最高の愛 恋はドゥグンドゥグン 12話あらすじ

ハートのペンダントをプレゼントするトッコ・ジンでした。嬉しいエジョン。

出演
チャ・スンウォン、コン・ヒョジン、ユン・ゲサン、ユ・インナ




12話

2人でドライブに行こうと、ガソリンスタンドへ。
バレるとまずいエジョンは毛布を被り、顔を隠す。スタンドの店員は、「トッコ・ジンさん!隣の人は・・カン・セリ?」と、言う。

セリといわれ、不安なエジョンの手を握るジン。
家に行き、育てたジャガイモを見て感動するエジョン。「きっと、花が咲くわね。」と、良い雰囲気の時、ジェソクが酔ってくる。

「ジンさん。この気持ちを・・伝えたい」と、ジンに抱きつくジェソク。
「ジェソクはトッコ・ジンが好き?」と、誤解するエジョン。

泥酔のジェソクは、「死なないで。」と、ジンに告げる。
手術を聞いてジンを心配、お酒を飲んだジェソク。それを勘違いしたエジョンは何も知らないの。

帰るエジョンに「すまない。CMの契約があるから・・」と、世間に公表出来ないことを言うジン。
芸能人のイメージ、CM契約が大事だものね。

社長に手術の事を話すトッコ・ジン。
「手術が成功する可能性は?・・絶対に不安だろうし・・・冷静でステキよ。」と、言う社長。
「低い。聞かない方がいい。そうさ・・俺はトッコ・ジンだ。」と、言うジン。

エジョンとの関係がバレれば、最悪のスキャンダルになる。
ジンが死んだ場合は
「最高のスキャンダルになるかもしれない。死んだ人のことはすべて美化したがるから。・・・生きて好きだといえば落ち目になり、死んで好きだったと言えば・・美化される。」と、言うジン。

「だから俺は・・最高のイメージを貫く。死んだら・・すべて・・ク・エジョンに残して逝く。」と、言うジン。

ジェニにトッコ・ジンと付き合うと、今の状況を説明するエジョン。ピルジェには話すと言う。

ピルジェの家に行き、謝罪するエジョン。
「大丈夫です。怒ってません。番組は・・1つずつ元に戻しましょう。」と、笑顔のピルジェ。

ピルジェが怒ってる?と、果物を持って行ったエジョンが、誤解をするのだけど、パズルのピースを探していたピルジェ。
気持ちの整理を付けていたという。

ここ、面白かったわ。ピルジェのシーンで、流れるOSTもすごく良いの。「僕を忘れないでください・・」と歌詞。

エジョンのイメージもアップもあり、番組リポーターの仕事が入る。

「セクションTVの仕事を?今まで追われてたのに?気まずいだろう?」と、エジョンに言うジン。

芸能リポーターの仕事。
「追われる気持ちもわかるわ。人間味を持って追えるかも。」と、言うエジョン。

カップルメーキングは、ピルジェに悪いので、降りると言うエジョン。
「仕事のために偽の恋をする人と違うのよ。」と、言うエジョン。

「俺はウソつきで、よそ者の漢方医は純粋か。なのに俺になびいたのは・・よほど好きなんだな。」と、言うジン。

「ええ、好きよ。」
「好きになりすぎると困る。」
「心配しないで。延長は頼まないし、本気になってとも言わないわ。」と、言うエジョン。

エジョン甥っ子に、30話の番組を1度に見れば良いと言うジン。「みんなが1日1話を見られるわけじゃない。一気にみろ。」と。
時間がないのを感じているジンなの。

カン・セリとの破局はお互い、イメージが傷つかないよう計画的、双方の事務所で話し合い決める。ジンは海外に撮影旅行に行ってることにする。

すごい計画でびっくり。クールに破局を作り上げるのよ。

家族の反対を理由に、カップルメーキングの番組をおりると言い出すピルジェ。

エジョンの新しい仕事は、スターとデートしながら、インタビュー。これを知りジンは自分が出演すると言う。

初のインタビュー仕事、戸惑うエジョンをフォローしながら、番組内でデートをする2人。
エジョンにハートのペンダントをプレゼントするジン。

番組内でセリとの破局を伝え、セリもタイミングをあわせて、ネットで別れを発表する。フランス製の涙の目薬を使用するセリ。

これって本当に芸能人の別れはこうなのかなと、思えるような内容なの。計算されてて驚き。

「ク・エジョンのそばにいたという・・証拠を残したかった。」と、言うトッコ・ジン。

空港で、国宝少女のハン・ミナと再会するチャン室長。ミナの夫は国際弁護士、アレックスと知る。

セリに「気持ちの整理をつけてください。」と、言うピルジェ。
セリの涙は本物に見えないわ。芸能人ってウソが多い気がしてきたもの。

「ふっきれたと思ったのに・・」と、パズルを見てエジョンを思い出すピルジェ。

担当医師と会い、「治して下さい・・どうしても、生きたいんです・・」と、言うトッコ・ジン。

成功率が2倍になったと言う医師、それでも五分五分の確率。手術まで禁酒して欲しいと頼むジン。

ピルジェはレストランで、叔父と同級生の医師を見る。これがトッコ・ジンの担当医師。
「大きな手術を控えてるから、飲まない」と、言うのを聞く。

叔父が同級生の医師で、トッコ・ジンと一緒だったと聞き、何かを感じるピルジェ。

発表では「手術をしたジン!」と、なってるけれど、医師が手術前と言ったのを気にしてるのだわ。

ジェニは、「トッコさんは、エジョンに本気じゃないの。1ヶ月だけ、付き合うと。自分が故障して勘違いしたから・・治ったら去ると言ってるの。だから、エジョンを捕まえておいて。彼はろくでなしなの。」と、言う。

「おじさんはろくでなしじゃない。アイアンマンだ。人工心臓をつけたスーパーヒーローなの。」と、言うヒョンギュ。

心配になり、担当医師に手術の成功確率を聞くピルジェ。「確率などない。生きるか死ぬかだ。」と、言う医師。

ジンの家に行くピルジェ。
「正直にいってください。あなたの心臓のこと。彼女は知りませんね。死ぬかも・・しれないのですか?」と、聞くピルジェ。

「正直に言おう。生きる可能性もある。もっと、ハッキリ言おう。このことを彼女に話したら・・・お前の命はない。」と、言うジン。

続く・・

ピルジェには心臓手術のことは話すのでしょうね。バレてしまったから。それでも、エジョンだけには知らせたくないジンです。
この時、エジョンはジンの家に向かってるのです。会話を聞いてしまう可能性も。

セリとトッコ・ジンの別れ方。これがあまりに計画的で驚きました。芸能人は大変なんですね。

エジョンとトッコのやり取り、早くてテンポ良い。とても楽しいです。

↓OST


↓読んだら応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ  人気ブログランキングへ
3つもポチッありがとうございます。とても励みになっています。

関連記事
スポンサーサイト



2011年11月23日 | Trackback(0) | 最高の愛

プロフィール

ブログランキング

カテゴリー

お知らせ

最近のコメント

楽天

楽天

お知らせ

最近の記事

楽天

ブログランキング

お知らせ

リンク

アクセスカウンター

オンラインカウンター

ブログ内検索

最新トラックバック

お知らせ

月別アーカイブ

RSSフィード

雑誌