きらきら光る 26話あらすじ

スンジョンとジョンウォンの不器用な恋愛シーンが楽しい。

出演 キム・ヒョンジュ、イ・ユリ、キム・ソックン、カン・ドンホ


26話

「私の戸籍を外して欲しい。ハッキリさせて欲しいの・・私の欲と未練に、自分が誰なのかわからせたいの。私は欲張ってはいけない・・線引きをしたい・・ママと私は戸籍を変えないと、昔には戻れないと思う・・兄さんに私の本心を見せる方法も・・今はこれしかない。」と、言うジョンウォン。

賭博は永遠に続く、苦労するのが見えているから、耐えられないと言うジウン。
「私の人生よ。見守れないなら、知らないふりをして。育ててくれた恩は忘れない・・」と、言うジョンウォン。

家に戻る途中、「あの家で暮らしなさい!」と、車から降ろすジウン。雨の中を1人、歩き出すジョンウォン。

店で飲むスンジョンに、一緒に飲もうと言うグムラン。何も話さないスンジョンに、ジョンウォンへの強い想いを感じるグムラン。

バッグを落とし、中身を拾うスンジョンは「老人と海」の本に気がつく。
「2011年、彼の悲しみに触れたくて・・この本を買った。泣きたい時は、彼と同じように泣くだろう」と、書いてあるのを読むスンジョン。

つまり、自分が書いた言葉を読んだグムラン!って事よ。勝手な事をしてると、驚きはあっても感激はないと思う。

濡れて帰るジョンウォンを抱きしめるスンジョン。

自宅に戻り、「ジョンウォンは捨てた。もう、私の娘ではない。」と、ナヒに言うジウン。

スンジョンの家で過ごすジョンウォンは、ドキドキと怪しい雰囲気にならないように気配り。
この2人のシーン、爆笑です。唯一、笑え楽しい和み。

グムランから聞いたデボムに、心の準備が出来たら、新林洞の家に行くと答えるジョンウォン。

知り合いの家にいる・・と、会話を聞いて怒るスンジョン。
「夜中の電話のやり取りが許せない!僕はチーム長とただの知り合いなんですか?知り合いとキスするんですか?」と。
嫉妬するスンジョンが楽しいの。

ナヒ、グムランたちに、「ジョンウォンが自分で、戸籍を変えて欲しいと言った。遺産もいらないと。相手を追い込んで・・これで満足か?」と、言うジウン。

「身1つで、この家を出た?何か企みがあるはずよ。きっと、お父さんに何か約束してもらったのよ。」と、考えるグムラン。

ジョンウォンの真心を信じないグムランだわ。それにメイクがどんどん、濃くなってる。

ジョンウォンといるスンジョンを目撃するグムランは、わざとスンジョンに傘を返し、一緒にいたことをアピールする。

グムランと話すジョンウォン。
「いつまで社長の娘のふりをしてるの?みんなにバレるのが怖い?芝居してるんでしょ?・・財産よりもいいアテが出来たから。編集長とは上司と部下の関係といったわね?」と、言うグムラン。

「信じようと、信じまいとあなたの勝手よ。私はあなたに人生を返した。これからは裸一貫で人生を生きる。焦って答えたけど、編集長のことは好き・・何があっても彼だけは守る。諦めない。」と、言うジョンウォン。

グムランはスンジョンの実家が、資産家だと知ってるから。それをジョンウォンも、知ってると考えでしょうね。
それを考えれば、ジウンたちの財産も、必要ないくらいだから。


サンウォンが持ってきた担保を調べさせ、安定してる出版社と知るスンジョン母。
買収するつもりみたい。でも、それはスンジョンへのものみたい。

ジョンウォンがスンジョンの家に泊まったと知り、激怒のスンジョン母。

ソウがジョンウォンを心配して会社に来る。ソンイと会い、一目惚れのソウに大人の恋愛は早いと言うジョンウォン。

サンウォンは転売を勧められ、分譲権を買えと言われる。

テラン夫を父親と勘違い、「テラン初恋の相手です」と、自己紹介するチェガル・ジュンス。

スンジョン家で料理を作るも、下手くそなジョンウォン。
母が来て、結婚したら仕事をやめて、家庭に入るかと聞かれ、仕事は辞めないと答えるジョンウォン。
「あんたの義母になろうかと思ったが・・息子とは別れなさい。」と、言うスンジョン母。

嫌だと拒否するジョンウォンは、家を出てしまう。電話で、スンジョンには新林洞の家に行くと言う。

スンジョン母の店で、腸詰め?を作るグムラン。
本気でスンジョン母に気に入られようと、それなりの努力はしてるのだわ。

グォニャンの家に行くジョンウォン。

続く・・

突然、ジウンに追いだされたジョンウォンです。
だから、グォニャンの家に行くことをまだ、話してないのです。驚くグォニャンでしょうね。

ジウンなりに考えたのだろうけれど、怒りからあの家で暮らせと、言ってしまったように思います。あとで戻ってこいと、言いそうな優しいパパなのに。

ジョンウォンとスンジョンのシーン。本当に和みで楽しみ。真面目な2人なので、恋愛も進みませんね。

デボムもジョンウォンを好きと感じて、それを嫉妬するスンジョンも面白い。

グムランはスンジョンを好きだけど、ジョンウォンを好きなのは理解してるから、母の言う「気に入られれば、あんたに息子をあげる」と、言葉を信じるのでしょう。

サンウォンはバカな事をしそう。出版社を奪われてしまうかも。スンジョン母が乗り出しそうです。

全54話は長いのでまだまだ、楽しめますね。
「栄光のジェイン」も見始めました。これも面白くなりそう。KNTVなので「根深い木」「私も、花!」は2月からです。
「女の香り」は病気モノなのでサラっと視聴予定。

時間が足りないので、「階伯(ケベク)」、「千回のキス」は内容次第、まとめ感想にするかもしれません。
寝る時間がないわーー(^_^;)


↓読んだら応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ  
2つもポチッありがとうございます。とても励みになっています。

関連記事
スポンサーサイト
2012年01月05日 | Trackback(0) | きらきら光る

プロフィール

ブログランキング

カテゴリー

お知らせ

最近のコメント

楽天

楽天

お知らせ

最近の記事

楽天

ブログランキング

お知らせ

リンク

アクセスカウンター

オンラインカウンター

ブログ内検索

最新トラックバック

お知らせ

月別アーカイブ

RSSフィード

雑誌