アニメ「冬のソナタ」8話あらすじレビュー

チェリンの言葉「あなたがチュンサンを殺したのよ。ミニョンさんまで殺す気?」と、いわれて唖然のユジンでした。別にユジンのせいじゃないと思うのだけど?きついチェリンなのです。
サンヒョクもムキになってきた感じです。そしてミニョンの意識は?どこまで思い出せる?


アニメ





第8話「嘘」

外は大雪・・・裸足で外へ走り出すユジン・・ミニョンが追う。
ユジンに向かって木が倒れてくるが、ミニョンがユジンをかばう。

サンヒョク、スタッフたちが吹雪の中、2人を探しにくる。木の下で倒れている2人を発見する。慌てるサンヒョク・・・・

病院
サンヒョクはユジンを心配、2人が倒れた木の下で手を握ってることを思いだす。ミニョンがユジンをかばい、上にいた。
目を覚ますユジンは、無意識にサンヒョクに向かい
「チュンサン・・・チュンサンよね?あなたのことをずっと、待ってたのよ・・」と、サンヒョクに向かって手を伸ばす。
「ユジン・・・」と、チュンサンの声が聞こえる。

ユジンは骨折もなくギプスも数日で取れる。ミニョンは手術中、チェリンが心配をしている。ミニョンは応急処置のおかげで低体温症も免れたが、意識が戻らないと医者。
驚くチェリン、ユジンが来て
「チュンサンは助かりますよね?」と、聞く。脳損傷の恐れがあるので検査すると医者。

「チュンサンを助けて。」と、ユジンにチェリンが
「ミニョンさんよ。チュンサンじゃないわ。あなたのせいでこうなったのよ。あの時だって・・・チュンサンは・・・あなたのせいで死んだのよ。ミニョンさんまで殺す気?」と、言葉にチュンサンの事故を思いだし、意識を失うユジン。

ユジンの病室
サンヒョクとヨングクが心配する。そこへチョンアが来る。ヨングクと顔をあわすチョンアは驚く。(犬の飼い主と獣医)

ミニョンを検査した医師は、過去に脳の手術をしており、金属が入っていることを指摘、病歴を調べたいという。家族は韓国にむかってまだ、到着しない。
意識が戻らないミニョンのそばにチェリンがいる。

ユジンの病室
サンヒョクはユジンに、仕事の担当がミニョンだったことをなぜ、言わなかったのか聞く。ユジンにとってチュンサンの記憶は消せないと、サンヒョク。

「消そうとしても僕には消せない。それが悔しい。」と。
涙をためてサンヒョクの言葉を聞いているユジン。ユジンの母、妹ヒジンが病室に来る。

車の中
サンヒョクはユジンの言葉「チュンサンは助かりますよね?チュンサンを助けて・・・」と、思いだす。

ユジンはチェリンの言葉「チュンサンは・・・あなたのせいで死んだのよ。ミニョンさんまで殺す気?」と、思いだし落ち込む。

帰国したミニョン母(カン・ミヒ)、病院でユジン母とすれ違う。ミヒを見て何かを感じるユジン・・・あとを付ける。ミニョン病室に行くミヒ。ユジンは
「チュンサンは・・事故は私のせいです。その・・理事は私のせいでケガを・・」と、ユジンはあやまる。

「わたしたち、会ったことがあるかしら・・」と、ミヒにユジンは、春川に住んでいたかを聞く。驚くが慌てて「いいえ、住んだことはありません。」と、否定するミヒ。

ミニョン母(カン・ミヒ)は、ミニョンの病歴を用意するようキム室長に指示、春川の家をすぐに売却することもいう。
「こうなったのはあの家のせいよ。」と、ミニョン母の言葉を聞いてしまうユジン。

ユジンの家
チンスクがユジンの着替えを準備、サンヒョクが本を選ぼうと、ユジンのスケッチブックの中に、チュンサンの肖像画があるのを発見する。驚くサンヒョク。
「あなたを見たのは夢だったのかな・・・」と、メモを読む。

