アニメ冬のソナタ 14話あらすじ

やっと!ヨン様の懐かしい言葉「ユジナ・・」と、聞くことが出来ました。すべてを思い出して約束を果たしたチュンサンですね。ユジンも昔を思い出してくれたチュンサン(ミニョンさん)に感動の14話でした。名シーンがいっぱいで冬ソナファンにはぜひ!見て欲しい内容です。サンヒョクをキチンと断ったのも印象的です。

ヨン様コラージュ


アニメ「冬のソナタ」
声の出演
チュンサン・ミニョン   ペ・ヨンジュン
ユジン          チェ・ジウ



第14話「ポラリス」

チュンサンガ


ホテル
ユジン母と話すサンヒョク・・と、ミヒと会って驚く・・
「お久しぶりです。」と、ユジン母に「ヒョンスのことは聞きました。」と、ミヒ。挨拶をしてユジン母は去る。ユジン母を「オモニ」と、呼ぶサンヒョクに驚くミヒは、「ユジンさんのお母さん?」と、不安になる。

キム次長は、ミニョンから頼まれた封筒をユジンに渡す。
ヨングク、チンスクとサンヒョクが話していると、チェリンが、ユジンを探しに来る。「ユジンはどこ?」と、苛立ち聞くチェリン。

「ひどすぎる。ミニョンさんと別れろと言ったくせに、なんであなたはここにいるのよ。」と、声をあげるチェリン。サンヒョクがとめる。

「サンヒョクのため? なぜ、みんな、ユジンが好きなの? あなたにはサンヒョクもいるじゃない。でも、私にはミニョンさんしかいないの。何があっても、ミニョンさんは渡さない。
奪われるのは、チュンサンだけで十分よ。」と、涙を流し、興奮するチェリン。

「チュンサン」と、言葉にハッとするユジン・・・

「どういうこと?」と、サンヒョク母。サンヒョク両親、ユジン母がくる。
サンヒョク母は、怒った顔でユジンを睨み付ける。とめるサンヒョク。

サンヒョク母、すごく怖い顔で怒ってわ。
ユジンは優柔不断だけど、悪いことはしてないもの。
チェリンの怒りも理解出来る「なぜ、みんなユジンが好きなの?」って。チェリンが、そういう態度を取るから、さらにみんながユジンを好きになるでしょう^_^;


テーブルで話すサンヒョク両親、サンヒョク、ユジン、ユジン母たち。

「さっきの話は忘れてあげるわ。でも、正直に答えて。サンヒョクを愛してる?本当に愛してる?なぜ、答えないの?サンヒョクを愛してるとは思いませんが。」と、興奮してユジンを問い詰めるサンヒョク母。
とめるサンヒョク、サンヒョク父。

ユジンは下をみたまま・・・ユジン母がフォローすると、ユジンは立ち上がり
「私は・・私は結婚できません。結婚できそうにありません。ママ、ごめんなさい・・」と、ユジン母にあやまり、ユジンは走って部屋をでてしまう。

ユジンを追いかけるヨングクたち。

サンヒョクは母に「ユジンと別れたら、母さんを許さない。」と、母にいって、ユジンを追いかける。サンヒョク母は無言。ユジン母はショックで動揺をかくせない。

ユジン母にしたら、相当なショックでしょうね。親に反抗することもなかったろうユジンだし当然、サンヒョクと結婚すると思ってたから。
サンヒョクの焦りも理解できるけど、追うとよけい逃げるものだけどなぁ^^;
ユジン母も夫がいないこと、肩身が狭い?のも歯がゆい。サンヒョク父は立派な人であっても。もっと、堂々としてれば良いのに。。


ユジンに追いつき
「ユジン、待って。さっきの話は何かの間違いだろう?母さんにあやまろう。」と、サンヒョク。
「出来ないわ。本心よ。」と、ユジンに驚くサンヒョクは
「本心だって?」と。

