欲望の炎 31話あらすじ

秘密を知り驚くインギです。事実を知って・・

出演
シン・ウンギョン、ユ・スンホ、ソウ、キム・ヒジョン、イ・スンジェ、ソン・ヒョナ


31話

ヨンシクは大学の時、父親がテジンだと知ったと話すミンジェ。

「僕はキム・ミンジェじゃなくて・・ソン・ミンジェだろう。」と、言う。
「あなたはお父さんとインスクの子よ。」と、言うナヨン。
「僕を忘れないで。母さんが忘れたら、僕は怖くて死ぬことも出来ない。」と、言うミンジェは去っていく。

「自殺するかもしれないミンジェ・・」と、言うナヨンに、「自分で乗り越えさせる。過保護にするな。」と、怒鳴るヨンミン。

「自分の命より、息子を愛しているか?」と、聞くヨンミンに、「命よりもミンジェが大事よ。」と、捜しに行くナヨン。

ヨンミンが変わってしまったわ。野心丸出しというか、横暴な夫になってる。今までがおとなしかったけれど。

「怪物は俺だ・・ナヨンじゃなくて俺だ。」と、鏡を見て言うヨンミン。

ミンジェを捜し、インギの所へ行くのを見て、ショックのナヨンはジョンスクの家に行く。
心細くなったナヨンは、家族である姉に会いたくなったのでしょう。

リストラ名簿をテジン会長に見せるヨンミンは、新しい人材が必要と言う。会社は人が大事と、怒るテジンは反対する。
やり方が気に入らなければ、クビにしろと言うヨンミン。

ジョンスクに、「インギにミンジェを奪われそう。」と、弱音を言うナヨン。「インギは・・・」と、言うもやめるジョンスク。
インギこそがナヨンの生んだ子。それをまだ言えない。

「インギとミンジェが付き合ってるの?」と、聞くジョンスク。

「ナヨン・・インギはあなたの娘よ。あなたの息子とは付き合ってはいけないの・・」と、帰るナヨンの車につぶやくジョンスク。

「この世に味方なんていない。1人でやり遂げるのよ。」と、つぶやくナヨン。

「父さんがグループを分けたのは・・僕たちを競争させるためだろう。自分のやり方でやる。嫌なら父さんがクビにするだろう。」と、ヨンジュンに言うヨンミン。

「ジョンスクには会わないでくれ。僕の顔に泥を塗るな。」と、言うヨンミンを怒るヨンジュン。

「弟に何を吹き込んだ。父を潰す気だな。」と、ホン弁護士を怒るヨンジュン。
テジン会長を引きずり下ろすと、電話でいってた。相手は誰だろう。

ナヨンの為に、家に戻れとミンジェに言うヨンミン。自力で生きると、父に言うミンジェ。

ナヨンは男から、インギの秘密映像を入手する。公になれば、芸能界で活動は不可能なほどの内容。
薬をやってる?と、思うような狂気のインギだわ。

「ミンジェは他人の子。なぜ、黙ってた?」と、ナヨンを怒る義母。テジンは育ててくれたから、感謝すると言う。

ミンジェが家に戻り、安堵のナヨン。

インギの家に行くジョンスク。
「ミンジェとどういう関係なの?実母が誰か、知りたがってたでしょ?」と、言うジョンスク。
「おばさんは・・ユン・ナヨンと姉妹でしょ。説得しにきたんでしょ?」と、言うインギ。

「最初はネタ作りだったけど、今は本気です。恋人です。」と、答えるインギ。
「だめよ。」と、言うジョンスク。
「ナヨンは・・あなたの実の母親なの。本当の母親はナヨンよ。」と、事実を告げるジョンスク。
驚愕のインギ。

続く・・

実母を知るインギでした。これは驚くでしょうね。
ナヨンと姉妹のジョンスクだから、子供を引き取り育てた事も理解するでしょう。

1番、悪いのはナヨンよりも、ヨンミンのような気がします。自分の本音を言わず、曖昧にしてナヨンに任せ、自分の手をも汚さず生きて来た感じです。
それを敏感に感じ取り、父を避けるミンジェですね。父のヨンミンには嫌われてると、理解しています。


↓読んだら応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ  人気ブログランキングへ
3つもポチッありがとうございます。とても励みになっています。

関連記事
スポンサーサイト



2011年10月22日 | Trackback(0) | 欲望の炎

プロフィール

ブログランキング

カテゴリー

お知らせ

最近のコメント

楽天

楽天

お知らせ

最近の記事

楽天

ブログランキング

お知らせ

リンク

アクセスカウンター

オンラインカウンター

ブログ内検索

最新トラックバック

お知らせ

月別アーカイブ

RSSフィード

雑誌