ユジンは病院を抜け出し、春川のチュンサン家に向かう。管理のおじさんは、ユジンを不動産関係者と勘違い、中へ入れてくれる。

「チュンサンは死んだんだ。僕が確認してやるよ。イ・ミニョンはカン・チュンサンじゃないということを。」と、サンヒョクは学校へ行き「カン・チュンサン」の名前で調べる。同級生の女性が見に来て住所を調べたばかりと、知るサンヒョクは驚く。

名簿をみてチュンサンは、91年に移民しており、母の名前「カン・ミヒ」と、知るサンヒョクは、チュンサンの家に向かう。

春川・チュンサンの家
ユジンは埃だらけの布にふれ、懐かしそうに部屋をみる・・・そこへミヒが入ってくる。驚くふたり・・・ミヒはユジンに「どうぞ、座って・・」と、いう。

病院
意識が戻るミニョン・・

春川・チュンサンの家
「なぜ、チュンサンが?いえ、ミニョンさんに嘘を?」と、ユジン。
「私に構わず、呼びたい名前で呼んで。」と、ミヒ(ミニョン母)

「チュンサンは過去のことを何も覚えてません。」
「ユジンさん・・あなたは過去を覚えていて幸せですか?」
「何も覚えていない理由を知りたいです。」と、ユジン。
「新しい記憶と入れ替わっただけなの。”韓国に住んだことはない” ”名前はイ・ミニョン” そんな記憶に。」と、ミヒ。

「なぜ、そうなったんですか?そんなの間違ってます。」
「彼のためよ。新しい記憶にあの子は救われたの。ユジンさんが大事にしてる記憶は・・あの過去はあの子にとってただの苦痛の時間よ。」
「新しい記憶・・・・なぜ、そんなことをしたんですか・・・」

息子を救うため・・と、ミヒ。ユジンだけが苦しいのではないという。

「息子にはいわないで・・・」と、ミヒ。
「誰かを心から愛したことありますか・・今まですぐそばにいた人が・・突然、消えてしまう・・わかりますか?まわりは変わらないのに・・その人だけがいない・・その寂しさに心を痛めることは悪いことですか?」と、と、ユジンは涙を流す。ミヒは冷静、携帯にでる。

チェリンからの連絡、ミニョンの意識が戻り、慌ててミヒと一緒に車で病院に向かうユジン。

チュンサンの家に来たサンヒョクは、ユジンとミヒが一緒に車に乗るのを目撃する。

ミヒ・車の中
涙を流すユジン・・・・

------------------
この8話は、ヨン様の声がほとんど聞けなかったですーー(>_<;)
ユジンを守り、ケガをしてしまったミニョン。医師はミニョンの頭の中に金属が入ってたことを言うんです。
これで脳の手術経験があるミニョン・・と、わかるでしょう。

まさかのミヒとすれ違うユジン。ミヒの言葉を聞いて、チュンサンの家に向かいます。これを「チュンサンじゃない!」と、サンヒョクは確認のために学校へ・・チュンサンの家でユジンを見てしまうサンヒョクでした。

ミニョンの母、ミヒは冷静にユジンに説明してました。
これを「どうして?なぜ?」と、理解できないユジンですね。これは、父のことを知ってしまい、苦しんだチュンサンの記憶を消した母!ってことですよね。これを知らないユジンは
「どうして新しい記憶なんて?」と、思うのでしょう。

チュンサンの父が「サンヒョクの父」と、知ったら驚き苦しむチュンサン、サンヒョクなんですよね。段々と、思いだしてきました。かなり前に見たのでドラマを忘れて結構、夢中で見てしまいます^^;

追記 12/11
ユジンが8話でミニョンさんはチュンサン!と、事実を知ってしまったので展開は早いと予想です。思ったよりも早くに新しいストーリーが見れる気がして楽しみですo(^^o)(o^^)oワクワク


アニメ「冬のソナタ」ノーカット完全版 DVD BOX I
アニメ「冬のソナタ」ノーカット完全版 DVD BOX I

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



↓読んだら応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ   人気ブログランキングへ
ポチッありがとうございます。とても励みになっています。

