サイン 4話あらすじ

「最後の言葉を聞いた法医学者として、伝える義務を感じました」と、死者の遺言を伝える。ジフンは口は悪いけれど心のある人です。それを感じるダギョンですね。

出演
パク・シニャン、キム・アジュン、チョン・グァンリョル、チョン・ギョウン、オム・ジウォン


4話

「新任法医官のコ・ダギョンです。まだ、あきらめていないんですね。」と、来るダギョン。自分のやり方でやるから、帰れと言うジフン。

「仕事が多すぎる、ここはゴミ捨て場じゃない!」と、電話で怒るジフン。
ソウルから、キム先生、アン先生も手伝いに来るけど、使えないと言うジフンなの。完璧主義だしね。

自分は試験にパスした法医官だから、無視しないでと言うダギョン。

初めての解剖で儀礼を受けるダギョン。
ジフン苛立ちの理由は、チョン・ビョンド院長を引退に追い込み、自分は左遷されたからと知る。

ダギョンが解剖した死者の死因がわからず、ジフンに聞くと、保険金目当ての自殺とわかる。
「あの人の遺言は、家族に保険金を残すことです。」と、言うダギョンを怒るジフン。

「基本がなっていない。この人の死因は大量出血による失血死。種類は明らかに自殺だ。」と、言うジフン。

ダギョンが家族の自宅に行き、男性は意図的な自殺であり、保険金目当てと説明する。

知ってると言う奥さんは数日前、ジフンが来て説明してくれたと言う。

「最後の言葉を聞いた法医学者として、伝える義務を感じました・・故人が残した本当の遺産は・・・保険金ではなくて、最後まで家族を愛したその気持ちだと言われました。」と、言う奥さん。

苦しんでいた夫を何も知らず、憎んでいたと泣く奥さん。ジフンの思いやりを感じるダギョン。

支援500億が決定、喜ぶミョンハンたち。

カン・ソヨンの友達を口説き、日本に留学したと情報を得るイハン。原爆を落とされた都市と知る。

ダギョンの親睦会は誰も来ない。父には大学病院の施設にいるとウソを言う。
泥酔したダギョンを迎えに来て、送るジフン。
「ガツガツ生きるな。時には空を見ろ。」と、言うダギョン。

ここ、酔ったダギョンがジフンの頬を伸ばすのだけど、すごく伸びるほっぺなの。

泥酔したウジンを送るイハンは、ジフンと一緒の写真を見る。
これで交際してた事を知るのです。

「時には寄りそうことも人生だ。」と、電話でチョン・ビョンドに言われるジフン。

次官を迎え、遺伝子鑑識センターを案内するミョンハン。森から逃走、国道で轢かれた女を解剖する。

ひき逃げ事故死といわれる女を解剖するジフン。
どちらも同じタイミングで、同じような死者を解剖するの。

皮膚の中の証拠を見つけると、UVランプ(紫外線)で遺体を見る。
南部分院にはないので、カラオケの照明を利用するジフン。

「死因は交通事故による多発性外傷、死因の種類は、ひき逃げによる単純な事故死。」と、言うミョンハン。

「死因は交通事故による多発性外傷、死因の種類は・・事故を装った他殺。」と、言うジフン。

続く・・

あららー!同じような状況の被害者と事故です。解剖の結果もほぼ同じ。これはきっと、両方とも他殺だと思うわ。
顔をよく覚えていないけど、1人はカン・ソヨンのような?別人かな。
また、解剖で意見が割れる2人です。


↓読んだら応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ  人気ブログランキングへ
3つもポチッありがとうございます。とても励みになっています。

関連記事
スポンサーサイト



2011年11月15日 | Trackback(0) | サイン

プロフィール

ブログランキング

カテゴリー

お知らせ

最近のコメント

楽天

楽天

お知らせ

最近の記事

楽天

ブログランキング

お知らせ

リンク

アクセスカウンター

オンラインカウンター

ブログ内検索

最新トラックバック

お知らせ

月別アーカイブ

RSSフィード

雑誌