栄光のジェイン 8話あらすじ

ハラハラな展開がくせになるドラマですね。面接が面白かった。

出演 チョン・ジョンミョン、パク・ミニョン、イ・ジャンウ、ソン・チャンミン、イ・ギヨン


8話

レンガを多く入れたヨングァンをバカにするイヌ。
「運転手の息子には超えられない壁がある。それが俺だ。」と言うイヌ。

ジェインは「信じて待ってます」と、励ます。必死でレンガを背負い、屋上へと階段を上るヨングァン。

途中、イヌに階段で肩をつかまれ、落とされてしまうヨングァン。監視カメラで見ているソ・ジェミョン、秘書たち。

ジェイン、イヌは屋上に到着。
時間ギリギリになり、ジェインが「遅いから様子を見に行く・・」と言うのを止めるホンド。1歩でも、屋上から降りれば不合格だと言う。

レンガを背負い、屋上に来るヨングァンも合格となる。怒るヨングァンはイヌを殴る。

個人面接、イヌは自分を殴ったヨングァンの事で文句を言う。
ソ・ジェミョンが監視カメラを設置、階段でヨングァン相手に不正をした証拠があると言うホンド。

ヨングァンを罰するなら、階段で反則をしたイヌも、同じ処分にすると言うホンド。

個人面接、ヨングァンはイヌの事を指摘する。
「ソ・イヌはスーパー甲だ。人生で断念は簡単だ。それに断念はお前の特技だろ。あの扉を開けた瞬間、お前はソ・イヌに負ける。だから、野球でも勝てなかったはずだ。負けを認めろ。認めれば勝てる。貴様には夢があるからな・・」と、言うホンド。

ソ・ジェミョンは、映像のすべてを削除しろと怒る。

映像を見て、息子を殴ったヨングァンを怒り調べると、死んだ運転手・インベの息子を知るソ・ジェミョン。

ギョンジュに学歴が悪いことを指摘。
「運転手の息子に娘!お前がなんとかしろ。身の程を知れ。」と怒鳴るソ・ジェミョン。

ヨングァンに会い、「自信がないなら辞めなさい。恥ずかしいのは運転手の息子!と、言われることよ。」と、言うギョンジュ。
頑張るというヨングァン。

ジェインに、「2ヶ月だけ。終われば病院の仕事を探すわ。報酬もいいんです。」と、言われるヨングァン。

「あいつには出来るだけ、関わらないで欲しい。あいつの個人看護師か?今すぐ辞めさせたいけど・・事情があるんだろう。」と、言うヨングァン。

イヌの個人看護師は今まで何人もいたが、長続きしないと言う。

イヌの車で、スピードを出され腰を抜かすジェイン。
「子供の頃、交通事故の記憶があって・・スピードを出されるとパニックになるの。」と、イヌに言う。

そんなジェインをからかうイヌ。
「トラウマの怖さを知ってるでしょ。お父さんからの電話で発作を起こしてたわ。」と、言うジェイン。
「俺は1人息子だし、父は優しい・・トラウマなんかない!」と、否定するイヌ。

「いつになったら・・心を開いてくれますか?医師は病気を治し・・看護師は人を治癒します。」と、言うジェイン。

父に殴られ、木箱に閉じ込められた事を思い出すイヌ。
拉致ではなくて、ソ・ジェミョンのお仕置きなのかしら?

グンジャはジェインの部屋で、インベが出したジェインへの手紙、通帳を見つけて怒り出す。

ジェインを見て、インチョルが雇った看護人と知るイヌ母。似てる名前を知っている・・事故で行方不明の子・・と、聞いて驚くイヌ。

インチョルにジェインの履歴を聞き17年前、施設に入った子だとわかる。

動揺して父にはまだ、ジェインの名前を告げないで欲しいと、インチョルに頼むイヌ。

子供の頃、一緒に遊んだジェイン・・と、気がついた様子のイヌ。

「自己防衛が強く病気を認めません。」と、医師に告げるジェイン。
イヌの治療日誌をつけるようにいわれる。
「この病院で働きたいな。」と、思うジェイン。

廊下で、オ検事と出会うジェイン。オ検事はジェイン母のウンジュの様子を見に来てる。
この医師はウンジュ担当なのね。じゃ、ソ・ジェミョンの仲間なのかも。

家に戻ると、グンジャがインベの手紙と、通帳を放り投げる。
「騙したわね。このお金は何なの?お金があんたに流れてたと思うと腹が立つわ。亭主を早死にさせた!とまでいわれて・・」と、怒るグンジャ。

「違います。そのお金は院長に送ってくれたお金です。学費に・・」と、言うジェイン。

「そのお金は誰が作ったと?借金取りに苦しめられ、私がこの手で稼いだ。3千5百万。これでチャラになる。今すぐ出ていって!」と、怒鳴るグンジャ。

行く場所もなく、お金を返してもらうつもりもない。ただ、家族と一緒に暮らしたかった・・と、言うジェイン。
「疫病神!」と、ジンジュが荷物を投げる。

謝りに来ると待っていたが、本気で家を出たジェインに驚くグンジャ。帰宅するヨングァンは怒り、捜しに行く。

イヌに呼び出されるジェイン。

意識がハッキリして来るウンジュは、「ジェインを捜して。歩けるようになったらまず、あの男を殺す。ソ・ジェミョン・・悪党め!」と、つぶやく。

ホ・ヨンドに会うソ・ジェミョン。合格者は11人。残りの2人に息子が入るか、気にするソ・ジェミョン。

「1人だけ、生き残りそうなのがいました。”知足者富”・・を知ってますか?」と、聞くホンド。

ジェイン面接の時、レンガは1個だった。
「チーム長の望みを考えていました。それは答えになりませんか?」と、言うジェイン。
レンガには「”知足者富”」と書いてある。

ソ・ジェミョンに言う。
「意味は・・”足を知る者は富む” 私もびっくりしました。”人の欲を詰め込める袋はこの世に存在しない” これが私の望む答えです。」と、ホンド。

「それは誰だ?」と、名前を聞くソ・ジェミョンに、最後の2名になればわかるはず、と言うホンド。

ジェインを待つイヌは突然、父とインチョルが部屋に来たので驚く。

「面接は見た。お前がヨングァンを階段から蹴落としたこと。よくやった。お前がやった事で初めて気に入った。これからも、容赦なくしろ。ああいうヤツはつけあげる。」と、息子を褒めるソ・ジェミョン。
怯えるイヌ。

そこへ来るジェイン。
「お前は誰だ?」と、聞くソ・ジェミョン。

続く・・

イヌはジェインを子供の頃の・・と、思っています。だから、父親に知られたら危険と感じてるでしょう。

インチョルもそれは同じだろうけど、ジェインを使い会長の座から、ソ・ジェミョンを引きずり落とす計画です。だから都合良いのかも。
まだ、ジェインの存在が知られるのは早い気がします。

お母さんの意識が戻り、あの病院で働く事になるジェインになりそう。

↓読んだら応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ  人気ブログランキングへ
3つもポチッありがとうございます。とても励みになっています。

関連記事
スポンサーサイト



2012年02月27日 | Trackback(0) | 栄光のジェイン

プロフィール

ブログランキング

カテゴリー

お知らせ

最近のコメント

楽天

楽天

お知らせ

最近の記事

楽天

ブログランキング

お知らせ

リンク

アクセスカウンター

オンラインカウンター

ブログ内検索

最新トラックバック

お知らせ

月別アーカイブ

RSSフィード

雑誌