「ごめん、サンヒョク・・」と、ユジンに手をあげるサンヒョクは、ユジンの頬をたたく。驚き、頬をおさえ走っていってしまうユジン。
ハッとするサンヒョクは
「ユジン、ボクが悪かった。」と、外へでるとユジンはタクシーでいってしまう。
携帯を落としていくユジン。
「ユジンーーーーっっっ。」と、叫ぶサンヒョク。

しつこい上に女性の顔を叩くなんて!興奮しやすいサンヒョクなんだわ^_^;
大体、ユジンの態度で想像できた展開でしょうに。
叩かれてすごく驚き、ショックを受けたユジンだと思うわ。



ヨン様1

渋滞する道
ミニョンは車を運転中、チェリンからの電話が来る。
「チェリン、電話はしない約束だろ。ユジンさんが?」と、驚くミニョン。

「とぼけないで今、一緒にいるんでしょ?」と、怒るチェリンは電話を切られてしまう。
考えるミニョンは、ユジンの携帯にかける。

「ユジンさん・・」と、ミニョンに「ミニョンさん?今、どこですか?」と、サンヒョクの声に驚くミニョン。チェリンからもかかってくる。
考えるミニョンは、車をUターンさせ、戻っていく。

この、車のルームミラーを見るミニョンさん、すごくステキです(*^^*)
しかも、Uターンさせる横顔も良いんです!すごいアニメなのにカッコイイ♪ぜひ、ここをチェックしてくださいね。つい、リピしちゃった(笑)
車のハンドルを指で、つんつん・・って考える顔、しぐさもグッドです。


突然、車をUターンさせたので、対向車のライトの強い光をみるミニョン・・・
「ユジナ・・・」と、焼却場で落ち葉を投げる自分、ユジンをおもいだす。
「ユジナ、初雪の日は何を?」と、自分の言葉。森でユジンに雪をなげる。

「何してるの?」と、ユジンに
「待ち合わせ、大みそかに会ったら教えてあげる。」と、クリスマスツリーをユジンと見たことをも思い出す。
ハッとするミニョン、我に戻り車からおりる。

ついに!大みそかの約束を思い出したミニョン、いえ、チュンサンですね。自分の言葉も思い出したので、ユジンを思い出したかな?
この「ハッと・・」した瞬間の横顔、メガネの奥の目もステキです。本物を思い出しますよ?(´∀`*)ウフフ


ユジンは車の中、ミニョンからの封筒を思い出し読んでみる。
「ユジン・・僕はあなたをこう、呼んでたんだね。ユジン・・ユジン・・でもやはり、僕は何も思い出せない。あなたのチュンサンは、僕であって 僕でない。
思い出を失っては・・・僕がチュンサンでも、何の意味ももたない。ごめん・・チュンサンを呼んでも、僕は答えられない・・ユジンさん・・
失った過去にあなたがいてくれて本当にありがとう・・心から。」と、手紙を読むユジンは、車からおりて約束のツリーの木の下にいく。
1人、待ってると雪がふってくる。ミニョンは車からおりて、走って向かう。

さいかい

ユジンが手紙を涙を流しながら、読んでる時、ミニョンは走って走って。ユジンも約束の場所へ向かうんです。そのバックにミニョンの声が流れてるのです。

1人、降ってくる雪を見上げるユジン・・・と、
「ユジナ・・」振り向くと、チュンサンが自分に向かって走ってくる。驚くユジン。

ユジンの目には、チュンサンが走ってくるように見えて、その後、ミニョンさんが走ってくるのを見るのです。


雪だるま

ミニョンとユジン、2人向き合う。
息を切らしハアハアするミニョン・・「チュンサン?」と、聞くユジンにうなずき、「ごめん・・遅くなった。」と、言葉に驚き
「チュンサンガ・・」と、ミニョンに抱きつくユジン。

「ユジナ」と、ユジンを抱きしめるミニョン。
「本当にチュンサン?夢みたい。」涙をながすユジンにミニョンは
「ユジナ・・あの日、こう言いたかった。ユジナ、愛してる・・・」と、言葉にユジンは頬を赤らめ、チュンサンに抱きつく。抱き合う2人。

