アニメ冬のソナタ19話「As Tears Go By ?涙あふれて?」あらすじレビュー

ジウ姫の声も悲しげでせつないストーリーでした。チュンサンとユジンのことを知った友人たちですね。そしてパリに行くため語学教室に通うユジン。チュンサンはアメリカで手術をうけるようです。2人がわかれるシーンはドラマを思い出す人も多いでしょうね。

アニメ冬ソナ19



第19話「As Tears Go By ?涙あふれて?」

父のお墓に話しかけるユジン。
「もう、夢をみちゃいけないのよね・・」と、涙を流す。
チュンサンに別れをつげるユジン。

病院
チュンサンは、子供にボールを投げようとした瞬間、倒れてしまう。

ここ、アジッシ!と、言ってるけど字幕では「お兄さん」と、呼ばれてたチュンサンです。

出国前のミヒはチュンサンと連絡が取れず、焦っている。

ユジンは「不可能はことはもう、やめる。休みたい。」と、事務所をやめる決意で荷物をまとめる。驚くチョンア。

もう、すべてを諦めたユジンですね。自らも吹っ切ろうとしている。チョンアに絵を見せたのも自分への切り替えにみえました。

別れ
涙のチュンサン


サンヒョクと再会するユジンは、最後にもう1度だけチュンサンに会わせてほしいと頼む。兄弟と知ってると話すユジン。驚くサンヒョク。

元気なふりをするユジンだけど、チュンサンを思うとやっぱり・・ってシーンです。声に明るい元気と、ショックな様子を感じます。ジウ姫の声の演技も良いですね。

チェリンは、チンスク、ヨングクにユジンとチュンサンが兄弟だったと告白する。
驚くヨングクたち。「余計なことはしないで。」と、チェリン。

ユジンとサンヒョクのために婚約式をしたヨングクたちだから、「これ以上、関わらないで。」と、チェリンの忠告。


病院
医師から、慢性硬膜下血腫の説明を聞くチュンサン。
手術すれば悪化は防げる、放置すれば失明の可能性をいわれるチュンサン。
脳にも危険であり、記憶力も低下すると説明を受ける。

可能性であっても、緊急の手術をいわれて驚くチュンサンは相当なショックをうけてる。恐怖と不安でいっぱいでしょうね。

車の中
サンヒョクはユジンに「10年前も同じだった。」と、チュンサンのお葬式のあとも泣かなかったユジンをいう。
「無理に忘れなくていい。」と、サンヒョクは時間がかかるという。

深い悲しみは時間しか解決できないと思うわ。
そして忘れることなど出来ない。ただ、記憶の奥に押し込み鍵をかけるだけ。
思い出すと辛くて気が狂いそうになるから。

ミヒ出国の日、チュンサンが空港にくる。
チュンサンはミヒに「これで会うのは最後」と、いう。驚くミヒ。
父親のことでウソをついてたミヒをいう。「父と同じように死んだと思って。」と、チュンサン。

あぁ、すごいきつい言葉です。でも父のことをウソ付いてたミヒだから、このくらいいわれても仕方ないかも。

空港に来たサンヒョクと会うチュンサンは、ユジンとの写真を受け取る。
「友達」としてサンヒョクは、チュンサンに頼み事をする。
検査結果は問題ないと答えるチュンサン。

ここ、実際のシーンを見てください。文字にすると簡単でも映像みると深いシーンです。サンヒョクとチュンサンですね。

アメリカでの緊急手術をすすめられるチュンサン。

もう、時間がないチュンサンですね。ここまで具合悪くなってるとは。

パリに行くとユジンに送別会を提案するチンスク。

カフェ
切ないジウ

チュンサンと会うユジンは、不可能の家のスケッチブックを託す。

不可能の家

「愛してる。」と、ユジン。2人は約束して別れる。

ここはもう、名シーンなので絶対、見てください。書くのはあまりに勿体ない。
簡単に読まれたくないシーンです。ドラマでも同じだったのかしら。
ちょっと、記憶にないです。。


ジヌは病院からの連絡を受け、チュンサンの手術を知り驚く。
アメリカに向かう飛行機の中、チュンサン。

ユジンはフランスへ旅立ち
「冬も終わった・・だがあの時はまだ、気づいていなかった・・・彼らの冬は終わっていなかった。」と、サンヒョク。

------------------
この19話も、台詞はあえて書いてません。
ドラマと同じなんじゃないのかしら?そう、思うと書く必要もないと思います。
ただ、サンヒョクの最後の言葉、これはアニメ版ならではの言葉、続きがあることを予想させる言葉ですね。次回は海外になる展開でしょう♪

2人の別れるシーンは本当に切ないです。
ただ、ドラマと違うのは・・この19話では2人ともお互いを「兄弟」と、思ってますね。じゃ、いつ?海外で事実を知る展開になるのかしら・・・と、思ってます。

この辺り、ドラマと同じ展開だと思いますけど、「どこまでドラマと同じ、違うの?」と、比べて見たくなりました。細かい描写、台詞、映像、どこが同じで違うのか、それを確認したい気持ちが強くありますね。
もう1度、あのドラマを見たい!と、感じさせる19話なのでした。
ユジンと母とのシーンも良かったです。

アニメ「冬のソナタ」ノーカット完全版 DVD BOX II
アニメ「冬のソナタ」ノーカット完全版 DVD BOX II

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



↓読んだら応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ  
2つもポチッポチッありがとうございます。とても励みになっています。

