階伯(ケベク) 14話あらすじ

敵の懐に飛び込むのを危険と止めるウンゴです。

出演 イ・ソジン、オ・ヨンス、チョ・ジェヒョン、ソン・ジヒョ、チェ・ジョンファン


14話

逃走するケベク、ソンチュン。

ウィジャは捕虜と共に、フンスのいる隠れ家・流民の村へ来る。

捕虜全員、汚職した官吏も逃走したと報告を受け、「そなたの関わる汚職を、もみ消すつもりだろう。」と、大佐平を怒る武王。

傷ついたケベクはカヒに起こされ、一緒に村へ来る。

「命を大事にしてほしい。流民も家族を失っているが、必死で生きている。平凡な生活の中に生きる理由と価値があります。」と、言うウンゴ。

「お嬢様がいばらの道を行くのに・・私1人、幸せになれない・・お嬢様が私の生きる理由になってください。」と、言うケベク。
「いつか・・そんな日がくれば・・そうしましょう。」と、笑顔で答えるウンゴ。
見ているウィジャ。

捕虜を受け入れれば、食料も減ると言うフンス。米でも何でも支援するというウンゴ。
取引も代価もいらない。「意をともにしてほしい。」と、言うフンス。

「私も意を共にしよう。できることなら百済の地、すべてをそうしたい。ソンチュン、フンス、ウンゴ。助けてくれるか。」と、言うウィジャ。
王子の片腕になると言うソンチュン。

捕虜に解放され、戻ったというウィジャ。「自ら戻ったのだろう。」と言う武王に、王位に興味はないと言うウィジャ。
「あなたのように母や、ムジンを犠牲にしてまで・・」と。

「いずれ、お前も皇后、大佐平、キョギを殺し、王位に就くだろう。」と、言う武王。
「私は陛下とは違います。愛する人を守るためなら、王座も捨てます。」と、言うウィジャ。

カマクジェ村と手を結ぶというウンゴ。
反対するおじさんは、商人として優位なキョギに付くべきと言う。国と取引をするのだと笑うヨンミョ。

サテクに、逃走した官吏コンチョルも探すと言うウンゴ。その件は忘れ、ウィジャの監視を指示するサテク。

ウィジャの言葉から、ケベクとの会話を聞かれたと感じるウンゴ。幸せに・・と、言葉。

ヨンムンジンの娘・テヨンと婚礼を終えるウィジャ。

国の為に戦い、自国に戻り反逆した捕虜として殺された仲間。
家族の家に行くと、反逆罪を犯した家族・・と、殺されていたことを知るケベクとソンチュン。

逃げのびた捕虜の家族も殺され、怒りのケベクとソンチュン。「人が世を変える。」と、ケベクに言うソンチュン。

ウンゴに宮殿に入り、敵の懐に入り手足を落とすと言うケベク。反対するウンゴ。

「己の道を見つけました。人が人らしく生きる世の中のために・・世のために剣を取ります。」と、言うケベク。
皇室の護衛官選びの武道会を提案するウィジャ。

スンという名で出場するケベクは残り、サテクの護衛を希望するが、新人はいらぬと言うサテク。

お茶を飲むケベクにムジンを思い出すサテク。

ウンゴから、サテクは人を信用せず、心開かない。チャンスは少ないといわれたケベク。何度も試され、迷いは禁物だと。

サテクの護衛中、危険を承知で弓から自分の身で、サテクを守るケベク(スン)。

為済団のクィウンがケベクを試すため、襲撃したものとわかる。信用出来る男だと言うクィウン。

民の怒りは貴族と朝廷に向けられ、汚職した官吏・コンチョルは、都の外に帳簿とともに隠れている。事態が収まるまで待つと言う大佐平。

「殺しましょう。殺して口止めする以外に道はありません。大罪人をかくまえば危険です。」と、言うサテク。

チョヨンがコンチョルを捕まえる。
帳簿を入手するが匿名なのでわからず。大佐平が絡んでるので動揺するサテク。

「殺すしかない!」と、ケベクを呼ぶ。自分に仕える気があるのならと、命じる。

「誰の首ですか?」と、聞くケベク。
「それは・・」と、言うサテク。

続く・・

名前くらい言って欲しかったわ。
まあ、捕まった官吏コンチョルの事だと思います。

やっと、ケベクも父の志を継ぐ決意。弱い民のためを思い、剣を取りました。

サテクのそばにいれば、殺すチャンスはあるけれど、サテク1人を殺しても意味がないと、理解してるのです。

ウンゴと思いは同じ。沙宅家を滅ぼすつもりでしょう。

→ 英語字幕 韓国ドラマ イ・ソジン、ソン・ジヒョ出演「階伯(ケベク)」DVD VOL.1:1~18話(6DISC/+英...

↓読んだら応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ  
2つもポチッありがとうございます。とても励みになっています。

関連記事
スポンサーサイト



2012年02月08日 | Trackback(0) | 階伯(ケベク)

プロフィール

ブログランキング

カテゴリー

お知らせ

最近のコメント

楽天

楽天

お知らせ

最近の記事

楽天

ブログランキング

お知らせ

リンク

アクセスカウンター

オンラインカウンター

ブログ内検索

最新トラックバック

お知らせ

月別アーカイブ

RSSフィード

雑誌