もう、チュンサンが良いですか?でも、立場上、まだ「ミニョンさん」だと思うし、書いててどちらが良いか迷います。

サンヒョクは、ユジンが自分を呼ぶ声を思い出し泣き笑い・・

ソファで眠るチェリンに毛布をかけるチンスク。チェリンは眠れない。

ミニョンの足跡をふむユジン、2人は川にくる。
「星がないね。雪のせいかな。」
「私には見えてる・・」と、ユジン。

「どこ?」と、ミニョン。ユジンはミニョンのコートを着たまま走り出し、夜空を指さす。ユジンの指は空から・・ミニョンにむける。

「迷ったらポラリスを探せって・・」と、ユジン。
「あぁ・・迷ってる?」と、ミニョン。

「今日、大事な人たちを傷つけてしまったの。許してもらえないかも。他の人が私を見捨てても、あなたはそばにいてくれる?ポラリスみたいに・・」と、ユジン。

「君こそ、ポラリスみたいに僕を守ってくれた。だから、僕が戻ってこれたんだ。」と、ミニョン。ユジンはうなずき、夜空をみあげる。

ここも名シーンですね?声にならない声、「あぁ」とか、「ん・・」って声も入ってます。言葉もいいし、最高な2人の思い出のシーンですね。
ここのアニメもキレイだし、言葉になっていない声「ん・・」と、「あ・・」って声を楽しんでくださいね♪


ユジンは、ミニョンの携帯でチンスクに連絡、2人は春川にむかう。
「準備は?傷つかない準備・・」と、ユジンに聞くミニョン。ユジンは
「母を傷つけたのは私よ。」と、いう。暗い顔になるミニョン。

あれ?ここ、湖?別荘なのかな?

チェリンは、仕事で八つ当たり。部下にきつく指示をする。
チンスクは、ヨングクにチェリンの怒り具合を報告、ユジンは家に帰ると伝える。
「それと、ミニョンさんはチュンサンだって。」と、ヨングクに話すチンスク。サンヒョクがいるので慌てるヨングク。
「チェリンには言うな。」と、電話をきるヨングクは驚く。

突然、チュンサン!と、言われても驚き信じられないヨングクたちでしょうね。一応、興奮してるチェリンには言うな!と、口止めしたヨングクでした。でも、チェリンもサンヒョクも知ってることだし・・


タクシーの中
ミニョンは電話で母に連絡する。
「記憶が戻ったことを話すためにも、僕も何日か春川にいく。君のことも紹介する。見た目はクールでも温かい人だよ。」と、ミニョン。

「わかってるわ。あなたを大事にしてるし、前にあったの。」と、ミニョンの入院中に、会ったことを説明する。驚くミニョン。

キス


タクシーの中、ミニョンは高校時代、バスの中のユジンを思い出し
「ユジナ・・」と、呼ぶ。
「春川でどんなことがあったのか、教えて。僕たちの思い出さ。」

「・・・そんなに多くないわ・・2人でよくケンカしてたし・・初雪の日にはあの湖で初デートをしたの。」
「雪だるまを作った。」と、ミニョン。

「覚えてるの?」と、ユジン。
「雪合戦もした。他に覚えてるのは・・ない。」と、ユジンの顔を微笑みながらみつめるミニョン。ユジンは頬をそめて
「他に、特にはなかったわね。」と、キスしたことを思い出す・・・
ユジンをのぞくミニョン・・・

「あなた、悪い人だわ。」と、ミニョンを見て笑い出す2人・・・
「いいね、昔のユジンはよく怒って よくすねて よく笑ってた。でも、再会した君は暗かった。僕が君を苦しませたせいだと思った。これからは、笑ってね。いい?」と、ミニョンの言葉にうなずくユジン。

すべてを思い出したミニョンさんなんですね!約束だけじゃなく、高校時代のユジンのこともすべて、思い出してる。そして「ミニョン」として再会したときのユジンをも覚えてるんですね?良かった。
ここも、言葉ではない「ん・・」って声を聞いてくださいね?