関連記事
スポンサーサイト



コメント
ルッカさん  こんにちは~^^
自分とチュンサンの関係にショックを受けて、ユジンの声も悲しげで切ないのが伝わってきます・・・。
ジウさんの声って低めですが、そこに悲しいかんじが加わるイメージです。
‘不可能の家のスケッチブックを託して・・・「愛してる」と’・・・あぁ、もう、ほんとに切ないです><!  名シーンですね。
これを見ても、
‘「父と同じように死んだと思って。」と、チュンサン’ のことも、、、そう言われても仕方がないって思いますよねぇ~。
ユジン&チュンサンは、つらいなか別れを決意し・・・チュンサンは、それに加えて病気の事も・・・手術が必要って言われてすごく恐怖と不安な気持ち、すごく分かります。
サンヒョクとチェリンの配慮にも、根はいい人達なんだなぁ~・・と。
‘アジッシ!の台詞に、東京ドーム・アニソナイベントでのヨンジュンさんを思い出しました~~~^^♪♪ うふふ♪
前回のマイアンさんのコメントで、21話以降で海外へ行くのでは・・??となっていて、そっかぁ~^^、と♪
‘サンヒョクの最後の言葉は、アニメ版ならでは’との事、、、ほんと、そんなかんじですねぇ~!
ちなみに、このアニメは、ナレーションなどは入ってるのですか~?
ルッカさん、19話も楽しかったです~♪
ありがとうございました~^^☆
yom☆ URL 2010年03月07日 12:03:40 編集
台詞は同じでした
ルッカさん、こんにちは(*^_^*)
展開は知っていても、19話は涙なくしては観れないシーンだったと思います。
台詞はですね、ドラマと少しも変りはなかったと思います。
不可能の家、これのスケッチわ見せて、この家を建てて欲しいと頼むのは、アニメならではの展開で、ドラマでは模型を渡して、建てて欲しいとはお願いはしないんです。
でも、あそこのユジンの台詞は同じでした。
名台詞の一つと思います。これは実際に観て、自分で感じて欲しいシーンだと思いました。
ラストに二人は海外に旅立ちますが、ドラマでは兄妹ではないこと、これを知って空港までサンヒョクとともにユジンは追いかけますが、わずか10分前に飛行機はでてしまい、間に合わなくて、その後にサンヒョクはユジンに、ニューヨーク行きのチケットを渡し、「追いかけろ」と言うんですよ。
でもユジンは一人、パリに旅立つわけです。
アニメのほうでは、まだ兄妹と思ったままだと思うんです。
ここが、ファンサイトでも違和感を感じた人、やはり多かったようですよ。
序章では、ドラマのとおりに描かれていましたから、脚本の変更があったのかな?
来週から、いよいよ「空白の三年間」が描かれるわけですね。
今週の11日には、撮影ツアーも出発なので、いよいよ実写の撮影となるわけですね。
本当の意味での、冬ソナのラストシーンと思います。
ドラマからの冬ソナのファンも納得できる、多くの人の記憶に残るシーンであること、これを期待しるし願いたいですe-420
マリアン URL 2010年03月07日 12:20:17 編集
別れ
yom☆さん、こんにちは。
本当に辛い2人の別れでした。
そそ、ジウ姫って声が低いですよね。
それが今回、とても悲しげに聞こえました。
チュンサン、病気の進行が早くて驚きと恐怖でしょうね。
もう、目がかすんでる状態なんです。
サンヒョクの言葉はもう、このアニメならではの言葉でしょうか。
ナレーションは特にないですね。登場人物が語ってる感じです。
次回はいよいよ!海外でしょう(*^^*)
ルッカ URL 2010年03月07日 14:57:48 編集
三年間
マリアンさん、こんにちは。
ドラマの説明ありがとうございます。
なるほど・・同じ様で微妙に違う部分も多いですね。
名台詞、ここは直接見て感じてほしいです(*^^*)
このアニメではスケッチブックのユジンでしたね。
兄弟と知っててこの展開、今後はどう事実を知ることになるのか。
それが楽しみであり、やや不安です^_^;
でも、ドラマと同じ必要はないと思うので。脚本が変わろうと、私は早く
「空白の3年間」を見たいです。それこそがまさに!アニメ版ならではの展開ですからね。
撮影ツアーも出発ですね。どんな実写になるのか楽しみです。
ドラマからのファンの期待をも裏切らない本当のラストになってほしいですね♪
ルッカ URL 2010年03月07日 15:06:00 編集
ルッカさん こんにちは~^^
‘ナレーションは特にないですね’とのお返事、ありがとうございます~!
。。。そして、今、私のコメを読み返してみると・・・><・
‘前回のマ”イ”アンさんのコメントで’・・って・・マリアンさんのお名前を間違っていますね・・・、マリアンさん、ごめんなさい。です!
そして、お2人がおっしゃるように、、、今週は、いよいよ撮影ツアーの出発。。!
‘本当の意味での、冬ソナのラストシーン’との言葉に、、
冬ソナの歴史を(おおげさ?^^;)かんじて、しみじみしました~~~。
いろんなドラマや映画などあるけど、ドラマでスタートしてアニメ化して・・ラストはまた
締めくくるように黄金カップルの実写で終わるなんて、ちょっと他にはないんじゃないかなぁ~@@☆、と。
それだけ愛されたドラマなんだなぁって、ほんとに思いました。
yom☆ URL 2010年03月08日 13:06:40 編集

管理者だけに表示する

プロフィール

ブログランキング

カテゴリー

お知らせ

最近のコメント

楽天

楽天

お知らせ

最近の記事

楽天

ブログランキング

お知らせ

リンク

アクセスカウンター

オンラインカウンター

ブログ内検索

最新トラックバック

お知らせ

月別アーカイブ

RSSフィード

雑誌