アニメ冬のソナタ18話「冬が過ぎればすべて消える」

ヨンジュンssiの低い声が特にアニメだと、さらに感情移入出来ますね。この18話ではまさに悲しい展開と苦しみのチュンサンとユジンでした。ジヌは何かを感じてるようですね。

アニメ冬ソナ18




第18話「冬が過ぎれば すべて消える」

ピースサイン

「夏からの贈り物よ。冬を忘れないで。そしてこれは私からの贈り物。これなら運命も怖くないわ。」と、笑顔のユジン。
使い捨てカメラ、コインを受け取るチュンサン。
コインを投げるチュンサン・・・「運命は私たちの味方よ。」と、ユジン。
写真を撮る2人・・・

この海のシーン、とてもキレイな2人です。明るいユジンに暗い表情のチュンサンです。この先を思うと・・(/_;)

ヨンジュン18

旅館
ネックレスが壊れ、直してくれるとチュンサンに渡すユジン。

ポラリスのネックレス


サンヒョクと話すチュンサンは、サンヒョクが父からすべてを聞いたと知る。
「ユジンと逃げたいと言ったら、見のがしてくれるか・・」と、つぶやくチュンサン。

ここのシーン、本当に胸が痛いほどのチュンサンを感じます。ステキなシーンであり、切ないのでぜひ、見て下さいね。もう、書けないくらいに切ないです。


ユジンが起きるとチュンサンがいない。サンヒョクがいたので驚くユジン。
「チュンサンが去っていくはずない!」と、ユジン。
「これ以上、お母さんを傷つけたくないからと、・・もう君とは2度と会わないと。そう、伝えてくれって。」と、言葉に驚き泣き出すユジン。

もう、ここはドラマと同じように驚きと可哀想なユジンです。

キム・ジヌの家
ジヌはミヒの言葉を思い出す。
「ヒョンスは私が何を言っても信じなかったはず。あなたと違って私を愛していなかったから。ヒョンスはね。」と。

サンヒョクが戻ってきて父と話す。
「チュンサンは、ユジンと兄弟だといつ、知ったんだ。」と、父。
「記憶が戻った時だって。では、事故にあう前から知ってたのか。」と、サンヒョクから聞くジヌは驚く。
「こんなことになるから、ユジンと別れなければ良かった。」と、サンヒョク。
チュンサンとユジンは同級生、誕生日のことを話すサンヒョク。
これを廊下で聞いているサンヒョク母。

これですべての人が、チュンサンとユジンが兄弟!と、思ってしまいました。ジヌは何かをじっくりと考えています。

ユジン家
サンヒョク母が来てユジンにいう。
「なぜ、サンヒョクと会うの?」と、都合の良い時だけ会っている・・と、責める。サンヒョクと、よりを戻すことを怒るサンヒョク母。
「私が許さないわ。サンヒョクとは縁がきれたのよ。スキー場の人と別れたんですって。あなたと彼が兄弟だろうと復縁は認めないわ。」と、サンヒョク母。
「今、なんて?チュンサンと私が兄弟ですって?」と、驚くユジン。

ユジンはミヒに会い、事実を確認しに行く。
「本当なんですか?チュンサンは私の父の子なんですか?」と、ユジン。
「チュンサンのことは諦めてほしいの。チュンサンとは別れてほしいの。」と、ミヒの言葉に逃げ出すユジン。

ここ、息子と別れて欲しくてもウソはいけないミヒでしょう!もう、むかつくミヒなんだわ。何も知らず、驚愕のユジンは不安でいっぱい。

ユジナ

ユジンはミニョンの事務所へいく。
チュンサンは「もう、君とはあわない。それにボクはアメリカに行く。」
冷たいチュンサンに驚くユジン・・・
「君を愛していない。」と、チュンサンにユジンは
「ウソよ、愛してるのに私たち、愛し合えないの?本当なの?」と、ユジンに事実を知ったと感じるチュンサンは言葉がない。
ショックで座りこむユジン・・・

涙を流す

ジヌに会いに行くチュンサン。
「父さんはなぜ、母さんを捨てたんですか?」と、聞いてジヌの前で倒れてしまう。病院に運ばれるチュンサン。付きそうジヌ。
チュンサンは、交通事故の後遺症で検査が必要といわれるジヌ。

ここで何か、医者に聞くジヌね。もしや?と、思うジヌでしょう。

病院にユジンが来ないのでチェリンはサンヒョクに聞く。2人は本当に別れたと知り、驚くチェリン。サンヒョクの言葉を信じないチェリンは聞き出そうとする。

「2人は兄弟だ。チュンサンはユジンのお父さんの子だ。」と、サンヒョクから聞くチェリンは愕然とする。

病院
目を覚ますチュンサンはユジンの幻を見る。

ここでいうチュンサンの言葉がすごく良いんです。勿体ないから書かない?
声、響きがすごくステキなんです。具合悪いチュンサンなんだけど^_^;
聞こえないくらいの声で話してます。ここリピ決定♪


