階伯(ケベク) 28話あらすじ

ウンゴが怒りで狂いそう。すでに狂ってるとしか思えない義慈。百済の行方は・・

出演 イ・ソジン、チョ・ジェヒョン、ソン・ジヒョ、チェ・ジョンファン


28話

「従えません。」と、言うケベク。
「そう言うと思った。私に逆らって死んでも、敵に礼を尽くした将軍として歴史に残る。皇命に背いた罪人を投獄せよ。サビへ送り、斬首刑にしてくれよう。」と、言うウィジャ。

城主、金品釈と妻を殺し笑うウィジャ。

娘を殺された事を知り、激怒のキム・チュンチュ。

フンスがケベクを殺せば、百済の土台が消える・・と、止める。
「ケベクがいなければ百済は無力だ。そう言いたいのか?証明してやる。ソラボルを攻撃する!」と、言うウィジャ。

誰にもウィジャを止められない。逆らえば殺される。

ソラボルへ出陣中、新羅の奇襲を受け、行方不明になるウィジャ。

ウンゴはケベクにウィジャを捜すよう指示、ウィジャを助ける。

落馬したウィジャの容体が良くないので治療を続ける。

全面戦争中、意識不明のウィジャだが、戦争を止めることは出来ない。キム・チュンチュの娘夫婦を殺害、百済がしかけた戦争。
新羅が復讐で襲ってくると貴族は話す。

民の士気が下がるので、倒れたことは隠して宮殿に戻るウィジャ。

ウィジャが意識不明の重体、軍を統一するべき大将軍には、ケベクが適任と案が出る。

テヨンに聞くと、ウィジャが知れば憤慨する・・と、言う。説得するフンス、ソンチュンたち。

テヨンも悩むが許可する。
大将軍に任命されるが、辞退する・・と言うケベク。ウィジャが警戒してるのを思いだし、遠慮する。

「国のためを思って引き受けてください。陛下は死ぬまで、将軍を恐れるでしょう。罪を犯したのだからやむおえない。」と、言うウンゴ。
「罪とは?」と、聞くケベクに答えないウンゴ。

ケベクが淵蓋蘇文のようになるかも・・と、不安が大きいウィジャ。

大将軍になるケベク。敵はキム・ユシン。甘く見てはいけないと、防御に徹する作戦。

チョヨンに、高句麗のヨンゲソムンへの書状を託すケベク。
「高句麗が南進すると、新羅の間諜の耳に入れておいた。」と、言う。

「高句麗と手を結び、党項城を攻撃すると噂を広め、敵を錯乱させる。ヨンゲソムンは、古都を取り戻そうとしている。・・書状を見れば、娘臂城を攻撃する。そうなれば、新羅も百済との戦いに慎重になるだろう。」と言うケベク。

噂を聞き、娘臂城の防御に入るキム・チュンチュ。「必ず、百済を滅ぼしてやる。」と言う。

新羅軍が撤退、カジャム城、大耶城も無事と報告を受ける貴族たち。

テヨンは政事に疎い。早く太子を決めようとソンチュンに言うフンス。
「まだ、幼いが我々が補佐すればいい。泰王子は人の意見に耳を貸す素直な性格だ。」と。

条件があると言うソンチュン。
「王としての才能が不明だから、長子継承に準じるだけだ。それなら同意する。」と、言う。
「泰王子を太子にしよう。」と、言うフンス。

喜ぶテヨンはケベクにも賛成して欲しいと、説得を頼む。中立を守ると言い張るケベク。

太子任命に不利なウンゴは苛立ち、ケベクを利用しようと考える。

「太子になれなければ、孝は生きられない。」と、チョヨンに言うウンゴ。
ケベクはウンゴに会うのを避けるので、チョヨンに会わせて欲しいと頼む。

ケベクに会い、孝を助けて欲しい・・太子にするのだと言うウンゴ。
「政事には関わりたくありません。」と、言うケベク。

「あの時・・皇帝陛下の陰謀で、あなたと引き裂かれた・・孝が即位すれば・・私はあなたの元に帰ります。」と、言うウンゴ。
驚くケベク。

男に、「陛下の命令で、先帝陛下に上訴したのは本当か?モク家を粛清したのも・・すべて皇帝陛下の計略だったのか?」と、聞くケベク。
間違いありません・・と、言葉に驚く。

この事を知るのは、内臣佐平と内頭佐平と知るケベク。

意識のないウィジャに、「私がお嬢様を慕ってるのを知り、卑怯にも罠をかけて・・私から奪ったのですか・・」と、言うケベク。
陛下の陰謀に翻弄された・・とつぶやく。

フンスとソンチュンを呼び出すケベク。
「もう主君はいません。あの日、ここで誓った約束を破った者がいます。」と、言う。自分は、義兄妹の約束を忘れたことはないと。

ケベクが知ったとわかり、謝罪するフンス。
「これから、どう生きればいい・・」と、悩むケベク。隠す事が最善だったと告げるソンチュン。

村で飲むケベクは、「ケベク将軍がいるから、安心して暮らせる。」と、民の会話を聞く。

ケベクに「皇帝のためではなく、民のために国を守れ。お前を信じる民を守ることだ。忠義というのは、お前を信じる民に真心を尽くすことだ。」と、言うソンチュン、フンス。

「お前は百済の大将軍なのだ。」

ウンゴと会うケベク。
「陛下ではなく、この国に忠義を尽くすのです。お嬢様自身を百済に捧げ、自分自信も百済に捧げました・・国が必要とする限り、この苦痛に耐えるのです。」と、言うケベク。

ウンゴからもらった香袋を返し、太子に支持することは出来ないと断る。

「お嬢様・・」と、呼ぶケベクを叩くウンゴ。

続く・・

ウンゴを怒らせてしまいました。
沙宅化しそうな怪しい雰囲気です。愛よりも、息子を選ぶウンゴだと思います。

母の力は強いから、今後は息子を太子にするためには何でもしそうです。今までよりも、パワーアップしたウンゴを期待してます。

ウィジャはそのうち起きるでしょう。
国に尽くすのなら、今後のケベクはウィジャの言うことも聞かない気がします。

大将軍とウィジャがこんな関係じゃ国が・・。

『朱蒙』チーム再集結!超大作時代劇!イ・ソジン、チョ・ジェヒョン「階伯(ケベク)」DVD-BOX 最終章(日本版)

↓読んだら応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ  
2つもポチッありがとうございます。とても励みになっています。

関連記事
スポンサーサイト



2012年03月28日 | Trackback(0) | 階伯(ケベク)

プロフィール

ブログランキング

カテゴリー

お知らせ

最近のコメント

楽天

楽天

お知らせ

最近の記事

楽天

ブログランキング

お知らせ

リンク

アクセスカウンター

オンラインカウンター

ブログ内検索

最新トラックバック

お知らせ

月別アーカイブ

RSSフィード

雑誌