階伯(ケベク) 20話あらすじ

新羅に入り、金春秋と会う義慈です。

出演 イ・ソジン、オ・ヨンス、チョ・ジェヒョン、ソン・ジヒョ、チェ・ジョンファン


20話

怒るジンドク(チンドク)は、民に移住しないと命はないと脅す。収穫もさせず、食料を奪う。

ケベクが民を守り、私兵を連れ早く行けと、ジンドクに告げる。借りた米は秋に返すと。
王命に逆らう!と、ジンドクは何か企みそう。

新羅軍、兵士に言う。
「ここに来る前、陛下から密命を・・撤退に見せかけ敵を安心させ、一挙に西谷城を落とす策略だ。今ごろ、義直将軍が、1万の兵を率いてこちらに向かってる。」と、言うケベク。
牢に入ってる捕虜に嘘を言うケベク。

「処刑する前に逃がしてやれ、城主に告げるはず・・」と、言うケベク。

「援軍は来ない。居列城では敵の防御は難しい。あの話を聞けば、敵は城から出られない・・」と考えるケベク。

新羅を視察すると言うウィジャ。
重臣たちの状況を把握、地震の時、助けたので党項城の港の利用権を受け取るという。新羅と唐の外交も把握すると。

ウンゴに商団として、同行するよう言うウィジャ。新羅を偵察するのが本当の目的。

疲れが取れるというお香を、ウィジャの首にかけてあげるウンゴ・・突然、テヨンが来る。

ウンゴに嫉妬するテヨンでしょうね。妻に隠れて、内密にソンチュンたちと会うから。誤解されるわ。

群将の首を奪いに来たポリョは、相手がケベクで驚く。倒し、ポリョを投獄するケベク。

ジンドクは私兵と共に城を出る。

逃走した兵士は、ケベクが言った援軍1万が来る事を告げる。攪乱かもしれないと考える新羅。

ウンゴの商団と一緒に新羅に入るウィジャ。ソラボルに入り、キム・チュンチュと会う。

サテク家を追いだしたウィジャに、感銘したと言うチュンチュ。

ケベクは木の枝に鈴をつけ夜、新羅の城の周りを歩く。鈴の音がうるさくて寝不足、苛立つ兵士たち。

ポリョに自分と戦う前、新羅と戦うことを提案するケベク。承諾するポリョ。

支援米を送るウィジャは村を見たいと言うが、拒否するチュンチュ。女帝は寝込んでるので会えないとも。

唐から送られた牡丹の絵で、寝込んだと言う女帝。
ウンゴは自作自演と言う。
「李世民に怒りをあらわにする臣下と、そうでない臣下を見極める。計略したのは金春秋(キム・チュンチュ)でしょう。」と。

謎かけを解いたウィジャを笑うチュンチュ。
陛下に、「新羅が占領してる党項城の使用許可を願いたい。」と、言うウィジャ。

ジンドクが、自分の小作人だと民を連れ去ろうとする。抵抗するケベクに、上訴したという。王命に逆らったので、免職されるだろうと。

ケベクを投獄するジンドクをポリョが殺害する。
ケベクを解放するポリョ。

続く・・

ポリョと一緒に新羅を討つ!って感じのラストでした。
派手な展開はないので、地味な印象の20話かなあ。

新羅にいるウンゴとウィジャ。相手はキム・チュンチュです。「善徳女王」視聴時は、ユ・スンホ君が演じてました。

賢い役のようですね。ウィジャを謎かけで試したのです。
ウンゴがトンイのように謎を解いて、ウィジャの片腕のような存在になっていきそう。すると、ケベクとは結ばれないんでしょうか。
身分が違うから無理なのかも。

最初、貴族の名前がジンドクだったと思うのですが、この20話ではチンドクになってました。

【送料無料】 階伯(ケベク) DVD-BOX第1章 【DVD】

↓読んだら応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ  人気ブログランキングへ
3つもポチッありがとうございます。とても励みになっています。

関連記事
スポンサーサイト



2012年02月29日 | Trackback(0) | 階伯(ケベク)

プロフィール

ブログランキング

カテゴリー

お知らせ

最近のコメント

楽天

楽天

お知らせ

最近の記事

楽天

ブログランキング

お知らせ

リンク

アクセスカウンター

オンラインカウンター

ブログ内検索

最新トラックバック

お知らせ

月別アーカイブ

RSSフィード

雑誌