レディプレジデント 大物 12話あらすじ

ドヤのピンチです。懲戒免職に?助ける方法はあるのかしら。

出演 
クォン・サンウ、コ・ヒョンジョン、チャ・インピョ、イ・スギョン


12話 「仕掛けられた罠」

「あんたが不倫なんて言うから・・」と、ドヤを叩くヘリム。

「ソ議員が好きなんですね。」と、セジンに言われるドヤ。

「公認権を得るために、元検事が証拠を改ざん?」と、考えるドヤ。

カン・テサンの父親は、チョ・ベホのせいで7回落選してると知る。「じゃ、チョ・ベホとは悪縁だ。」と、考える。
親の敵でも、忠義を尽くすのが政治と言う支庁長。

干拓地の土地開発で一番、利益を得るのは周辺の住民たち。早めに土地を購入。その情報を一番に得られるのは政界と知るドヤ。

周辺の土地は、大物の政治家が他人名義で購入と噂も知る。

テサンから、開発地区の申請を却下された理由、ヒントをもらうヘリム。
「開発地区の土地所有者リストです。ただし、実質所有者は1人。開発により、莫大な利益を得る者。あなたの証人申請や、資料要請を妨害できる人物・・」と、教えるテサン。
開発の前に土地を買ったのは誰?と、調べるヘリム。

ドヤに頬を叩いたことを謝るヘリム。干拓地の住民が、ヘタをすると追い出されると知る。

チョ・ベホに愛人の子がいると、噂を知り否定するチョ・ベホ。

セジンに、ヘリンテージクラブの所有者を聞くドヤ。オーナーなら、取引資料も改ざんできるという考え。

テサンは、セジンがチョ・ベホの娘だと調査の結果わかる。

セジンはチョ・ベホに呼ばれ、「愛していましたか・・?お父さんですか?」と、聞くも娘はいないと言われてしまう。
「名字の違う娘はいない。恨みは川に流せ。」と。

「彼女は娘を生んだそうだ・・自分と同じ日に生まれたから、同じ人生を歩むか心配してた。」と、言うチョ・ベホ。
セジンに宝石と、ニューヨーク行きの航空チケットを渡す。

セジンはチョ・ベホの娘、隠し子だから、自分に近づいた?と、思うテサンは確認する。
「政治のためには娘も認めない男!約束して。あいつを倒して。」と、セジンの気持ちを理解する。

目的は同じ、チョ・ベホを恨み潰すことがセジンの願いだと知るテサンは約束する。
セジンを娘とも認めず、海外に追い出すチョ・ベホだわ。

雑誌に写るチョ・ベホを見て後ろに、ヘリンテージクラブから送られた絵画を見つけ、証拠だと言うドヤ。
向こうは否定した作品なので、物証と言う。

ドヤの動きに気がつき、ドヤを失職させろと、オ議員に命じるチョ・ベホ。

オ議員は、チョルギュ?(チョルジュ?、どちらか曖昧です。1話でドヤと橋の上でケンカした男)に取引をもちかける。
父親の減刑を望むなら、指示通りにしろと。

ドヤを呼び出し、薬入りのお酒を飲ませる。薬入りのお酒で倒れるドヤ。その後、ホテルで女といるドヤを最高検の監察部が見つける。
ベッドの下には大金が・・受け取ったドヤと言われてしまう。

ホテルに捜査が入り、収賄容疑で緊急逮捕されるドヤ。
ベッドの下に大金入りの鞄があり、それが証拠といわれる。情報提供をしたのはチョルジュ。
ドヤに渡したお金だと、証言をする。反抗するドヤは採血を希望するもしてくれない。

父の控訴審で減刑するから、金が必要とドヤに脅され、お金を渡したと泣く演技のチョルジュは、ドヤの目をまともに見られない。
指図した者がいると感じるドヤ。

住民を思ったのに結局、利益を得た人は住民でないと、悲しむヘリム。
「私はまるで操り人形のようです。」

チョ・ベホに、ドヤが逮捕された事を聞くテサンは何かあると感じる。

次長にドヤを助けて欲しいと、頭を下げる支庁長。

開発延期を頼みに来るヘリム。開発には納得いかない事が多いので、検察に調査を要請しては?と、提案する。

「検事は国民から真の信頼を得て・・検事は国民の保護者として・・」と、叫ぶドヤはハメられ悔しい思い。

「俺は検事として最善を尽くしました。何をしたって言うのでしょうか・・」と、悔しい思いをはき出すドヤ。
じっと、ドヤを見つめるテサン。

ドヤは潔白だと感じてるテサンでしょうね。

検察の内部では、ドヤは懲戒免職と聞いて驚くヘリム。
証拠も証人もいるというテサン。

ドヤはそんな人ではないと、電話をかけるも繋がらないヘリム。

続く・・

証拠と証人がいたら、どうしようもないのかしら。このままだと、ドヤは本当に懲戒免職に?
ヘリムが助ける方法はないのかなあ。採血すれば、薬の反応が出たはず。

すみません。ドヤをハメた相手、チョルギュかな?チョルジュの名前が曖昧です。
1話で登場した昔からの知り合いの事です。


↓読んだら応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ  
2つもポチッありがとうございます。とても励みになっています。

関連記事
スポンサーサイト



プロフィール

ブログランキング

カテゴリー

お知らせ

最近のコメント

楽天

楽天

お知らせ

最近の記事

楽天

ブログランキング

お知らせ

リンク

アクセスカウンター

オンラインカウンター

ブログ内検索

最新トラックバック

お知らせ

月別アーカイブ

RSSフィード

雑誌