ロイヤルファミリー 12話あらすじ

ジフンはジョニーの母親がインスクだと考えです。殺害していない証拠を探す方向でしょう。

出演
チソン、ヨム・ジョンア、キム・ヨンエ、チャ・イェリョン


12話 「衝撃の事実」

「キム・マリはインスク?」と、思うジフンは自分で調べる事を決意する。カクチにジョニーを捜すと言うジフン。

クソンデパートのユニは、資料が届いたとユンソに教える。「お義兄さまはクソンを訴える気なの?」と、聞く。

洗濯機の技術をユンソが、盗んだことになってる資料に驚くユンソ。
「誰なの?JKとクソンを争わせようとしてる人がいるんでしょ?」と、聞くユニ。
「何が望みなのか・・聞くわ。」と、言うユンソ。

ユニの言葉だと、ユンソはJKを出ると言ってました。離婚という意味かしら。ユンソが誰の事を言ってるのか、これはインスクの事ね。

「私を静佳園から追い出す気?」と、インスクに聞くユンソ。これからだと言うインスク。

カクチと一緒にジョニーの事を調べる。ジョニーの知ってる韓国語は「万歳と母」だけと知るジフン。

ジョニーが写真を持って探してた女性は、インスクにそっくりだった。TVに写るインスクを見て、震えて見ていたと言う。
人違いだろうと言うが、「来るべきじゃなかった。母が幸せならいい。」と、言ってたジョニーと知るジフン。

「キム・インスクさんと会ったジョニー?」と、考える。

「仮説その1、ジョニーは母親を捜しに来ていない。写真も母親のものではない。仮説その2、彼は母親を捜しに来た。写真も母親のものだ。だけど、彼の母親はキム夫人ににた他人だった。つまり・・・キム夫人は母親ではない。」と、考えるジフン。

「仮説その3、彼は母親を捜しに来た。母親はキム夫人だ。そして母親の幸せのために、彼は去ろうとしていた・・従って死ぬ理由はない。彼の死とキム夫人は無関係だ。俺の知るキム夫人が、息子を殺す確率はゼロだから・・」と、言うジフン。

「仮説3だ!これがすべてだ。疑問はない。」と、自分に言い聞かせるジフン。

「もうじき、静佳園の中で初めて同志が出来るのね。これがヒョンジンさんだったら、心が痛んでた。私を受け入れようとしてくれたから。」と、オム執事に言うインスク。
ユンソを追い込む作戦みたいね。

「JKメディカル株式譲渡契約、無効確認訴状?」と、聞くユニ。
「元最大株主だった故チョ・ドンホ先生の株を、コン会長が違法に取得したとの訴状です。詐欺罪も。」と、言う。

証拠もあり、例えJKが裁判に勝っても、社会的な避難を免れないと言う。驚くユンソ。

「JKの経営権がキム・インスクに渡るなら、離婚も視野に入れて。」と、ユンソに言うユニ。JKの株を売って、実家のクソンに戻って欲しいという。

インスクに「ドンホさんの財産を取り戻すつもりでしょう?」と、聞くユンソ。
「あの人の妻としての権利ですから。」と、言うインスク。
コン会長が渡すはずがないという。
「お義姉さまは・・お義母さまより私が怖いんですか?・・今、準備してること・・手伝いましょうか?」と、言うインスク。

ユンソに、オム執事を使い、コン会長の遺言状を書き換えたか、調べろというドンジン。

インスクに幸せかと聞くジフン。「幸せよ。」と、答えるインスク。

「母親だとしたら、息子が死んで幸せなはずはない。それとも、死んだことを知らない?」と、考えるジフン。

持ち株会社の変更を、インスクに知られてはならないと、ユンソに言うコン会長。

自分を昔、弁護してくれた弁護士に会うジフン。なぜ、自分を信じてくれたのか聞くと、
「キム様は、お前があのクマのぬいぐるみを大事にしてると知り、思ったそうだ。”母親同然のクマを殺害現場に置くわけない” と。」と、言う。

インスクはジフンに対して、「絶対的な信頼と確信」があると言う。
「あなたと俺の間にある真実・・あなたが無罪である証拠・・それを俺の手で見つけてやる。」と、決意するジフン。

チュンギから、ジョニー事件から手を引けと言われるジフン。
ケセラセラ事件のファイルは、CID(陸軍犯罪捜査局)は見せてくれないと知る。「イテウォンで米兵が死亡した未解決事件に、ウィルシャーが絡んでるんです。」

ヒョンジンに、CIDにコネがあるか聞くジフン。ヒョンジンは最後の親切と、コネを作ると言う。

ジフンに親切にするのは最後?じゃあ、今後は敵になるのかしら。

コン会長に、CIDに渡りを付けたいと言うヒョンジン。JKグループのために、インスクを引きずり下ろすため、ジフンの注意をそらすのだと言う。
チン夫人と、インスクを仲違いさせるというヒョンジン。

やはり、コン会長と組むヒョンジンなのね。

ユンソに次のカード・・と、インスクはオム執事がユンソの婚前契約書の本物を持ってると言う。コピーではなく現物と。

コン会長は、長男でもなく後継者はヒョンジンにするだろうと、ユンソが負けそうなら、手を差し出すというインスク。

次のカードは、「お義母さまが亡くなったあとのJK・・」と、ヒントを出すインスク。

インスクはユンソに手を組もうと言ってるわ。コン会長の考えでは後継者はヒョンジンだろうと。ヒョンジンと戦おうと言うインスクね。

2人の会話を聞いてしまうヒョンジン。

「彼女のしたたかな顔を見たの。先輩はキム・インスクしか知らないGPSで、私はJKしか知らないGPS・・2人が出会う確率はゼロよ。本当にバカみたい。」と、ジフンに言うヒョンジン。
ジフンはまだ、インスクの別の顔を知らないから。

チン夫人と会うヒョンジン。
CIDと渡りをつけてくれるが、JKのせいで噂があり困ってると言うチン夫人。ジフンの官邸入りは出来ないと返事をする。

「彼のことで私の評判に傷が付くと・・インスクさんと縁を切るしかない。それは会長の望みではないでしょう?」と、言うチン夫人。
誤解のないよう、コン会長に伝えるというヒョンジン。

今回は、ジフンの希望を叶えたが、今後はしないと言う夫人。これを利用して、インスクと仲違いさせるのかも。

CIDに来るジフン。
機密資料の理由はわからないと言う。見せてもらうジフンは、殺された人物、容疑者といわれた人物の写真を見る。
ハン・ウソンの写真は息子を抱いていた。

「この息子の名前は・・?」と、聞いてジフン・ハンと知るジフン。

続く・・

このハン・ウソンがジフンの父親でしょうね。殺人容疑者になってるのかしら。謎が多いわ。少し見えてきた感じですね。

ユンソはこのままだと、インスクと手を組み、コン会長に対抗しそうです。すると、離婚なのかも。

ジフンの仮説は不安を隠しているけれど、ジョニーの母親はインスクだと、事実を認めるしかないでしょうね。
不安を取り除くべく要素、殺していない証拠を探すのでしょう。


↓読んだら応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ  人気ブログランキングへ
3つもポチッありがとうございます。とても励みになっています。

関連記事
スポンサーサイト



プロフィール

ブログランキング

カテゴリー

お知らせ

最近のコメント

楽天

楽天

お知らせ

最近の記事

楽天

ブログランキング

お知らせ

リンク

アクセスカウンター

オンラインカウンター

ブログ内検索

最新トラックバック

お知らせ

月別アーカイブ

RSSフィード

雑誌