レディプレジデント 大物 24話あらすじ

ヘリムの支持率が伸びているので警戒するテサンです。

出演 
クォン・サンウ、コ・ヒョンジョン、チャ・インピョ、イ・スギョン


24話 

信頼出来る人が他にいないと、セジンに資金管理を頼むヘリム。

サンホグループ、テサンの収賄などの証拠資料を、自分に送ってくれたのはあなただろうと、チョ・ベホに言うドヤ。
「脱税、収賄、違法献金の容疑を認めてください。」と、言うドヤ。
「親父さんがなぜ、死んだか知りたくないか?」と、言うチョ・ベホに、取引はしないと言うドヤ。
自分で捜査するという。

「ヘリンテージクラブが、チョ総裁の裏金作りに関与してた事をご存じですね?」と、テサンに聞くドヤ。
躱すテサン。
「サンホグループが上場するたびに、代表の財産が増えた件は?」と聞くドヤ。
「税金はちゃんと、納めている。」と、答えるテサン。

詰問するドヤに
「検事なら証拠を持ってこい。正義感だけでは捜査はできない。」と、強気のテサン。
私的感情を捨てろという。

サンホグループのキム会長は、「サンホグループの献金は、カン・テサンとは関係ありません。」と、一部の容疑を認め辞職する。

「義父まで捨てた!」と、テサンに驚くチョ・ベホ。今は、テサンの力を借りないと、政界に復帰出来ないと言うオ議員。

体調の悪いヘリムを看病するドヤ。

「革新党の設立と、チョ・ベホの裏金は関係ないな?」と、セジンに聞くドヤ。セジンはテサンの指示なのか?と、聞いてヘリムを支えるように頼むドヤ。

支持率の結果、テサンが38%で1位、ミン・ドンポ候補が22%、革新党のヘリムは9%と出る。
ヘリムの支持率は低いが、伸びているのが心配なテサン。

革新党資金の件、検察の捜査を受けるが、問題ないと言うヘリム。

「これ以上、夫のような無念な死を出したくないんです。当選してください。」と、夫の弔意金を献金してくれる女性。
受け取れないと言うヘリム。法的な問題もあり、気持ちだけ受け取ると言う。

検察は、革新党の資金を調査した結果、チョ・ベホの裏金が流用されていたが、ソ・ヘリムは知らなかったので、嫌疑なし!と、発表する。資金管理も問題なし。

テサンを呼び、「私と手を組もう。大統領にしてやる。」と、言うチョ・ベホを笑い、
「力のないキングメーカーに用はありません。チョ・ベホ総裁、あなたは完全に終わりです。」と、告げるテサン。
激怒のチョ・ベホ。

「やり過ぎよ。やめて。」と、言うセジン。
「君の望みだったはず。チョ・ベホが残した負の遺産をすべて精算する。」と、言うテサン。
「あなたの目的はお父様の復讐でしょ。」と、言うセジン。

政治革命をするというテサンは、「革新党が結成された時の会計帳簿、情報をドヤ検事に渡せ。」と、指示するが拒否するセジン。
ヘリムに勝ちたければ、正々堂々と勝てばいいと言うセジン。

キム会長がミン代表に、寄付したことを指摘するテサン。
「事業家だから君を信じるが・・・保険をかけた。」と、言うキム会長。

ミン代表は、チョ・ベホの娘・セジンと関係あるテサンを暗に脅す。スキャンダルはバラさない代わり、息子の兵役忌避の問題を持ち出すなという。

「国民とともに歩む政治を目指します。」と、革新党で挨拶するヘリム。

続く・・

黒幕政治は終わりと、ベホに言うテサンの目が怖かったです。


↓読んだら応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ  
2つもポチッありがとうございます。とても励みになっています。

関連記事
スポンサーサイト



プロフィール

ブログランキング

カテゴリー

お知らせ

最近のコメント

楽天

楽天

お知らせ

最近の記事

楽天

ブログランキング

お知らせ

リンク

アクセスカウンター

オンラインカウンター

ブログ内検索

最新トラックバック

お知らせ

月別アーカイブ

RSSフィード

雑誌