レディプレジデント 大物 5話あらすじ

韓流αはCMが多いわ。ついに出馬を決意するヘリムです。怪しい男も登場。先の展開が読めませんね。

出演 
クォン・サンウ、コ・ヒョンジョン、チャ・インピョ、イ・スギョン


5話

「パパがバトミントンのラケットを持ってくる」と、ドンハにプレゼントするドヤを見て・・夫を思い出すヘリム。

干拓地の蚊の異常発生特集をTV放送すると、連絡が来る。

キム・テボンが、チョ・ベホに渡したお金の領収書を持ってくる代理。
代表の代理が持ってくるので、本人を連れて来いというドヤ。支庁長の指示も無視する。

チョ・ベホに無理矢理、会いに来るドヤ。
「キム・テボンの賄賂の金を代表は特別党首費、党の発展資金と主張。」と指摘、翌日に会う約束を取る。
名前を聞き出すだけで、時間がかかるのだわ。6時間も座らせた様子。相手が検事だから、文句も言えないのよね。

TV局長はヘリムを呼び、カン・テサンと親しいのかと聞くも、関係ないと答えるヘリム。
撮影をするヘリムは編集を見て、「自分がメインのような気がします。恥ずかしい・・」と、いうもプロデューサーは、夫を亡くしたヘリムの方が視聴率を稼げるという。
環境の配慮、サンホグループの無責任を締めのコメントでいうヘリム。

放送のスポンサーはサンホグループであり、ヘリムを出演させる事がテサンの条件と知るヘリム。
「無条件の開発賛成はスポンサーとの約束だ。」と、TV局長。

テサンはヘリムなら、大統領の前でも意見を堂々といえると推薦する。

古い紙幣でお金を準備させ、男に渡す。

キム・テボンに「懲役3年、資格停止5年を求刑します。」とドヤ。反論するキム・テボン。

ヘリムに補欠選挙に出て欲しいというテサン。
「サンホグループのモデルなの?知名度も利益も必要ありません。」と、怒るヘリム。

「番組が放送されれば、自治体、中央政府も動く。世論が怖くてね。蚊の大群もいなくなり、住民の安全な日常に戻れます。これであなたの目的も達成できる。開発と環境保全は、保守と改革政党のモットーです。保守派は金が惜しくて、改革派は金がなくて出来ない。」と、テサン。
「譲れません。放送禁止の仮処分を申請します。」と、ヘリム。

大統領にコムタンを作ると、青瓦台に行くという父をとめるドヤ。父にお守りと牛の角ネックレスをもらう。

街灯を壊す謎の男。

放送禁止の仮処分を申請するヘリムは、サンホグループの手先にはならないと、言い張る。
テサンはキム議員のため、お金を稼ぐ必要があり、放送のコメントだけで1千億のお金が動くことを知るヘリム。
申請はテサンと話せという。

テサンはヘリムの純粋な怒りと情熱が欲しいと、「2度と、ご主人のような犠牲を出さないためにも。」と、いわれる。申請は取り消す。
「補欠選挙に出馬してください。そうすれば、環境に配慮したあなたのコメントを放送させます。」と、テサン。

1千億が動いても、国の未来を捨てないと。
「あなたの理想を実現してください。」と、頭を下げるテサン。

チョルギュは社会に不満があると、街灯を壊していた。
文句はドヤにあるけど、検事だからこの程度しか出来ない。謎の男がソレを脅す。

ヘリムを拉致、駆けつけるドヤは謎の男に刺されてしまう。呼び出したチョルギュを殴り、ナイフを持たせる男。
警察が来て現行犯で捕まるチョルギュ。

ドヤ父のお守りで命が助かるドヤ。犯人はプロの殺し屋というドヤ。
「あんたがダメなら、私が捕まえる。」と、補欠選挙に出馬すると連絡するヘリム。
ギリギリでヘリムの放送は変更され、サンホグループの無責任をコメントでいう。

ヘリムのコメントに喜ぶ大統領。ヘリムの出馬を心配するドヤ。

続く・・

ジワジワと面白くなってきます。まさか、ドヤが刺されるなんて。犯人はプロのようです。
政治に興味ないというヘリムだから、これから勉強するのかしら。

↓K-POP&韓流完全ガイド



↓読んだら応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ  
2つもポチッありがとうございます。とても励みになっています。

関連記事
スポンサーサイト



プロフィール

ブログランキング

カテゴリー

お知らせ

最近のコメント

楽天

楽天

お知らせ

最近の記事

楽天

ブログランキング

お知らせ

リンク

アクセスカウンター

オンラインカウンター

ブログ内検索

最新トラックバック

お知らせ

月別アーカイブ

RSSフィード

雑誌