アニメ冬のソナタ「影の国」2話あらすじレビュー

懐かしいドラマ「冬ソナ」のアニメです。今日は2話の放送?放送室で音楽を聴きながら踊るユジン、懐かしい♪ ピアノを2人で弾く印象的なシーンでした。この曲が2人にとって大切な曲になるんですよね。サンヒョクを意識してるチュンサンの葛藤を描いてる内容でした。思い出しますね^^♪


結婚式




第2話「影の国」

走ってバスをとめるユジン・・バスの前に飛び出し、バスを止めて乗る。
中にはいると・・後ろの席にチュンサンがいる。
チュンサンをみて「フン」と、無視するユジンのクビを見るチュンサン。

トンネル
車の中にいるチュンサン母。
ぼんやりと思い出す・・海の前に靴を脱いで・・服のまま海に入る・・・
涙を流し、海に入っていったことを思い出す。

バスを降りようとするチュンサン、寝ているユジンをみて笑う。
バスの外から、窓を叩きユジンを起こすチュンサン・・飛び起きるユジンは慌ててバスから降りる。遅刻しそうになり、慌てるユジン・・校則違反で怒られる生徒をみてる・・・

歩いてるチュンサンをつかまえるユジン・・
「ゴリラがいる」と、チュンサンにいうユジン。驚くチュンサン。

高校の塀
ユジンは、学校の塀を越えるのをチュンサンに手伝ってもらう。
手を出すユジン、チュンサンは自分で塀を飛び越える。驚くユジン。
両手をさしだすチュンサン

「助け合いだろう?」
「大丈夫!」と、そっぽを向くユジンに「そうか・・」と、チュンサンは「お先に」と、いってしまう。
慌てるユジン、塀から1人でおりられない・・

「ねえ、チュンサン」と、呼ぶユジン。戻って来たチュンサンは、ユジンの足にくつをはかせてあげる。
「はい・・」と、両手をさしだすチュンサン。落ちるようにチュンサンに抱きつくユジン。
「昼休みの放送、当番よ。遅れないでね。」と、恥ずかしいユジンはいう。笑顔でユジンをみるチュンサン・・・・
二人で、学校の塀を越える。

教室
ハアハア言いながら教室に入るユジン、サンヒョクが声をかける。ユジン首に気がつくサンヒョク。
チェリンが、チュンサンの顔のケガを心配で聞いている。ユジンのケガをも聞いてくるチェリン。誤魔化すユジン。サンヒョクも気になる。
後ろをみるユジン、笑顔で応えるチュンサン・・・

放送室
ユジンは時間になっても来ないチュンサンにイライラ。
「実は一緒に放送するはずの人がここに来ていません・・・」と、放送するユジンは曲をながす。
それを屋上、寝ながら聴いているチュンサン。放送室にむかう。

放送室
ドアをそっと開けるチュンサンはユジンが1人、音楽を聴きながら、踊っているのを目撃するチュンサンは笑ってしまう。
マイクを持って歌うマネ、見られて恥ずかしいユジン・・

アルバムをみるユジン、チュンサンを怒鳴ると・・チュンサンは、放送の機械をオン!ユジンの怒鳴り声が校内に響いてしまう。驚く生徒たち。ユジンを心配するサンヒョクは放送室に駆けつける。怒って出てくるユジン。
サンヒョクは、チュンサンに理由を聞く
「ユジンと何があった?」
「俺を責める気か?」と、チュンサン。「知るかよ」と、チュンサン。
チュンサンの態度に唖然と!とするサンヒョク・・

体育の時間
バレーをしているサンヒョクたち。ユジンが見てる中、チュンサンとサンヒョクはぶつかり合いながら、試合をする。
ヨングクのボールを取るチュンサン、これで倒れるヨングク。
チュンサンの態度に怒るサンヒョク。

「さすが優等生だな。」と、サンヒョクに反抗的なチュンサン。
チュンサンの挑発的な態度におこりだすサンヒョク・・・・
2人、襟を掴み殴り合いになりそうになる・・それを見ているユジン。

水道で顔を洗うチュンサン。
ユジンは隣で「サンヒョクが嫌いなの?私にはそう見えたけど・・・サンヒョクは本当にイイヤツよ。」と、いうユジン。
「付き合ってるのか」と、聞くチュンサンに
「誤解しないで。ただの幼なじみよ。」と、ムキになるユジン。

教室
ピアノの練習をする生徒。ユジンもみている。
手相をみるヨングク、友人を励ますユジン。

チュンサンを呼び出すユジン。
2人、ピアノの前。チュンサンにピアノを教えようとするユジン。
「手本をみせる・・テストのこと、知らなかったでしょう。わたし、借りを作るのは嫌いなタチなの。」と、ユジンはピアノを弾く。