チェリンがチュンサンのお見舞いに来て
「2人は知らずに出会ったんでしょう。仕方ないわよ。」と、サンヒョクから聞いたことを泣きながら話す。

ユジンと別れることを望んでいたチェリンだったけど、こんな別れは嫌なチェリンは良い子なのよね。悲しいとチェリン。ここも良い声で話すチュンサンです。

父と話すユジン

ユジンは父のお墓参り。父に話しかけるユジン。

バスの中
「さようなら・・・チュンサン・・」と、ユジン。

------------------
この18話、台詞はあえてあまり書いてません。
ドラマを見てる人ならわかる内容だと思います。それと、アニメならではのきれいなシーンと、悲しい声が印象深く、書くのも辛いです。
ただ今回、今さらですけど気がついたことはヨンジュンssiの声は、アニメだと更に感じる低い声、まさにあのベルベットボイスですね。具合悪い、悲しい言葉をいう声がとてもステキなのです。
苦しそうな声が特にイイというか^_^;

ドラマだと、顔を見てしまうでしょうけど、アニメなので声に集中出来るのです。
じっくりと聞いてると、本当にストーリーに入ってしまいます。
兄弟と知りショックのユジン、これもチュンサンをあきらめたラストでした。


冬のソナタ 韓国KBSノーカット完全版  DVD BOX (初回限定 豪華フォトブックレット&スペシャル特典ディスク付) [DVD]冬のソナタ 韓国KBSノーカット完全版  DVD BOX (初回限定 豪華フォトブックレット&スペシャル特典ディスク付) [DVD]

ソニー・ピクチャーズエンタテインメント 2010-11-24
売り上げランキング : 1
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools




↓読んだら応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ  
2つもポチッポチッありがとうございます。とても励みになっています。

関連記事
スポンサーサイト



コメント
ルッカさん  こんばんは~^^
ユジンとの別れを決心して、悲しい展開がつづく18話ですねぇーー・・。
そして、ユジンも、自分とチュンサンが兄弟だと知り、驚きショックをうけ・・・
ほんと、肝心な部分を伝えないミヒ!><;  ダメですよねぇー。
切なくつぶやく(イメージです・・^^;)チュンサンの声とか、病院でユジンの幻を見ながら、話す言葉・声が、
ルッカさんが、書かないくらい^^いい!となれば、すごく気になりますぅ~~~♪  ふふ!リピ決定♪って、おっしゃってるし^^♪
響くヨンジュンさんの声。。。きっと!間違いなく!素敵ですね^^
チュンサンとユジンのことに、「仕方ないわよ」と理解を示すチェリンに、 私も、あ、いい人なんだなぁって思いました。
「・・ボクはアメリカに行く」って言葉も出てきたので、 もうそろそろ、海外編に入っていくかんじでしょうか~??
ルッカさん^^
18話も、悲しい展開でしたが、楽しみましたぁ~♪
ありがとうございます~!
yom☆ URL 2010年02月28日 21:49:33 編集
イメージ
yom☆さん、こんにちは。
コメントありがとうございます^^
悲しい展開の18話でした。
別れを決意は辛いですよね。そんなヨンジュンssiを想像してくださいね。
そろそろ・・アメリカなのか~海外はどうなったのか聞きたいです^_^;
ルッカ URL 2010年03月01日 16:57:31 編集
最後の秘密
ルッカさん、こんばんは(*^_^*)
今回は、悲しい展開でしたね。ドラマで知ってはいるけど、やはり観ていて辛い展開で、チュンサンの苦悩が伝わってきてね~
誕生日が二ヶ月しか違わない、これを聞いてドラマでは、兄妹じゃないと確信しました。今回のアニメでは、ジヌは何かを感じていましたが、やはりそこだと思います。そして病院で血液検査を受けたと思います。ここはドラマにもありましたが、いわゆるDVA鑑定ですね。
まだ19話はでは、アメリカには行かないかな?と思います。
ファンサイトの話では、20話で「不可能の家」になっていたとか・・・
まだサブタイトル、確認していないので、はっきりとは分からないんですが、空白の三年間は21話以降かなと・・・
マリアン URL 2010年03月01日 18:13:27 編集
不可能の家
マリアンさん、こんばんは。
本当に今回、辛くて悲しい展開でしたね。
さすがにドラマを思い出しました。
チュンサンの苦悩が切なかったです。声でも十分。
ジヌが何かを感じたので・・それが希望ですね。
誕生日が・・と、おかしいと思うし。
オモ!空白の3年間、21話~ですか^_^;
もっと、早くに放送してほしいです。
でも、不可能の家、これも楽しみですね。
ルッカ URL 2010年03月01日 21:15:44 編集

管理者だけに表示する

プロフィール

ブログランキング

カテゴリー

お知らせ

最近のコメント

楽天

楽天

お知らせ

最近の記事

楽天

ブログランキング

お知らせ

リンク

アクセスカウンター

オンラインカウンター

ブログ内検索

最新トラックバック

お知らせ

月別アーカイブ

RSSフィード

雑誌