関連記事
スポンサーサイト
コメント
ルッカさん、 こんにちは~!
ミニョンさんの母、ミヒさんの嘘がばれていく今回ですねぇ。。。あれ。。^^;
前回の流れから、スキー場での切ない一夜に(寝ているミニョンさんの眼鏡を、ユジンが、そっと外す場面とか)続くのではって思っていたのですが・・・。
ユジンの心の中には、やはりチュンサンが生き続けているってかんじですね。
チェリンは、けっこう感情むき出しですよね・・!
今回は、‘ヨン様の声がほとんど聞けなかったです’ なのですねぇー・・うーん残念!
ルッカさん、第8話♪ ありがとうございます~^^♪
yom☆ URL 2009年12月09日 16:32:45 編集
yom☆さんへ
>yom☆さん
こんにちは。
そうなんですよーースキー場でのことはなかったです^^;
切ない一夜・・っていうか、メガネを外そうとしてやめるのは
7話でありました。チェリンの言葉を思いだしやめるユジンです。
外へ出たユジンを追うミニョンさん・・でしたね。
その後はずーーと、病院で意識不明だったので・・・声もなしです(笑)
ユジンはもう、ずっとチュンサンを思ってますね。
これ、やはりすごいと印象強いです。
韓国での大事な初恋・・だからなのか、チュンサンだからなのか。
それとも、約束していて・・事故で・・という、流れだったから、自分の中で整理が出来ないままのユジンなのか。
チェリン、もう凄かったです。ユジンを怒鳴ってましたからね。
まぁ、事故だったので驚くチェリンもわかるけど。
いつもコメントありがとうございます^^
とっても嬉しいです(*^^*)
ルッカ URL 2009年12月09日 16:41:31 編集
驚きの展開!
ルッカさん、こんにちは(*^_^*)
この8話は、ミニョンさん意識が戻らないから、ヨンジュンssiの声、聞けなかったですね~
そして驚きの展開だったと思いませんか?
私は観た後には「えーーー!」と思ったもので(笑)
ただ私は、アニメはドラマとはまた別のものとして、楽しみたいと思っているので、今後に期待が大きいです。ユジンがこんなに早くミニョンさんがチュンサンと知ることになるとは思わなかったです。次にはチュンサンとしての記憶、戻るのではと思うのですが。
すでに、スカチャンでは11話までのストーリー公開されましたが、驚きの展開でした。でも思ったんですね、この話の展開だからこそ、ヨンジュンssiは再びチュンサンを引き受けたのではないのかと。
初めは断るつもりだったと聞いていました。でも脚本をよんで、受けることにしたと言ってましたから、同じような役は絶対に受けない方ですから、今後がとても楽しみなんです。でもドラマの冬ソナ、それを求める人にとっては、困惑かもしれないですね。
マリアン URL 2009年12月10日 11:10:24 編集
マリアンさんへ
>マリアンさん
こんばんは。
ほんと、今回はヨンジュンssiの声が聞けなかったです(>_<;)
確かに・・・ユジンがこんなに早くにミヒの口から事実を聞くとは。
ドラマを覚えてるようで・・・かなり忘れてます^^;
でも、確か~こんなに早くはなかったとは思ってたんです。
これでハッキリしました。
スカチャン、今見てきました。
これ、びっくりの展開ですねーー!こんなに早くにミニョンさんも「自分はチュンサン?」と、知るんですね。ずっと、スカチャンサイトはチェックしてなかったです(^_^;
これだと、新しい2人、アニメならではの展開が期待できそうですね。
>同じような役は絶対に受けない方
なるほど!
このまま行くと・・・アニメならでは!と、新しい展開と2人が見れそうでうれしいです。
でも、ドラマ版のを期待してる人には違うかも~ですね。私は新しい2人、展開を希望なので契約して正解だと思ってます(^^ゞ
次回ではもう、チュンサンとしての記憶を感じるミニョンさんのようですね。
ルッカ URL 2009年12月10日 17:08:58 編集

管理者だけに表示する

プロフィール

ブログランキング

カテゴリー

お知らせ

最近のコメント

楽天

楽天

お知らせ

最近の記事

楽天

ブログランキング

お知らせ

リンク

アクセスカウンター

オンラインカウンター

ブログ内検索

最新トラックバック

お知らせ

月別アーカイブ

RSSフィード

雑誌