根の深い木 1話あらすじ

最高視聴率22.7%、「善徳女王」の脚本家が書いた作品なので期待が大きいです。原作小説も大人気です。

出演
イ・ド     (ハン・ソッキュ/ソン・ジュンギ)
カン・チェユン (チャン・ヒョク)
ソイ      (シン・セギョン)
チョン・ギジュン(ユン・ジェムン)

全24話 SBS 2011年
演出 チャン・テユ、シン・ギョンス
脚本 キム・ヨンヒョン、パク・サンヨン
原作 イ・ジョンミョン著『根の深い木

作家版シナリオ集


キャスト紹介はこちらをクリックしてください。


1話

1人、宮殿で考えるカン・チェユン(トルボク)。

「朝鮮では国王だけが歩ける道、”三道(サムド)”」ここを歩き、世宗を殺害する方法をイメージする。

失敗するので、時間短縮を考える。「時を待とう。成功率7割以下では動くまい」と。

出会った世宗に名前を聞かれ、「俺の名は、ハンジッコのトルボクだ。」と、言うチェユン。

1418年 世宗元年
領議政シム・オンの下男、カン・サンインが拷問を受けている。

カン・サンインは、「領議政シム・オン殿は無実でございます。」と、拷問に耐え叫ぶ。

罪人がいないのに問題は起きない。罪人を出させるのが、朝廷のやり方と言うチョ・マルセン。

「上王殿下のご意向です。」上王(世宗)と言う。
「カン参判が抗っても、決められた通りに事は進む。」と言うマルセン。

「あの方は国王様の岳父であるシム・オン殿です・・」と言うサンイン。

無実のシム・オンを罪人には出来ないが、マルセンにすれば、世宗の指示に従うしかない。

トルボクの父・ソクサムは、与太郎とバカにされるので、短気な息子が仕返しをする日々。

トルボクはタム(ソイ)から、絹の袋をもらう。「幸せを呼ぶ”福”の字よ。でも、糸が足りなくて」と、文字入りの袋を渡す。

1度見ると、何でも覚える記憶力の良いタム。タムのために紅入れを盗み、差し出すトルボク。

シム・オンの屋敷に、シム・ジョンを罪人として捕まえに来る兵士たち。君命と知り、驚く。

「カン・サンインが吐いたシム・オンら3人はまだ、黒幕を言いません。」と、太宗に報告するマルセン。
「答えは決まってるのになぜ、愚かにも抗う。」と、言う太宗。

昭憲王后の父が義禁府に捕まりそうになり、国王世宗に抗議するも、父の太宗は多くの人を殺害してる。
何も出来ない自分が歯がゆい世宗なの。

「カン・サンインは叔父の名をいわされた。ならば、叔父上は誰の名を?間違いなく父は、帰国すれば捕まります。父上を助けてください。」と、言う昭憲王后。

「助けてください」と、言葉で多くの人たちを思い出す世宗。

沢山の人を殺害した父を恨み、「お前には何も出来ない」と言われ続けた世宗。
「私には何もできません・・すまない。」と、昭憲王后に言う。
国王でありながら、父・太宗が実権を握り何も出来ない。

大逆罪であり、首謀者シム・オンを捕まえ、カン・サンイン、シム・ジョンの対質を・・と、言う貴族。
「毒薬は王が下す慈悲であろう。だが、その者たちは恩を忘れ、大逆の罪を犯した。おそらく国王は、毒薬の下賜を拒まれるはず。」と、言う太宗。

口答え出来ない国王。

「パク・スプ、シム・ジョンらは斬首。カン・サンインは車裂きにして見せしめにするべき」と、上書を読む世宗。
首謀者シム・オンも、明国から帰国後、捕まえるべき・・といわれる。

判を押せ・・と、暗にいわれ涙を流して承諾する世宗。
口答えすらも出来ない名前だけの国王、イ・ドなのね。

魔方陣と呼ばれる方陣に毒されるなと世宗に言う太宗。
「力を1つにまとめることが権力、それがイ・バンウォンだ。それ以外のものは・・死んだかのように何もしてはならない。いいな?」と、世宗に言う太宗。

結局、息子を王にしても何もするな!と、命令する暴君なのだわ。

シム・オンを助けようと、女官見習いに宮殿を抜けて、ソン執事に手紙を渡すように指示する世宗。

「国王の岳父を逆賊呼ばわり?」と、騒ぐ民たち。タムの父、コルサンがシム家の下男として捕まる。

屋敷に入れず、逃げろと言う内容の手紙をトルボクに託す女官見習い。
「父親は息子を守るもの。俺が行く。俺は与太郎じゃない。」と、トルボクに言うソクサムが行くことに。

