きらきら光る 40話あらすじ

情けない男が多い中、スンジュンは頼れるのです。ナムボン、サンウォンはダメだわ。

出演 キム・ヒョンジュ、イ・ユリ、キム・ソックン、パク・ユファン、カン・ドンホ


40話

「なぜ、ここにいる!戻れ。」と、言うジウン。
「戻りません。ここはお父さんより、私を見てくれる。ジョンウォンより優先してくれる。生きた心地がする。私なんて、どうでもいいくせに・・地獄まで突き進みます。」と、言うグムラン。

スンジュン母は、自分をそばに置きたがってくれると言う。

スンジュン母に言う。
「式の日取りが決まったら、来て下さい。息子にはいい母親になれなかったけど、孫が出来たら、良い祖母になってください。・・孫が出来るまで努力します。でも、お母様が変わらなければ・・私も息子と一緒に出て行きます・・私にも選ぶ権利はあります。」と、言うジョンウォン。

良い祖母になれなければ、出て行くと告げるの。言葉が出ないスンジュン母。

離婚届けに、記入しようとするナヒを止めるウンジョン。

コ・ウネの家から、ジョンウォンとジウンが出て来て出会うソウ。

会社と株を戻したのかと、サンウォンに聞くナヒ。預けてるから大丈夫だと、言うサンウォン。

離婚すると、強行手段に出たのをジウンが合意、墓穴を掘ったというナヒ。

「離婚して。そうすれば財産の半分は確保出来る。」と、離婚を勧めるサンウォン。呆れるナヒ。

男に写真を撮られたので尾行したら、編集長・母の家だったと、ジョンウォンに言うソウ。
「なぜだろう?」と、ソウはジウンにも大事な話があると言う。

「サンウォンが、お義姉さんと自分の株を担保に・・編集長の母親からお金を借りました。」と、ジウン、ジョンウォンに言うソウ。
社屋も抵当に入ってると。驚く2人。

ナムボン手作りのお弁当を持って、グォニャンと海に行く。一緒にお弁当を食べながら、話を聞くグォニャン。

「一緒に死のう。お前が尻ぬぐいしてくれるから、父親でいられる。お前が見えなくなったら、何かしそうで怖い。自信がない・・・俺は臆病で根性もない。お前を守れない・・」と、泣き出すナムボン。

「わかった。一緒に死のう。私とあんたのせいで、子供たちが苦労する。失明した母親と、博打打ちの父親がいたら・・子供たちの人生を台無しにしてしまう・・」と、言うグォニャン。

死のう・・と、海に1人で入るグォニャンを止めるナムボン。

「なぜ、生きた屍のように扱う?目が見えなくなっても夢がある。やりたいことも、食べたいものもある。・・全部、やり遂げてから死ぬ・・見たくないものも見てきた。だから、目を閉じて、好きなものだけ見て生きていく・・」と、言うグォニャン。

ジョンウォンに会いに来るスンジュン。デボムが熱を出して試験前なので、子守をすることに。
3匹のクマを歌うスンジュンなの。

ジョンウォンの恋人と知り、中身も確認すると、銭湯に誘うナムボン。

サンウォンとナヒにすべて、取り戻せと激怒のジウン。大事な会社を、スンジュン母に預けてしまい、反省するサンウォン。

「離婚したいんだろ。捺印する。好きなように生きろ。」と、ナヒに言うジウン。

海外から電話があり、「母親ではありせん。間違いです」と、電話を切るソウ。夫は他界、アメリカにいる母親・イ・ジスはお店を開く予定。

「アメリカ人と再婚するため、息子を捨てた?」と、写真を見て考えるスンジュン母。

里親にたらい回しされ、ジウンが引き取ったソウ。
写真をイ・ジスに送れと、指示を出すスンジュン母。「女の弱みを探れ。なんとしても、味方につける。」と、言う。

出版社、知恵の森を買収したがってる人を集めろと。
「母と子の株を売れば、飛びつくはずだ。お前の株は最後に売る。他のやつに戦わせるんだ。」と、言うスンジュン母。

会社を売る?と、愕然のグムラン。ジョンウォンとスンジュンを別れさせるだけ・・と、思っていたグムランは驚く。

スンジュン母は何故、ジョンウォンをそんなに嫌うのかしら。息子を奪ったって事だけかな。

熱を出したデボムを看病するジョンウォン。プロポーズを受けたと知り、ショックを受ける。

銭湯に行って、母の事を話したと言うスンジュン。結婚を認めてくれたナムボンに言われたと。

「”垢のない人はいない。お前も垢がたまってる。一緒にきれいにして行こう。背中は互いに洗おう”と・・僕たちもそうやって生きて行こう。」と、ジョンウォンの手を握るスンジュン。

クマのぬいぐるみをプレゼントする。

イ・ジスが帰国すると知り、家に連れて来いと、命令するスンジュン母。

サンウォンにまだ、株を取り戻していないのかと聞くジョンウォン。多忙で予約待ち、会ってくれないと言うサンウォン。

不安を感じるジョンウォンは、契約書を見たいと言い出す。ソウがあるのを確認する。

「お母様は罠を仕掛けたの。」と、グムランの言葉を思いだすジョンウォン。

「私1人のためにパパの会社を?お望みなら、いくらでも罠にはまります。でも、この会社だけは渡せません。」と、決意のジョンウォン。

「私が罠になります。仕留めたければ、お母様が私の罠にはまって・・」と、思うジョンウォン。

ソウに話があると、車に乗せるスンジュン母。

帰国するイ・ジスを家に連れて行くグァンス。

続く・・

ソウの母親はまた、癖がありそうな人物です。派手なのでお金に動く人でしょうね。
ジョンウォンの罠とは?何か、考えてるようです。

スンジュン母の罠にかかれば・・スンジュンと別れるハメになるのでは。それとも、父ジウンを守るため、離れるのかもしれません。

スンジュンの優しい歌のシーンは和みました。クマを素直にプレゼントしないのです。
2人のやり取り、いつも可愛いわ。

ナムボンも情けない。グォニャンが可哀想。

お嬢様とビンボー娘が大逆転!?(5%割引/日本版)韓国ドラマ キム・ソックン、キム・ヒョンジュ

↓読んだら応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ  人気ブログランキングへ
3つもポチッありがとうございます。とても励みになっています。

関連記事
スポンサーサイト



2012年02月23日 | Trackback(0) | きらきら光る

プロフィール

ブログランキング

カテゴリー

お知らせ

最近のコメント

楽天

楽天

お知らせ

最近の記事

楽天

ブログランキング

お知らせ

リンク

アクセスカウンター

オンラインカウンター

ブログ内検索

最新トラックバック

お知らせ

月別アーカイブ

RSSフィード

雑誌