サイン 5話あらすじ

「科捜研の女」のような雰囲気と展開だと思います。ジフンとミョンハンは対立が続きます。

出演
パク・シニャン、キム・アジュン、チョン・グァンリョル、チョン・ギョウン、オム・ジウォン


5話

カラオケ店の照明を利用、遺体にある車両のエンブレム跡を見て、
「同じ車両が、数日のうち同じ人を2度も轢いた。故意にね。」と、言うジフン。

被害者が動けないよう、アルコールを飲ませた可能性があるので、血液検査でわかると言う。

ミョンハンは別の遺体を事故と判断、血液サンプルの結果を確認しない。
この日、遺伝子鑑識センターを見学に来た次官の心を得るため、結論を急ぐミョンハン。

クイルセンター側には、南部分院もある。放火犯を追い、捜査に来るイハン。ひき逃げ事件があり、南部分院では他殺と言ってると知る。

「肉眼で見られない皮膚の中の証拠を、紫外線がみつけます。」と、言葉を思い出すイハン。

泥酔した日、イハンを呼び出したことを覚えていないウジン。
「連続殺人だ。2人は同じエンブレムのトラックにひかれた。1人は事故に見せかけた他殺だ。」と、話を持ちかける。
証拠がないと言うウジン。

新たな遺体が見つかり、ミョンハンに会うウジン。
優秀なミョンハンを信じているが、次官が来てたのが影響、ミスの可能性を示唆する。
「実力を発揮出来ないような状況・・」と。

否定するミョンハン。
同じようなひき逃げ事件があり、軽トラックのフロントに、ワシのエンブレムがあったと話すウジン。

被害者の遺体を解剖した執刀医は違う意見、
「死因は交通事故による多発性外傷・・死因の種類はひき逃げを偽装した他殺・・」と、言うウジン。

被害者は3人、血液で同じ薬物反応があれば、連続引き逃げ事件となる。

血液検査の結果を待つといわれるミョンハンは、解剖医がジフンと知り、驚愕する。血液検査を指示するミョンハン。

最初は血液サンプルの結果を、確認していないミョンハンです。

運ばれた3人目の遺体を見て、エンブレム跡があり、同じ車・・連続殺人と言うダギョン。
担当検事として、ウジンが南部分院に来る。

ソウルでひき逃げがあり、3人の被害者から同じ薬物が出れば、同一犯の犯行、連続殺人だと言うウジン。ミョンハンは事故と判断、血液検査の結果を知りたいと言う。

「連続殺人にして最高検に戻りたいんだろう?」と、言うジフン。
「あなたも、証拠があればイ院長に復讐できるわ。本院に戻れるのよ。」と、言うウジン。

「いつも身勝手な言い分ばかり・・」と、ウジンの言葉を聞いて、「付き合ってた?」と、驚くダギョン。
証拠を手にするまで、帰らないと言う。

3人の血液から、証拠を見つければ研究員を本院に戻すというウジン。

「ひき逃げではなく、連続殺人とわかれば・・科捜研は次官の信頼を失います。」と、ミョンハンに言うチャン弁護士。
結果は出ていないので、五分五分と言うミョンハン。

「低い確率だな。500億ウォンの投資の確率が50%・・ではユンが戻る可能性は?・・たとえ、彼が連続殺人を解決しても、本院には戻してはいけません。ユン・ジフンはソの事件に最も近い人物だ。」と、言うチャン弁護士。
「戻ってくることはありません。」と、言うミョンハン。

現場に行くダギョンは調査中、ジフンに会う。
証拠を捜しに来たジフンは、
「もう、検死官じゃない。被害者の解剖に参加した法医官なら、解剖の結果を頭にいれて証拠を捜すべきだ。」と、言うジフン。

死後、遺体についた傷の証拠を捜すため考える。

放火犯を捜すイハンは、フロントにワシのエンブレムがある軽トラと、ぶつかりそうになる。

山に登り、空き家を捜査するダギョンとジフン。
大量のアセプロマジンがあり、血液検査を指示するジフン。動物用の鎮痛剤で、2人の血液から検出される。大喜びの研究員とウジン。

動物用の鎮痛剤、アセプロマジンが遺体から検出され、驚くミョンハン。

血痕が付いてる軽トラを発見するダギョン。フロントにワシのエンブレムが付いている。

ジフンに報告、人影から逃げるダギョン。ウジンに警察の応援を頼むジフン。人影を犯人と思い込み、殴るジフンは相手が警察、チェ・イハンだとわかる。

フードで顔が隠れてたので、イハンもダギョンを犯人と思い、追ってきたのよ。ウジンも来る。

放火事件の捜査中、クイルインターで人に会ったと。「容疑者のアン・スヒョンだ。」と、ウジンに言うイハン。
検事が、証拠不十分で釈放したアン・スヒョン。

アン・スヒョンの軽トラには、ワシのエンブレムがあったので、問い詰めるイハン。
近所の農場主がつけてたのを、カッコイイとマネしたと言う。

「アンの話だと、トラックの持ち主は農場主のイ・ジョンボム。」と、言うイハン。
連続殺人事件と報告するウジン。

「3人もいるから、特別捜査室が設置されるわ。」と、言うウジン。
「3人じゃない・・」と、言うジフンは白骨死体を発見する。

続く・・

白骨は1人ではなかったように見えました。連続殺人事件ですね。
これでジフンは、本院に戻れると思います。
ダギョンとジフン、ウジンの3人にイハンも加わり、4人で事件を追っていく雰囲気です。

空き屋のシーン、真っ暗なのでドキドキでした。


↓読んだら応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ  人気ブログランキングへ
3つもポチッありがとうございます。とても励みになっています。

関連記事
スポンサーサイト



2011年11月24日 | Trackback(0) | サイン

プロフィール

ブログランキング

カテゴリー

お知らせ

最近のコメント

楽天

楽天

お知らせ

最近の記事

楽天

ブログランキング

お知らせ

リンク

アクセスカウンター

オンラインカウンター

ブログ内検索

最新トラックバック

お知らせ

月別アーカイブ

RSSフィード

雑誌