欲望の炎 33話あらすじ

ヨンデの誘いに負けて、ヨンジュンと闘うつもりのヨンミンかもしれません。

出演
シン・ウンギョン、ユ・スンホ、ソウ、キム・ヒジョン、イ・スンジェ、ソン・ヒョナ


33話

貧しい鉄工所の女が財閥の嫁になり、ミンジェは夢だと説明するナヨン。

「私のために人生を無駄にしないで。私もインスクも、あなたのために生きてきた。」と、言うナヨン。
ミンジェには育ての母でも、ナヨンの愛を感じた瞬間でしょう。

「ミンジェと別れるしかないですね・・弟だから・・」と、ジョンスクに言うインギ。

「僕は母さんを怪物だと思ってた。でも、母さんを怪物にしたのは父さんだ。僕はどこにも行かない。母さんを守る。」と、ヨンミンに言うミンジェ。

ヨンデのシーンは音楽からして楽しい。特に必要なシーンでない事も多いから、カットされるかも(^_^;)

ヨンデが住民票をテジン会長の家に移し、住み込むので怒る義母。

ヨンミンが会社のリストラを本気ですると知り、急ぐなと言うテジン。会長が切れない人材は、ヨンミンに任せる事を提案する弁護士。

ヨンシクの事業を引き継ぎたいと言うミンジェは、ヨンミンの顔も見ない。自分に従えと命令するヨンミンは、留学しろと言う。
「僕を憎む理由がある。」と、言うミンジェ。
理解出来ないナヨン。

ナヨンは死産だったと、信じていると言うジョンスク。今のまま、インギとして生きろと。
「なぜ、私を捨てた人のために、恋人と別れなきゃいけないの?」と、悲しむインギ。

相手がミンジェでなければ、言わなかったと言うジョンスク。
「あの女は嫌い。」と、泣くインギ。

ミンジェに今までと何も変わらないと、ナヨンは苦労をしたのだと、言うテジン会長。祖父と孫の関係も変わらない。

ジョンスクに会い、「生きていても、その子に今さら会って何をするの?縁がないのよ。私の事は言わないで。」と、言うナヨン。
へジンが生きてると、ジョンスクから聞いて知っている。

「インギは悪い女よ。潰すわ。」と、言うナヨンに、何も言えないジョンスク。

「なぜ、言えないの?ナヨンだって、母親だと知るべきよ。」と、思うが言えないジョンスク。
ミンジェがインギと会ってるので、心配になるナヨン。

「父の会社は辞めた。叔父の事業をやることになった。それと・・何があっても君と別れない。」と、インギに言うミンジェ。
父の力は借りず、自分で成功してインギを養うと。

「私には財閥の嫁になる資格はない。あなたと結婚する気はないの。」と、ミンジェに言うインギ。

「あなたを利用しただけ。財閥とのスキャンダル。それだけ。結婚なんて考えていない。」と、言うインギ。

叔父の事業などやめ、家に戻りいつか、会長になって再会しようと去っていくインギ。

インギの秘密映像をネットに流せと、指示を出すナヨン。

インスクの兄と、名乗った男を捜させるヨンミン。
自分でアメリカに送り、今度はミンジェの父親と確認するのかしら。

「俺は敗北者だ。お前の相手ではない。遺言状にはお前の名前が書いてある。ホン弁護士の策にはまるな。」と、言うヨンジュン。
「遺言状には、兄さんの名前が書いてあるといわれた。悪魔のように囁く弁護士だ。兄さんは敗北者でも、父さんがいる。乗り越えられない山のようだ。」と、言うヨンミン。

ホン弁護士は、ヨンミンとヨンジュンを争わせるため、お互いをけしかけてると感じてる2人。でも、父を超えると強気のヨンミン。
ヨンジュンは、ジョンスクに会って、人生が変わったと言う。

「遺言状にはヨンジュンの名前があるだろう。お前が勝て。ヨンジュンに会社を任せたら、ナム家のものになる。負けるな。」と、ヨンデに言われるヨンミン。

インギの秘密映像がネットに流失。
マスコミが来るも逃げないと強気のインギ。流した犯人はナヨンだとわかっている。

マネージャーにジョンスクは、ナヨンと姉妹だと話すインギ。

「信じられない。あの女が母親なんて・・」と、号泣のインギ。

続く・・

手加減はしないと、言ったナヨンを想い出していました。本当にインギを潰すつもり、映像を流したナヨンでしょうね。

ジョンスクはまだ、インギの事を言っていないので、何も知らないナヨンです。
ヨンミンも、野心溢れていく様子が怖いです。


↓読んだら応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ  人気ブログランキングへ
3つもポチッありがとうございます。とても励みになっています。

関連記事
スポンサーサイト
2011年10月25日 | Trackback(0) | 欲望の炎

プロフィール

ブログランキング

カテゴリー

お知らせ

最近のコメント

楽天

楽天

お知らせ

最近の記事

楽天

ブログランキング

お知らせ

リンク

アクセスカウンター

オンラインカウンター

ブログ内検索

最新トラックバック

お知らせ

月別アーカイブ

RSSフィード

雑誌