階伯(ケベク) 27話あらすじ

ウンゴとウィジャの取引をそろそろ知りそうな展開です。

出演 イ・ソジン、チョ・ジェヒョン、ソン・ジヒョ、チェ・ジョンファン


27話

ウンゴが、キム・チュンチュを殺したがる理由がわからないケベク。

「殺せば、ウィジャの信頼を得る。そして、キム・チュンチュと結託していた皇后勢力は萎縮。太子任命でも優位に立てる。」と、言うソンチュン。

同志以外は敵・・とウンゴは沙宅に似ていると言うフンス。貴族を味方につけ、朝廷をものにする気のウンゴと考える。

会議で、キム・チュンチュを生かす・・と結果が出るが従えないと言うウィジャ。反対する貴族たち。

王室に逆らうなら、政事厳会議を廃止すると言い出すウィジャ。賛成だが、今は時期ではないと言うウンゴ。
キム・チュンチュを証拠を残さず、殺害することを提案。
安堵のウィジャ。

最初から、キム・チュンチュを殺すつもり・・政事厳会議など意味はないと言うフンス。

キム・チュンチュの部屋に、毒香を焚くがチョヨンが気がつき、ケベクが助ける。

ウンゴに毒香を見せ、キム・チュンチュ殺害を計画しただろう・・と、見せるケベク。とぼけるウンゴは、この件から手を引くように言う。

「忠告ではなく警告です。なぜ、私に背くのです。将軍のためなのに。」と言うウンゴ。

「過去にこだわらないで。私のためと、思わないでください。国と民のために生きてください。」と、言うケベク。

「なぜ、変わってしまったのですか。戻ってください。昔のあなたに・・」と、言うケベク。
「あの頃のウンゴはもう・・百済にいません。信じた人に騙され、ずっと昔に死にました。」

毒香とは無関係だが、キム・チュンチュに怒りを覚える百済人の仕業・・調べると言うウンゴ。

毒香は失敗、ケベクが部屋に来たのはウンゴが教えた?と、疑うウィジャ。
「信じてください。私は臣下です。次は成功させます。」と、言うウンゴ。

心はケベクに・・体だけ取引で、結婚したと言ったウンゴを信じられないと言うウィジャ。

「信じられないなら、捨ててください。」と言うウンゴ。

ムングンが、キム・チュンチュを迎えに来て脱出する。新羅が?と、考えるケベク。

ケベクが逃がした?と、考えるウィジャは必ず、捕まえろと指示を出す。殺す時は命令すると。

チョヨン、トッケたちとキム・チュンチュを追うケベク。連れ出したのは、ムングンとわかり驚く。

「俺は新羅人だ。お前と同じ地にいるのが嫌で、新羅に渡った。斬れるなら斬ってみろ。」と言うムングン。
ケベクが勝つが殺せない。

キム・ユシンが来て、キム・チュンチュを連れ去る。
「高句麗にかかりきりで、多くの城を手放したが、すぐにすべてを取り返す。だが、今日ではない。」と、言うキム・ユシン。

「手応えある大将がおらず、物足りなかった。お前なら喜んで相手してやる。」と、言うケベク。1万の新羅軍に驚くケベク。

キム・ユシンがキム・チュンチュを迎えにと知るウィジャ。
奪った40の城のうち、4つが連破され驚く。
「キム・ソヒョンの部隊がカジャム城に向かい、大耶城からも援軍を送ったそうです。」と、報告を受ける。

これがキム・チュンチュの目的と考えるウィジャ。
「今こそ、大耶城を討つ時です。」と、ソンチュンに言うケベク。新羅に近いので、援軍が来るのは承知。

「カジャム城を守らず、大耶城を討つ・・」と、驚くウィジャ。

「敵がカジャム城を狙ってる隙に、防御するふりをして大耶城を討ちます。」と、言うケベク。

「大耶城を落とせば、40の城や、党項城の攻撃を上回る成果だと思います。」と、言うソンチュン。

「主力部隊をソラボルに足止め、百済だけで党項城攻撃も可能です。」と、言うケベク。
笑うウィジャ。

カジャム城を守らず、大耶城攻撃をすると言うウィジャ。
「大耶城は・・私自ら親征する。」と、発言する。
驚くケベク、貴族たち。

「将軍が用意した食事を・・自分が食べようというのね。」と、考えるウンゴ。
ほんと、ケベクの考えを横取りだわ。

大耶城を攻撃するが、防御が強く3日かけてもダメ。先鋒のケベクも疲れている。

フンスは城主・品釈の裏を探る。
許嫁を品釈に奪われたコミル。ふた月で亡くなり、復讐を考えていると言う。

コミルが穀倉に火をつけ、城門を開く。城内を混乱させる作戦。
ケベクが行くというが、負担をかけすぎたと、先鋒から外すウィジャ。殷相に先鋒を命じる。

ケベクに手柄を取らせないためだわ。

敵の援軍を監視する護衛にまわされ、驚くチョヨンたち。

ウンゴとイムジャが来る。
援軍監視となり、良かったというウンゴを、沙宅に似ていると言うフンス。

城主が降伏、大耶城が陥落する。

問題があると言うチョヨン・・降伏した新羅の兵士を百済の民にせず、皆殺しにするウィジャ。
今後、百済を見れば恐怖を覚える・・と言うウィジャ。

「城主、金品釈と妻を斬首にする。」と、言うウィジャ。止めに向かうケベク。

「降伏すれば、命は助ける約束・・」と言う金品釈に、約束はしていないと言うウィジャ。
殷相が約束をした。

キム・チュンチュは自分を騙し、侮辱したと斬首を命令する。

止めに来るケベク。「戦場に約束などない。」と、言うウィジャ。

「信義は我軍だけでなく敵にも貫くもの。これを壊せば、残酷な殺りくだけが残ります。」と、言うケベク。

怒るウィジャはケベクに斬首を命令する。
「達卒、ケベク・・戦場での抗命は死刑だ。早く命令に従え。」と、言うウィジャ。

「わたし・・ケベクは陛下の卸命に・・従うことは出来ません。」と言うケベク。
驚くウィジャ。

続く・・

やりたい放題のウィジャですね。暴君だわ。ケベクは武将らしく男らしい。
降伏した敵を殺すなんてあり得ない。

ケベクに嫉妬するだけでなく、敵に対しても狂気なウィジャです。
こんな王なら百済は負けるわ。

↓読んだら応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ  
2つもポチッありがとうございます。とても励みになっています。

関連記事
スポンサーサイト



2012年03月27日 | Trackback(0) | 階伯(ケベク)

プロフィール

ブログランキング

カテゴリー

お知らせ

最近のコメント

楽天

楽天

お知らせ

最近の記事

楽天

ブログランキング

お知らせ

リンク

アクセスカウンター

オンラインカウンター

ブログ内検索

最新トラックバック

お知らせ

月別アーカイブ

RSSフィード

雑誌