童顔美女 14話あらすじ

2人の男性から愛されるソヨンです。

出演 チャン・ナラ、チェ・ダニエル、リュ・ジン、キム・ミンソ


14話

「お前が年上でも年下でも気にしない。お前が好きだ・・」と、ソヨンに抱きつき、寝てしまうジヌク。

「ぺク部長やあなたを失望させたくない。」と、つぶやくソヨン。

翌日、ロマンチックルックのデザインをすると言い出すチーム長。ソヨンが会社に来て、一緒にやると言う。

ぺク部長を庇ったので、この結婚には反対と言う母を怒るユンソ。

ヒョニの件を軽率だったと、謝罪するユンソ。「僕を待つのはやめてほしい。」と、言うスンイル。
「私の10年はどうなるの?」と、泣き出すユンソ。
「今は・・自分のために愛する人とやり直したい。」と、言うスンイル。

ソヨンを1週間、雇うと言うスンイル。
会議で自分も、ロマンチックルックのデザインをやると言い出すユンソ。

「私が負けたら、社長の言うように穏便に済ませます。でも勝てば、ヒョン理事の意向に従ってください。」と言うユンソ。
2日後にコンペをすることになる。

勝てば、ソヨンを正式社員として迎えると言うスンイル。負けたら、会社をやめてもらうと言うユンソ。

「あのみずぼらしい女がデザイナーなんて。この機会にふみつぶす。」と、母に言うユンソ。

自分を心配するチャン課長に、ぺク部長と一緒に働けるよう頑張ると言うソヨン。デザインはユンソの得意ジャンル。勝つことは不可能といいたいチャン課長。

「私は・・できる・・」と、自分に言いきかせるソヨン。応援するジヌク。

ユンソのデザインは高級なセレブ系。審査員も高い評価を出す。
ソヨンは、仕事ばかりしてた普通の20代女性。初めての無難なデートファッションを出す。

流行りの専門用語も知らず、ファッションリーダーが認めるかと、皮肉を言われるソヨン。

ソヨンは「普通の女性」からの提案なの。誰もが高級服を購入出来ないだろうしね。

ソヨンの出身校を、審査で公開されたことを抗議するジヌク。結果、ユンソが勝利になるが1人棄権する。

コレクションの服ばかり見てたので、一般の20代女性の服がわからないと言う。
デザインだけでは評価も困難と、最初から勝負はつけられないコンペ・・と、やり直すことになる。

「いいわ。勝ってもこれじゃ意味ないわ。デザインからやり直します。」と、言うユンソ。今度は、サンプル服まで作ることになる。

ジヌク目当てのナラがチームに参加する・・と、思ったら、同じ高校の後輩とソヨンが呼んだのね。

ぺク部長の提案で、カラーエキスポに行くソヨンはスンイルと出会う。スンイルは車をレッカーに頼み、ソヨンと一緒に電車で帰る。

父親から、ライバル豚足屋に行った事がバレ、彼女を連れてこいと言われるジヌク。豚足好きの彼女なら、文句はないと言うジヌク父。
誤魔化すジヌク。

ユンソはロマンチックルックの新作を!と、インタビューされるほどの人気。

色は決まったので、デザインを考えるソヨン。「デートじゃない。仕事だ。」と、言うジヌク。
スンイルとソヨンの事を嫉妬するジヌクは外に誘う。

ジヌクとの会話で、デートする女性心理を想像するソヨン。

続く・・

スンイルと、ソヨンの関係を嫉妬するジヌク。ソヨンといるジヌクに、嫉妬するスンイルですね。

ユンソにはハッキリ断ったので好きな人・ソヨンに向かっているスンイルだと思います。ソヨンはジヌクの応援を感謝してるけれど、愛しあってるようにも見えないのですよ。

恋愛よりも、仕事に生きるソヨンですね。

→DVD シンデレラは年齢詐称!?(5%割引/日本版)韓国ドラマ チャン・ナラ、チェ・ダニエル主演「童顔美女」

↓読んだら応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ  
2つもポチッありがとうございます。とても励みになっています。

関連記事
スポンサーサイト



2012年01月10日 | Trackback(0) | 童顔美女

プロフィール

ブログランキング

カテゴリー

お知らせ

最近のコメント

楽天

楽天

お知らせ

最近の記事

楽天

ブログランキング

お知らせ

リンク

アクセスカウンター

オンラインカウンター

ブログ内検索

最新トラックバック

お知らせ

月別アーカイブ

RSSフィード

雑誌