シム・オンに密旨を渡すソクサム。
「軍への命令はひと所から出すべきである。よって挙兵し、国を正すべし。」と手紙を読み、驚くシム・オン。

書状を持っていると、捕まるシム・オン。
この手紙(密旨)はすり替えられたもの。

国王が、シム・オンに送ろうとした密旨を太宗に見せるマルサン。
「密旨が入れ替わった!」と、驚く世宗。

「私が呼ぶまで、明の国でお過ごしください。今はそれしか道がありません。」と、世宗の密旨を読む太宗。

タム、トルボクも捕まり、ソクサムはシム・オンが代理で書いた遺書を握り亡くなる。

シム・オンは世宗をかばい、毒を飲み自害。
太宗はシム・オンは思慮深いから、密旨で国王に迷惑をかけず、自ら死を選ぶだろうと考え通り。

「殿下に迷惑をかけずに・・父は弁明もせず、ひと言も発せず、死んだのです。あなたのせいです。」と、昭憲王后から言われる世宗。

「誰が殺した?」と、泣き叫ぶトルボク。

続く・・

重い内容ですね。拷問や暴君の登場でやや、サクサクと書けない状況です。

専門用語、漢字も難しくて。
登場人物の名前もわからない人が多いです。もう少し、見ないと名前を覚えられないです。

最初の数分は、大人になったトルボク(チャン・ヒョク)が宮殿に入り、父の仇としてイ・ド殺害を計画してるシーンでした。
ここではもう、ソン・ジュンギ氏ではなくて、ハン・ソッキュ氏がイ・ドを演じてました。

本当に暴君の太宗です。
まわりの貴族たちも、息子の世宗(イ・ド)すらも何もいえない。出来ない状況です。

無実の者が沢山、殺されてしまい胸を痛める世宗です。その様子を優しいお顔のソン・ジュンギ氏が見事に演じてますね。
「トキメキ成均館スキャンダル」の雰囲気とは違う大人の印象でした。

幼馴染みのタムはいずれ、ソイという名前に変わります。時代劇では有名な豪華キャストも多く、今後の展開も楽しみです。

原作が連続殺人事件のサスペンスらしいので、書くのが難しそう。
頑張って完走したいです。
スカパーKNTVの視聴です。応援、よろしくお願いしますね。

【送料無料】根の深い木ー世宗大王の誓いー<ノーカット完全版>第三章(最終章)

↓読んだら応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ  
2つもポチッありがとうございます。とても励みになっています。

関連記事
スポンサーサイト



2012年03月17日 | Comments(3) | Trackback(0) | 根の深い木
コメント
度々すみません。
ルッカさま

ルッカさまに以前コメントしたのは「私の心が聞こえる?」ではなく「逆転の女王」でした。
重ねてお詫び申し上げます。

上記で書き込んだページ、シム・オンのくだりは1話と関係あり参考になるのですが、登場人物紹介ページはストーリーに繋がりうるものだと思い至りました。
(韓国の歴史や人物について分かりやすく紹介してはいるのですが…。)

本当に不用意に書き込んでしまい、申し訳ないです。
ルッカさまの方で私のコメント全て破棄していただけますでしょうか?
お手をわずらわせてしまいすみません。

今後ともあらすじ、楽しく拝見させていただきます。
本当にすみませんでした。

つなこ。
つなこ。 URL 2012年03月19日 03:25:30 編集
つなこ。さんへ
つなこ。さん、お久しぶりです。
コメント嬉しいです。
ネタバレとリンクの貼り付けはダメなのです。なので、上のコメントは承認出来ません。
白紙の状態でドラマを視聴するのが好きです。
ご丁寧にありがとうございます。終わってから参考にさせてもらいますね^^

「太陽を抱いた月」「王女の男」もいずれ視聴します。
現在、KNTVのドラマをメインに10本のレビューを書いてます。
多忙にてブログでは最近、コメントの返事を書いていませんが、ツイッターではおしゃべりしています。
良かったら、フォローしてくださいね。

メルアドだけで、無料登録可能です。
私のツイッターアカウントは、「@Lucca__kdrama」です。コピペしてください。
これからもよろしくお願いします。
ルッカ URL 2012年03月19日 12:29:18 編集
こんばんは^^
ルッカさま、ご無沙汰しております。
ここ1か月ほどルッカさまのブログ拝見できませんでして、久しぶりに拝見したところ、上記コメントにお返事を頂いていたので…。

私が誤ってコメントしたにも関わらず(しかも何度も…)丁寧にお返事いただきましてありがとうございます。
ツイッターアカウントまで教えていただいて…。
一言お礼を申し上げたく、コメント入れさせてもらいました。

KNTVでは根深い木も10話まで進んでいるのですね^^
これからもルッカさまのブログ、楽しく拝見させていただきますね^^
つなこ。 URL 2012年04月21日 00:51:14 編集

管理者だけに表示する

プロフィール

ブログランキング

カテゴリー

お知らせ

最近のコメント

楽天

楽天

お知らせ

最近の記事

楽天

ブログランキング

お知らせ

リンク

アクセスカウンター

オンラインカウンター

ブログ内検索

最新トラックバック

お知らせ

月別アーカイブ

RSSフィード

雑誌