まして欲しいといわれ、断れないジンはイベントを準備すると言う。

万年筆を隠され、キレるエジョンはセリのためのイベントを邪魔する。
「絶対、あなたを好きにならない」と、いってしまう。

セリのサプライズなので、隠れていたスタッフに聞かれ、恥ずかしい想いのジンと、エジョン。

ネットにこの様子が匿名で話題になり、落ち込むエジョン。

名前は伏せるも、トッコ・ジンとセリのイベント中、エジョンが邪魔をした・・と、内容。

万年筆を探すエジョンを見て、「自分を責めそうだ。」と、思うピルジェは同じ物を購入する。

万年筆を探すトッコ・ジンは、エジョンに返せば機嫌が直ると思ってる。だが、ピルジェと親しくなるのはいや。

エジョン甥っ子を利用、エジョンを呼び出し、「俺はもう、お前を追わない。がっかりだろ?」と、言うジン。
「とんでもない。」と、言うエジョン。
ウソ発見器でエジョンを試す。
子供のオモチャだから、そもそも^^;

国宝少女の元マネージャーは、エジョンがCDを出すと聞いてトッコ・ジンの事務所・社長に、「彼女に投資しないで。」と、言う。
セリとのトラブル問題、他に何かあったと考える社長。

トッコ・ジンが日本に出張中、魚に餌を与えに来るエジョン。魚の餌入れに、万年筆を隠してるトッコ・ジン。

いつか、エジョンが気がつくと思ってる。
ピルジェは細工、小道具室からエジョンへ、万年筆が届くようにする。

「戻すべきか?」と、万年筆に悩むトッコ・ジン。

エジョンが万年筆を見つけたと、ピルジェと食事することを知るジン。
「あいつに好かれたくて・・ウソまでつくのか・・」と、誤解するジン。

エジョンがウソをつき、万年筆を返したと思ってるジンでしょうね。ピルジェのは自分が持ってるから。

「ペンが見つかったら、許す約束ね。」と、ジンの家に向かうエジョン。
エジョン兄は、ジンにエジョンはCDを出すので、PVに協力して欲しいと電話をする。

家に来たエジョンに、
「何の用だ?PVに協力して欲しいのか?出るから、俺の家に泊まれ。早く終わらせよう。」と、言ってエジョンを泣かせてしまう。

泣いたエジョンはお店へ・・ピルジェに
「涙をとめたい時はどうすればいいの?」と、言うエジョン。
「この方法がいい。」と、エジョンを抱きしめるピルジェ。

2人を見てしまいショックのトッコ・ジン。

続く・・

素直じゃないですねー。
初恋なら、もう少し真面目に考えても良さそうだけど、恋愛を知らないトッコ・ジンだから、エジョンを怒らせてしまってると思います。

言い方も皮肉っぽいので、相手を不愉快にさせてしまうかも。好きだからこそ、アレコレと意地悪な事を言うのだと思います。

社長がトッコ・ジンの相手は、エジョンだと感じています。邪魔をするでしょうね。


↓読んだら応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ  人気ブログランキングへ
3つもポチッありがとうございます。とても励みになっています。

関連記事
スポンサーサイト



2011年10月12日 | Trackback(0) | 最高の愛

プロフィール

ブログランキング

カテゴリー

お知らせ

最近のコメント

楽天

楽天

お知らせ

最近の記事

楽天

ブログランキング

お知らせ

リンク

アクセスカウンター

オンラインカウンター

ブログ内検索

最新トラックバック

お知らせ

月別アーカイブ

RSSフィード

雑誌