階伯(ケベク) 9話あらすじ

新羅軍の捕虜の中、頼れそうな強い男がいました。

出演 イ・ソジン、オ・ヨンス、チョ・ジェヒョン、ソン・ジヒョ、チェ・ジョンファン


9話

カジャム城を攻めるため、ウィジャと共に先鋒を切ると言うキョギ。

縁談の恨みでウィジャを戦で殺すという。納得のサテク。

ペルシアからの薬、消毒薬などを入手するウンゴ。これを戦に常備出来ると知り、喜ぶサテク。

父の養女になり、自分の妹になる事を提案。ずっと、そばにいて欲しいとウンゴに言うサテク。

カジャム城の前で、キョギは百済の兵士と戦おうと言う。ケベクにウィジャ、キョギも殺させるから、部下になれと言うキム・ユシン。

キム・ユシンと戦うキョギ。
ウィジャと戦うケベクだが、「俺を覚えていないのか?」と、名は言わず。ウィジャの危機で、臣下がウィジャを守る。

「必ず、殺す」と、ウィジャの事を言うケベク。
親の敵と思ってるから。

ウィジャの元へ秘宝と行商が来るも、麻薬だと止めるウンゴ。

ウィジャが渓谷に行ったと知り、殺害を命じるキョギ。
新羅兵士の変装だが、護衛するチョヨンは違うと見破る。逃走中、矢に撃たれるウィジャ。

ウィジャが新羅軍に襲撃されたと知り内心、喜ぶキョギ。
矢は新羅軍のものではなく、百済のモノとわかり、為済団と考えるウンゴ。毒矢なのでウンゴが解毒剤で助ける。

ウィジャが重体と知り、カジャム城へ様子を見に行くサテク。

井戸を掘る新羅軍の捕虜(百済人)
イリと呼ばれるケベクのグループと、別の男がいるグループ。同じ百済人の捕虜同士。

ウィジャが重体と知り、「俺が殺す・・」と、言うケベク。

目覚めるウィジャは、志が同じだから命は1つとウンゴに言う。
「愛する人は皆、死んだ。母上、ムジン、ケベクも・・生きてるのはお前だけだ。」と、ウンゴに言うウィジャ。

カジャム城を変装で脱出、ウィジャを殺すため近づくケベク。

ウンゴが出て行き、ケベクがウィジャを襲う。

続く・・

全体的なストーリー展開は遅いですね。時代劇だからそう感じるのかも。

ケベクはムジンを殺されたのでやはり、ウィジャを恨んでいました。ウィジャはウンゴを好きな様子です。

ラストで襲われたウィジャ、あれでケベクとわかるのでしょう。
わかっても、ケベクの怒りは変わらないでしょうけど。

↓読んだら応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ  
2つもポチッありがとうございます。とても励みになっています。

関連記事
スポンサーサイト



2012年01月24日 | Trackback(0) | 階伯(ケベク)

プロフィール

ブログランキング

カテゴリー

お知らせ

最近のコメント

楽天

楽天

お知らせ

最近の記事

楽天

ブログランキング

お知らせ

リンク

アクセスカウンター

オンラインカウンター

ブログ内検索

最新トラックバック

お知らせ

月別アーカイブ

RSSフィード

雑誌