2人、並んでピアノの前にすわる。チュンサンにピアノの基本から教える。
うまく弾けないユジン・・チュンサンはそっと、ピアノを弾き始める。
驚くユジン・・チュンサンのピアノに
「なんていう曲?」
「今、一緒に歌ってたじゃないか。」
「聞いたことあるメロディだけど、なんて曲かはわからない。」
「初めて」と、立ち上がるチュンサン。驚くユジン・・・
「それが曲名だ。」と、チュンサン。
「初めて?」と、ユジン・・ピアノをひいてみる。それを見るチュンサン・・

「問題をおこして転校したの?」と、聞かれるチュンサン。ユジンは転校した理由を聞いてくる。
「ユジン、借りを返せよ。」と、チュンサンは質問には答えない。

チュンサンとユジン、歩いているのをサンヒョクがみる。

バスに乗る2人・・ユジンの髪の毛を感じるチュンサン・・
自分の湿布薬をはがし、バスの剥がれた座席シート裏をはりなおすユジンに笑うチュンサンも、自分のバンドエイドをはがし、シート裏にはる。
2人、目をあわせて笑う・・・

2人・・並木道を歩く・・・
「知ってるか?影の国にいった男の話を?」と、チュンサン。
「影の国に行ったが皆、影だから誰も話しかけなかった。」
「それで?」
「それで男は寂しかった・・おしまいだ。」と、チュンサン。
笑い出すユジン、「あなた、面白いね」と、ユジン。
「あなた変よ。いつも無表情で・・いつも1人で。」と、ユジン。

「あなたには友人が必要なの。友達を作って損はないわよ。」
「必要ない。」と、チュンサン。
「作り方がわからないんじゃなくて?すごく簡単よ。互いに1歩ずつ、歩み寄る・・片足だけじゃダメなのよ。みてて・・・左足・・右足・・・・こうやって一歩ずつ近づくのよ。」と、ユジンは木の上をあるく。手を取るチュンサン・・
「練習してみるよ・・歩み寄るんだろ?」と、チュンサン・・・
2人、手を握る・・自転車に乗り?風を感じるユジン・・

夕暮れ
フェリーの中
探してた人には会えたのかを聞くユジンは、父親を捜しているとチュンサンに驚く。
生きていた父の話をするチュンサン。
「最初はなにも期待してなかった・・ただ、どんな人か・・ボクと似てるのか気になっていた。」と、話し出すチュンサン。

「ボクをみても無反応だった・・気づきもしない・・あの人が憎いのかな・・」と、チュンサン。
「あの人じゃなくて、お父さんよ。」と、ユジン。
「たとえ、憎くてもお父さんよ。そういうふうに憎んだらだめ。あなたがうらやましい。憎いお父さんだとしても・・生きてるから。」と、笑顔のユジン。自分にウソをつくのはダメとユジン。
「寒いね・・帰ろう。」と、チュンサン。

カメラがないので・・ユジンが手でカメラのようのチュンサンを撮る。


歩いて戻って来る2人・・サンヒョクが待っていた。驚くユジン・・

続く・・・

ええーー?もう、終わり(゜◇゜)
早いわあーーー30分ってアッというまに終わってしまう。
この2話は新しい2人の様子が見れなかった?昔のドラマのシーンを再現したアニメ「冬のソナタ」の2話でした。ユジンのメガネをかけた友達の名前、忘れてしまいました^_^;

なんて名前だっけ・・今後もチェリンと登場する子でしたよね。細かい部分まで覚えていなくて・・台詞もそのまま、ドラマと同じなのかしら。今回、2人の過去を描いてるドラマでした。
うーん、次回は新しい2人を魅せてくれるのかな?早くみたいです(*^^*)


アニメ「冬のソナタ」ノーカット完全版 DVD BOX II
アニメ「冬のソナタ」ノーカット完全版 DVD BOX II

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


↓読んだら応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ  
2つもポチッポチッありがとうございます。とても励みになっています。

