レディプレジデント 大物 13話あらすじ

フジ韓流αで視聴してます。ヘリンテージクラブの筆頭株主はなんと・・これでドヤの目標も決まりそうです。

出演 
クォン・サンウ、コ・ヒョンジョン、チャ・インピョ、イ・スギョン


13話 「無念の涙」

国会議員の嘆願書を出し、父の減刑を求めるチョルギュを追うドヤ。脅してハメた相手を聞き出す。

調印式に出席するヘリムは、「ナムソン地区の住民を助けたくて・・でも、開発が決まり、住民は追い出されました。開発の噂で周辺の地価は急上昇しました。・・これは特定の政界人の利益と密接な関わりがあるのです・・誰のための、何のための開発でしょうか・・私は干拓地の住民に、より良い環境を与えたくて出馬しました。なのに・・住民を追い出すことに・・責任を取り辞職します。」と、マスコミの前で発表する。

「志を捨てたのか、共に闘う約束を忘れたのか?逃げるのか?」と、ヘリムの辞職を止めるテサン。
国民のために闘うべきという。「人の良心も守るのが政治です。」と言うテサン。
辞めるのは許さないと、残された住民の苦しみを指摘、
「自分に責任はないと、言い切れますか?」と、いう。

テサンも国民代表というのは怖いと。だからこそ、自分と同僚を信じるという。

濡れ衣を晴らすというドヤ。

義父にライバルは、チョ・ベホではなくて、ヘリムだろうと言われるテサン。

テサンに、父親としてではなく「政治家、チョ・ベホ」を完璧に潰したいから、協力するというセジン。
自分と母を捨てたから、復讐すると。

「国民を守れない大統領に何の意味があるか・・毎日、自問自答している。もしも、同じ事が起きたら、1人の国民も犠牲にしない大統領になるため・・最善を尽くす。」と、ヘリムに言う大統領。

ヘリムも同じだろうと、国民と約束を守るべきと言われる。

オ議員に、
「キム・テボン議員が嘆願書を提出しました。嘆願書の主導者はオ議員ですね。キム・チョルギュと取引を?
俺を失職させるために・・民間人でも無罪を証明する権利がある。」と、言うドヤ。
怒るオ議員に、妻のホストクラブ通いを指摘してからかう。

ドヤに激怒のオ議員は、男にドヤの始末を命令する。

ドヤは検事総長になるのが夢みたいね。これは父の夢でもある。

ドヤはセジンから、ヘリンテージクラブの筆頭株主は、サンホグループのキム会長の1人娘、カン・テサンの妻だと情報を得る。

テサンは次期総選挙、公認候補リストをチョ・ベホに見せる。
「このリストの全員が当選すれば、君が国会議席の3分の1を掌握するわけだ。この公認を拒否したらどうなる?」と、聞くチョ・ベホ。
「あの誓約書をメディアに公開します。」と、答えるテサン。
公認するから、テサンに事務総長職に就いて欲しいという。本格的に指揮を取れというチョ・ベホ。

知事は出張中、代わりの局長と話をするヘリムは、
「事業者選定ぐらい些細なことだ。」と、女をバカにする発言で怒る。

どうせ、辞めるだろうと言われ、チョ・ベホに電話で、
「ナメ道庁、公務員の不正に関する国政調査を・・住民を故郷から追い出し、苦しめても・・開き直る公務員がいます。」と、局長の事を告げる。
慌てて態度を変える局長。

テサンに会い、「公認権をもらったのは本当ですか?見返りとして・・取引資料を改ざんして疑惑を晴らした・・噂があります。奥様がギャラリーの責任者なら、可能です。」と、ドヤ。
自分で調べろと言うテサン。

チョ・ベホから、公認審査委員会を作れと言われる支庁長。TV局を辞めて、地元で票田を作れと指示される。民友党ではなく外部から。
TVで公認権を放棄、条件をクリアしなければ出馬しないと発言するチョ・ベホ。
民友党は生まれ変わるという。

「私に与えた公認権を無力化させる気です。」と、これを見て怒るテサン。チョ・ベホは裏で委員会を操るという。

これをチョ・ベホに撤回して欲しいというテサン。
「撤回しないなら、代表が署名した誓約書をメディアに公開します。」と、強く出るテサン。
「公開すればいい。私の収賄容疑の証拠を改ざんしたのが誰か・・明らかになるぞ。いいのか?」と、開き直るチョ・ベホ。
大統領になる夢は諦めているので、失うものは何もないと、いうチョ・ベホ。

ドンハの面倒を見るドヤ。感謝するヘリム。

チョ・ベホに呼ばれ、「次の選挙でナムソン・ヘソンの公認候補にするよ。」と、言われるヘリム。

続く・・

ヘリムはまた、チョ・ベホに利用されそうです。
テサンももっと、力が必要ですね。今後、どう行動するのか気になります。

テサンにしたら、妻?がしたことを公開されたらまずいですよね。


↓読んだら応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ  
2つもポチッありがとうございます。とても励みになっています。

関連記事
スポンサーサイト



プロフィール

ブログランキング

カテゴリー

お知らせ

最近のコメント

楽天

楽天

お知らせ

最近の記事

楽天

ブログランキング

お知らせ

リンク

アクセスカウンター

オンラインカウンター

ブログ内検索

最新トラックバック

お知らせ

月別アーカイブ

RSSフィード

雑誌