欲望の炎 37話あらすじ

テジン会長の賢さには驚きです。本音が見えないわ。

出演
シン・ウンギョン、ユ・スンホ、ソウ、キム・ヒジョン、イ・スンジェ、ソン・ヒョナ


37話

ソン・ジノは約束の前日、強盗に殺されてたので、会えなかったと言うヨンミン。
「インスクを殺そうとした君だ。」と、ナヨンを疑う。
自分ではないと、否定するナヨン。

「もし、実子じゃなければ、この家をミンジェと出るわ。あの子が会長になる姿を見たかったの。」と、言うナヨン。
会話を聞いてしまうミンジェ。

ソン・ジノの髪の毛を入手したので、気になるなら自分で鑑定しろと言うヨンミン。
まだ、してなかったのね。自分はミンジェが誰の子か、気にしないと言うの。

いなくなったミンジェを探すナヨン。
ヨンミンは、ソン・ジノは強盗ではなく、恨みがある韓国人に殺されたと知る。

「僕が、父さんの子じゃないことは知ってる。母さんに隠さなくてもいい。・・母さんは僕が誰の子でも愛してくれる。おじいさんが怖いんだろう?おじいさんに知られたら、父さんの夢も消える。会長の座もね。」と、ヨンミンに言うミンジェ。

ヨンミンが秘密を守れば、ナヨンのために黙ってるというミンジェ。
じゃあ、ミンジェはヨンミンの子じゃないのね。

ミンジェを捜し、インギに謝り抱きしめるナヨン。「ミンジェにすべて話して。」と、言うインギ。

「弟と知りながら付き合うの?」と、聞くナヨン。
「血が繋がっていないから、問題ないでしょ。」と、言うインギを叩くナヨン。

「おばさんが得たものは・・我が子を捨てた血の代価よ。だから元に戻す。」と、言うインギ。

ミンジェに言わないと、約束してくれるなら消えるというナヨン。
ドアを開けないインギに、「性悪女!私の娘だわ。」と、捨て台詞を言うナヨン。

事故から、残された人生を人間らしく生きたいと思うヨンジュンは、ジョンスクと共に生きたいと言う。感動するジョンスク。

テジン会長は、「遺言状に、お前の名前を書けば良かった」なんてナヨンに言ってたわ。調子良い会長。

ミンジェはインギに会い、それを知るナヨンは絶望を感じる。
「ミンジェ、インギはダメなのよ。呪われた子なの。」と、嘆くナヨンを笑って見ているヨンシク。

インギと結婚すると言うミンジェ。
「ミンジェとインギはダメ。」と、ヨンミンに言うも、理由を言わない。ミンジェの好きにさせろと、言うヨンミン。

「ミンジェはあなたの子じゃないのね。だから、放っておくんだわ。」と、泣くナヨン。

ミンジェと一夜を過ごしたインギ。
「インギ、結婚してくれ。」と、言うミンジェは指輪をはめる。
「記念としてもらう。永遠に忘れない。ミンジェがインギを愛した記念・・」と、言うインギ。

自分と結婚すれば、ミンジェの将来の妨げになると言うインギ。「僕は変わらない。」と、言うミンジェ。後継者にはならないと。
インギが、ヨンミンに連絡したので迎えに来る。

ナヨンに、昨夜は何もしてないと、言うインギ。
「永遠に指輪を外さないと・・」と、2人の約束を知る。何もしていないけれど、愛を深めた2人にショックのナヨン。

「DNA鑑定をする。結果がどうあれ、お前は私の息子だ。血筋より、お前との縁が大事だと思ってる。」と、ミンジェに言うヨンミン。

「今後、自分の力で生きていく。インギと結婚する。そんな縁は切りたい。」と、言うミンジェ。

続く・・

DNA鑑定はまだ、してないようです。
どうであれ、ヨンミンはミンジェを息子と認めているのね。でも、ミンジェはヨンミンを嫌ってます。

インギと結婚する方向かしら。でも、インギはナヨンを母と知ってるから避けるはず。
1話冒頭を思い出すと、追い詰められ、自殺するインギなのかもしれません。


↓読んだら応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ  
2つもポチッありがとうございます。とても励みになっています。

関連記事
スポンサーサイト



2011年10月30日 | Trackback(0) | 欲望の炎

プロフィール

ブログランキング

カテゴリー

お知らせ

最近のコメント

楽天

楽天

お知らせ

最近の記事

楽天

ブログランキング

お知らせ

リンク

アクセスカウンター

オンラインカウンター

ブログ内検索

最新トラックバック

お知らせ

月別アーカイブ

RSSフィード

雑誌