春川
家でミヒは、スケジュール調整を頼む。
ミニョンが戻って来るのを待ち、自分の若い頃の写真をみつめるミヒ・・

------------------
記憶を思いだしたミニョンさんですね?もう、「ごめん」っていわれても、10年も待たせる約束ってないでしょう(笑)
それでも、約束を守ってくれたチュンサンですね。これを待ってるユジンもすごい。
2人の思い出は、予想以上にしっかりと思い出してるチュンサンで安心でした。

これで次回はまた、先に進めそうです。でも、アメリカは当分、行かないみたい?しばしまた、ドラマ版のアニメなのでしょうね。
記憶のすべて!でもないようだし、今後「チュンサン」と、書けばいいのか?「ミニョン」と、書こうか悩みますが、仕事では「ミニョン」なので、ミニョンさんの方が良いと思うんですけど。

今回の言葉になっていない「ため息」というか、「あぁ」「ハアハア」と、息遣いもぜひ、チェックしてくださいね。

アニメ「冬のソナタ」ノーカット完全版 DVD BOX Iアニメ「冬のソナタ」ノーカット完全版 DVD BOX I

エイベックス・マーケティング 2010-08-25
売り上げランキング : 105

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



↓読んだら応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ   人気ブログランキングへ
ポチッありがとうございます。とても励みになっています。

