きらきら光る 19話あらすじ

切なさと、面白さのバランスがいいですね。超オススメの作品です。早くも評価高いです。

キム・ヒョンジュ、イ・ユリ、キム・ソックン、カン・ドンホ


19話

「ジョンウォンは見る目がある。きらきら光ってるよ。聞く話もない。死ぬまで会わないと、約束しただろう。」と、グムランに言うグォニャン。

「ウソついたでしょ。目の事があるから一生、会わないっていったの?」と、言うグムラン。

「そうよ。あなたには振り返ってほしくない。私のせいで人生を壊して欲しくない。会わなくても生きていける・・・他人の子供を苦しめる事はしたくない。」と、答えるグォニャン。
ボロボロと涙を流すグムラン。

「会いたかった、整形してるだろう。」とジョンウォンに言うテラン。

母に会いに来たというジョンウォン。
「お前は他人だ。金づるにはしない。安心しなさい。帰りなさい。」と、言うナムボン。謝罪するジョンウォン。

泣いて帰らないグムラン。
「あんたがその気なら、帰ってきなさい。あっちの親を捨てて、私の代わりに店を切り盛りしろ。下の世話をしたり、体も洗ってくれ。私の手と目になりなさい。
冷静になりなさい、また、日陰に?」と、説得するグォニャン。

目が見えなくなる姿だけは、見せたくないとグムランを突き放す。
本当は嬉しいけど、グムランの幸せのために手放すグォニャンだわ。

帰ったと思うジョンウォンに、「それでいい。あの世で幸せに暮らそう・・」と、考えるグォニャン。

ジョンウォンを見て、目は治ったから帰れと、言うグォニャン。「あんたを娘にする気はない!」と。

帰らない、食事をする、これからは好きな時に来ると言うジョンウォン。「目が治ったのか、確認したいんです。心配したいです。」と。

焼き肉をグォニャンに食べさせ、
「母さんの娘として生きてみます・・母さんの娘だから・・」と、言うジョンウォン。
ここは涙。

グォニャンの事で悩むグムランに、車を買ってあげると言うナヒ。

「母さんと再スタートしたい。暗闇で怖くないようにそばにいたい。」と、デボムに話すジョンウォン。

優しくて、無邪気なジョンウォンにすっかり、夢中なデボムね。

グムランの部屋に辞書を置くソウは、手帳の文字がジョンウォンにソックリなので驚く。
これが盗んだ証拠になるかも。手帳をみたこと。

グムランを実の娘として、戸籍に入れたいと、ジウンに言うナヒ。ゆっくりやろうと言うジウン。

「もしも、ジョンウォンに会社を譲るのなら・・反対です・・よその子に財産を?」と、言うナヒ。
「あの会社はジョンウォンに譲る。最初から決めてた。28年間、育てた私の娘だ。」と、怒鳴るジウン。

ナヒはもう、グムランにすべてを譲り、ジョンウォンの存在を否定してるわ。不憫な思いも理解出来るけど。ジウンだけが娘と思ってくれてる。

家の前、スンジェに「グムランに会いに来た。食堂の娘のくせに!生き方を考えろ。人生を棒にふりかけた。」と、バカにされるジョンウォン。

グォニャンの事を、話し合うジョンウォンとグムラン。
グムランの意見を尊重すると、
「あなたが後悔しないように・・今のうちに会って、親孝行をしてあげて。私といるよりも、喜ぶはずよ。」と、言うジョンウォン。

「この機会に私を家から、追いだす気ね!どうして私なの?・・姉さんもミランもいるわ。1度でいい・・あなたのように生きたい。あなたの母親でしょ。あなたが世話すればいい。」と、言うグムラン。

心配な気持ちはあるけれど、自分が犠牲になるのは嫌なグムランだわ。そして何よりも、今の生活を手放したくない。
グムランには気持ちの余裕がないわ。

スンジュンの家が近所、豪邸なのを知るグムラン。

自分の信念を曲げないスンジュンは、在庫を寄付すると言い出す。
知り合いに会うと、視覚障害者の会を作り、子供に本を読んであげていたスンジュンと、驚くジョンウォン。

レコードを購入したジョンウォンは、すぐに聴きたいといいだし、仕方なくスンジュンは家に連れて来る。
父と思い出のレコード。

意識してしまう2人・・キスするスンジュン。

続く・・

このキス、とても自然体で優しくて良かったわ。
でも、まだ告白もしてないので、恥ずかしくて怒り出すジョンウォンかもしれませんね。

グォニャンの目と、グムランの手帳を盗んだ件。
暗い展開でありながら、ナムボンたちと焼き肉を食べるシーンは楽しかったです。

今後、ジョンウォンがグォニャンの世話をするだろうけど、グムランも胸を痛めるはずです。
それでも、車を買ってくれるというナヒを避けることは出来ないでしょう。

【送料無料】きらきら光る DVD-BOX1

↓読んだら応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ  
2つもポチッありがとうございます。とても励みになっています。

関連記事
スポンサーサイト



2011年12月13日 | Trackback(0) | きらきら光る

プロフィール

ブログランキング

カテゴリー

お知らせ

最近のコメント

楽天

楽天

お知らせ

最近の記事

楽天

ブログランキング

お知らせ

リンク

アクセスカウンター

オンラインカウンター

ブログ内検索

最新トラックバック

お知らせ

月別アーカイブ

RSSフィード

雑誌