レディプレジデント 大物 2話あらすじ

正義感の強いハ・ドヤです。ヘリムは子供と一緒に故郷に戻り、どうやって生きていくのでしょう。

出演 
クォン・サンウ    (ハ・ドヤ)
コ・ヒョンジョン   (ソ・ヘリム)
チャ・インピョ    (カン・テサン)
イ・スギョン     (チャン・セジン)


2話

ヘリムの夫ミングは拉致されてしまう。
「米軍に捕まった指導者を釈放しろ・・」と、アフガニスタン反政府勢力。
「夫は生きています。お願いです。助けてください。」と、ヘリムの放送を見て驚くドヤ。

チャン・セジンは母の遺骨を抱き、帰国する。

アメリカ政府は1週間たっても、「テロリストとは交渉しない。」と返事。
苛立つ大統領は、日本の記者は釈放されたと報告を受ける。
「日本は独自の交渉、自国民を釈放させました。韓国はアメリカ頼りですか!我々が部隊を派遣するべきです。」と、カン・テサン議員。

放送局の記者が賞のために、危険な取材を行ったと報道され、怒り爆発のヘリム。
「責任転換ですか?米軍に捕まった指導者を解放すればすむことなのに・・会社は何もしてくれない。彼が死ぬまで待つと?・・政府も会社も同じね。私をアフガニスタンへ行かせて!」と、叫ぶヘリム。

危険な地域なので取材禁止だったもよう。それを会社が、映像欲しさに記者を行かせたの。しかも、記者が勝手に行ったことになってる。
ヘリムが怒るのも当然のこと。

収録中、記者死亡のニュースが流れる。

夫・ミングの葬儀。
大統領から花が届き秘書が、「大統領も最善を尽くし・・」と、言葉に「何が最善よ!」と泣き叫び、花を投げつけるヘリム。
マスコミはこれを撮影する。

チャン・セジンは亡き母に、「私たちを捨てた男を捜すわ!」と、決意。

子供番組を降板させられ、泣き続けるヘリム。

雨の夜、チャン・セジンの車と事故を起こすドヤ。保険に任せると、謝罪の気持ちも出さないセジンにケンカになる2人。

ヘリムが葬儀で花を投げつけたことを、「大統領のレイムダックの兆しだと思う。」と、民友党。

国会議員オ・ジェボン妻の件(ホストクラブ)を静かに納めろと命令されるカン・テサン。担当検事のハ・ドヤを左遷。戻れないよう指示する。

ドヤの上司もこんな役職の人に命令されたら、庇うことも出来ないわ。逆らえば、自分も危なくなるから。
議員の妻だからって許さないドヤなの。


会員制のクラブでキュレーターをするチャン・セジンは、カン・テサンを紹介される。

国会前のデモを目撃するヘリムは、「犬が消えても探すのに・・この国は国民を見捨てるのか!なぜ、救えなかったのですか?」と、叫ぶ。

「私たちは誰を信じて生きていけばいいのですか。子供に父の死と、この国をどのように説明すればいいですか?」と、ヘリムに声をかけるドヤ。

ホストクラブの件は検事が変更され、故郷へ左遷されるドヤ。

仕事に復帰するヘリムはラジオの収録中、拉致され亡くなった夫の事を語り始める。
「皆さん。政府が無能だからでしょうか。国家とはなんでしょう。遺体を回収するだけの政府に何の意味があるのですか・・生まれた国を間違えた?」と、スタッフがとめるも話し続けるヘリム。
大統領も聞いている。

「国民の命を守れないなんて・・この韓国は誰のための国ですか?」と、ヘリム。
局長に叩かれ、
「部下を死地に送ったくせに・・・あの時、あなたは ”待とう” って。死ぬのを待つのですか?地位が大事だから?政治家が怖いから?」と、ヘリム。
ラジオで話したので委員会で問題にされることに。
「個人の不満をいうな!クビだ。」と、局長。

故郷に帰ると、橋の上でケンカしたキム・チョルギュと再会するドヤ。この父親議員が賄賂を受け取り、大統領にバレてしまい、慌てて謝罪を持ってくる。
テサンは、腐った議員は切るべきというも大統領は許してしまう。
悔しいテサンはまともみたいね。

故郷の支庁に左遷されたドヤは初出勤の日、ヘリムと一緒に痴漢を捕まえる。
カン・テサンは、ドヤをしごいてくれとドヤ上司にいう。

検察から出頭命令が来るヘリムは、担当検事がドヤと知り驚く。

続く・・

まだ、登場人物の名前が把握出来ないので難しい感じです。
ドヤは不正を許さない正義感の強い検事です。カン・テサンは議員のようで、彼も不正は嫌な様子。
だから、ドヤ上司にドヤをキッチリ鍛えて欲しいと頼んだのでしょう。検事としての経験、実力もないだろうから。
ドヤを優秀な検事にして、自分の野望に利用するのかもしれません。

ヘリムは本当に辛いです。
夫が海外出張、拉致されて殺害なんて。ラジオと国会で国の事を意見したので、誰かに狙われるのかも。
ヘリムのキャラは割とノンビリとした印象です。これが大統領になるとは思えない感じ。「善徳女王」のミシルは早くも消えてます。
これから、苦労してテサンとドヤの協力で成長するのでしょうね。
続きはフジ韓流αで視聴します。


↓読んだら応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ  
2つもポチッありがとうございます。とても励みになっています。

関連記事
スポンサーサイト



プロフィール

ブログランキング

カテゴリー

お知らせ

最近のコメント

楽天

楽天

お知らせ

最近の記事

楽天

ブログランキング

お知らせ

リンク

アクセスカウンター

オンラインカウンター

ブログ内検索

最新トラックバック

お知らせ

月別アーカイブ

RSSフィード

雑誌