関連記事
スポンサーサイト
コメント
10年前の約束
ルッカさん、こんばんは(*^_^*)
いよいよ記憶が戻りましたね。記憶が戻る過程、これはアニメならではの展開ですが、こちらもとても良かったです。ミニョンさん、走ってましたよね。あの姿は10年前の、高校生チュンサンの姿でした。そして待っているのは、高校生ユジンの姿、それをあのシーンから感じたんですね。
あの日、伝えたかった言葉、これを言えないままに10年がたち、ユジンは突然にチュンサンが消えていなくなってしまった・・・
チュンサンはミニョンとして生きていた。
「ユジナ」「チュンサンガ」この呼び方、アニメでも早く聞きたかったんですよ~♪
やっぱり、あのシーン、リピしましたね(笑)
同じくです~(*^^)v
ドラマの時から、話題にもなりましたが、サンヒョク母はなぜにユジンを嫌うの?と思うのですが~
しかもアニメでは、サンヒョクはユジンを殴りますよね。これには驚きました。女性を殴るなんて、最低の行為です。これもアニメ独自の展開でしたね。
突っ込みとしましては~(笑)
ミニョンさん、そこに車おいたままで大丈夫(爆)
あともう一つ、重大な秘密を思いだしていませんね。今後の展開が気になるところですね。
今週の15話は、普通に放送はありますが、16話は一回お休みになるので、よく確認したほうがいいと思います。
「アニソナ制作現場パート2」の放送があるためです。こちらも初めての放送ですよ。
マリアン URL 2010年01月27日 18:18:26 編集
再会
マリアンさん、こんばんは^^♪
いよいよですね~!やっと、記憶が戻ってくれてしかも、約束の場所で再会♪
最高のシーンですよね。走るミニョンさんが、ユジンにはチュンサンにみえた・・この流れもステキです。ここ、リピして見ちゃうシーンですね。
10年の月日、本当に長い間ユジンは待っていた。ずっと、待っていたから、走ってきてくれたチュンサンなんでしょうね。
突然、消えてしまったチュンサン、遅くなりすぎです(笑)
でも、ほんとここはステキな良いシーンです(*^^)v
蘇る「ユジナ」「チュンサンガ」ですね♪
ここは映像も良いけど、耳でも声で楽しめる大事な場面ですね。
ドラマの時から、話題になったんですか!サンヒョク母はなぜ、ユジンをあそこまで嫌うのか。自分の夫と何か?親しかった女性の娘だから~?とか。自分の家とくらべて、ユジンの家が貧しいから?とか~。
この14話、サンヒョクがユジンを殴るので驚きでした。いくら興奮しても、あとで後悔しても、女性を殴るのは最低です。
これをあえて?入れるアニメ独自って~なんでしょうね。
突っ込み(笑)
そそ、ミニョンさんは車を放置していってしまいました^^;
あとひとつ、重大な秘密ですか!何だっけ・・・オモオモ。
ほんとですか!情報ありがとうございます。
15話は普通放送、16話は1回お休みなんてひどいです(>_<)
でも、初めての放送があるんですね~これはこれで楽しみます。
この後はまた、2人で思い出を探し歩いていくんでしょうね。
これも楽しみな会話、シーンです(*^^*)
ルッカ URL 2010年01月27日 21:31:07 編集
ラストシーン凄いです♪
ルツカさん、こんばんは(*^_^*)
お友達が教えてくれましたが、JOBのニュースに発表がありましたよ。
アニソナ、ラストシーンに、ヨンジュンssiとチェ・ジウ、本人が出るそうですよ!つまり実写となるわけです。これにともない、ツアーも募集しています。私も明日、詳しくニュース読んできますが、ぜひ公式のほうに行って読んでみてくださいね(*^^)v
取り急ぎお知らせでした。
マリアン URL 2010年01月29日 23:49:40 編集
ラストシーン
マリアンさん、こんばんは。
見ました!すごいですねーー!
あり得ないっつーか(笑)
だって、アニメなのに本人たち、あの2人が実写で共演ですか!
すごいーー(*^^)v
これ、ものすごい楽しみでありサプライズですね♪
情報、ありがとうございます(^_-)☆
ルッカ URL 2010年01月30日 17:22:36 編集
ルッカさん  こんばんは~^^
ついに、記憶を取り戻したミニョンさんですねぇ~~~! あのツリーの木の下で再会して、確かめあえるシーンもすてきですねぇ~♪
言葉にならない台詞や、ミニョンさんの表情も雰囲気があるのですねぇ~。素敵なのが伝わってきます^^。
10年ものブランクを埋めるように、話しながら確かめあう2人なんでしょうねぇ。。。
思い出せないことにもどかしさを感じつつ、ユジンへの想いも綴った手紙も、ミニョンさんの切なさが出ていて、いいですね~^^☆
2人の想いは、しっかり^^深まっていく今後の展開ですね~・・周りがゴチャゴチャと横やりを入れるのでしょうが^^;。
そして!
そう^^! ラストシーンは実写版で、というお知らせ@@ 私も見ましたぁ~!!
すごいですよねぇ~! 
すごく人気があるドラマだから、こんな新しい試みもできたのでしょうねぇ!
どんな風になるのか♪楽しみですねぇ♪
ルッカさん^^ 第14話も、ありがとうございました~!
yom☆ URL 2010年01月30日 19:09:05 編集
ミニョンさん
yom☆さん、こんばんは。
そうなんです~やっと、記憶を取り戻したミニョンさんです^^♪
あのツリーの木の下で再会、愛を確認する2人ですね。
言葉にならない声、これも見逃せないドラマです。
ぜひ、チェックしてくださいね(*^^)v
ミニョンさんのユジンへの手紙、これもしっかりと聞いてほしいシーンです。
ラストシーンは実写版!
これ、2人のスケジュールもあるので、かなり前から企画していたようです。
どんな風に登場するのか、今から楽しみですね。
いつもコメント、ありがとうございます。
ルッカ URL 2010年01月31日 20:30:57 編集

管理者だけに表示する

プロフィール

ブログランキング

カテゴリー

お知らせ

最近のコメント

楽天

楽天

お知らせ

最近の記事

楽天

ブログランキング

お知らせ

リンク

アクセスカウンター

オンラインカウンター

ブログ内検索

最新トラックバック

お知らせ

月別アーカイブ

RSSフィード

雑誌