関連記事
スポンサーサイト
コメント
あの子の名前
ルッカさん、こんばんは(*^_^*)
あの眼鏡の友達の名前はね、チンスクです。今後、大人になってからユジンと一緒に住みますね。
今回は、新しいシーンの展開はなかったですが、一つのシーンが今後に繋がる大切なシーンで、そういうシーンが多く、それが10年後につながりますね。観ていて懐かしくて、ドラマのシーンが浮かびますね。
新しいシーンとしては、先週私が言っていた、ミヒの自殺未遂は、台詞ではのちにあるんですが、ドラマのシーンとしてはなくて、今回はアニメで描かれていました。
チュンサンとユジン、お互いを意識し始めたということ、これが細かく描かれていた印象でもありました。
来週は、あの名シーンの雪だるまのキスは観れるのかな?
その次でしょうか。30分は本当に短く感じますね。
エンディング曲いいですよね~
歌詞の意味がわかるし、今後の展開をドラマで知っているだけに、なおいいんですよ。
マリアン URL 2009年10月24日 22:18:32 編集
脳内アニメ化
ルッカさん、こんばんは~!
この「アニメ版」は一度も見てないのに、レビューを読んでいると、全てのシーンが脳内でアニメに変換されて、自分でも見た感覚になりました(笑)
ドラマ版の再現シーンばかりだったからかな?(^^ゞ
こうなると、10年後となる新ストーリーが余計に気になってきます。
確かに...30分は短く感じるでしょうね。。
makoto URL 2009年10月24日 23:27:20 編集
>マリアンさん
こんばんは。
いつもコメントありがとうございます。返事遅くなりすみません。
あのメガネの女の子、チンスクでしたか!ありがとうございます。
大人になってもずっと、ユジンたちと仲良しなのは覚えてるんですけど^^;
今回、新しい展開はなかったけれど、これからの大切なストーリーのメインを説明してる感じでした。これがないと、初めてみる人には理解しにくいだろうし。
ほんと、懐かしいですね~♪
ミヒの自殺未遂、アニメで描かれてましたね。
チュンサンとユジン、これもお互いを意識し始めてる・・これは重要な部分ですね。
次回、あの名シーンは必ずあるでしょう(^_^)
雪だるまのシーンをカットするとは思えないもの。ほんと、30分は短いです。
エンディグの曲、いいですよね~あれは何度も聴いてます^^♪
きっと、アニメ冬ソナの代表曲として人気になるでしょう。
歌詞を読むとさらに気持ちもはいりますね。
もっと、沢山の人に見てもらいたドラマです^^♪
初めてみる人にはどんなに映るか気になります。
>makotoさん
こんばんは。
返事が遅くなりすみませんでした。
>脳内アニメ化
すごい言葉ですね^_^;
でも、内容はまだ新しい展開ではないので・・昔、ドラマを見た人にはそう、想像も出来るでしょうね(笑)
画質がハイビジョンなのでとてもキレイなアニメです♪
今後の展開、新しい2人のようすがどうなるのか・・それが早く見たいんですけど当分、お預けのような気もします。
30分は短いですね、見てやはりそう感じます。
でも、レビュー書くには楽です(笑)
ルッカ URL 2009年10月25日 23:02:45 編集
ルッカさん、こんにちは~!
アニメ「冬のソナタ」第2話のアップ、ありがとうございました~!
回想の話が中心の第2話、というかんじですねぇ~・・
ドラマの続きとして、新しい話が、どの様に展開していくのか知りたい!・ですが・・・
こうやって、あらためてふり返っていると、どのシーンもすてきに思い出して、
「キラキラした^^このままで(実写版20話のままの!)保存でもいいなぁ」
なぁんて思ったりもしました~!
チュンサンって、実年齢よりも大人っぽい雰囲気の高校生で、
なんだかヨンジュンさんともイメージが重なるかんじで、どきっ!とします。
ユジンは、対照的に明るくかわいいですよねぇ~・・これも、ジウさんのイメージかな^^
やっぱり、絵になるカップルですよねぇ~!
まだまだ先になるんでしょうけど^^;普通に?!見れるテレビ局で放送してくれるのを
楽しみに待ちたいです~。
ルッカさん^^第3話も、楽しみにしていますねぇ~♪
yom☆ URL 2009年10月26日 12:55:03 編集
全26話
>yom☆さん
こんばんは。
いつもコメントありがとうございます^^♪
私こそ、読んでくれて嬉しいです。
そう、回想の2話という感じでした。
同じく早くドラマの続きが見たいんですけど(笑)
どのように展開するのか~後半くらいにならないとないのかなあ。
あ!そうですね。それもアリかも。
本当にキレイな画質のアニメなんです。これはコレで保存版なんです。
そういう意味では、このままでも良いかも~って今、思えます。
そ、チュンサンって大人っぽい感じ、ちょっと影のある高校生ですよね。
それは苦労した過去や、父のことで母への不満みたいなモノを持ってる分、サンヒョクとは違う高校生になってるでしょうか。
逆にユジンはめちゃ、明るいキャラですよね。チュンサンも、そんなユジンに惹かれたのかも知れません。そう、ジウ姫のイメージとぴったりのユジンですね♪
ほんと、絵になる二人です(^_^)
早く地上波放送にもなってほしいですよね。
沢山の人にみてもらいたいドラマです。
ありがとうございます。頑張って全26話までおつきあい、よろしくお願いします。
ルッカ URL 2009年10月26日 16:54:48 編集

管理者だけに表示する

プロフィール

ブログランキング

カテゴリー

お知らせ

最近のコメント

楽天

楽天

お知らせ

最近の記事

楽天

ブログランキング

お知らせ

リンク

アクセスカウンター

オンラインカウンター

ブログ内検索

最新トラックバック

お知らせ

月別アーカイブ

RSSフィード

雑誌