きらきら光る 50話あらすじ

ジョンウォンがグムランの道を歩いてる感じです。耐えられるのか。

出演 キム・ヒョンジュ、イ・ユリ、キム・ソックン、パク・ユファン、カン・ドンホ


50話

福祉団体のリストを見るスンジュン。
お金を寄付させるのかも。

病院
グムランに「原本は私が持ってるの。やはり、お母様を訴えることは出来ないわ。彼はヨリを戻す気はないけれど、私が彼のそばにいたい・・だから、警察にいうことは出来ない。」と、言うジョンウォン。

「原本を持ってると危ないわ。」と、言うグムラン。

金貸しの仕事を辞めるのなら、焼却する約束を話して、「仕事を辞めると言ってくれた・・」と、説明するジョンウォン。

グムランなら、あれがウソだとわかるはず。そしてジョンウォンを尾行してる男の顔を覚えてる。

ジョンウォンを尾行、病院内で待っている男。

「原本を渡しなさい。お母様は気持ちで変わる人じゃない。」と、言うグムラン。

「あなたを危険な目に遭わせたくない。私と彼が結婚すれば、お母様を変えてみせる。危なくても真っ向、勝負するわ。」と、言うジョンウォン。

狙われるのを覚悟、待っているというジョンウォンなの。会話を廊下で聞いているナヒ。

「お母様、どうするつもりですか?彼が私の人生の一部になった以上、見捨てることは出来ません。人生は負けた時ではなく・・あきらめた時に終わります。」と、考えるジョンウォン。

家のまわりにいる男。
「グムランを山に埋めた借金取りでしょう。覚えてます。この家の人に何かしたら・・力では負けるけど、法では勝ちます。」と、言うデボム。

借金取りが変装していた・・と、知るジョンウォン。

グムランに、原本をジョンウォンから取り戻して欲しいと言うナヒ。「あの家に嫁にやるなんて!あの女を許せない。懲らしめてやる。」と、言うナヒ。

ジウンと話すナヒ。
「本当にサンウォンを主夫に?ウンジョンを編集長に?」と、聞くナヒ。

「スンジュンを社長にしたい。今回のことで、より欲しくなった。ジョンウォンの相手にも彼以外いない。信じてくれ。」と、言うジウン。

豆もやしのスープを真剣に作るサンウォン。不味くても、ジウンだけは食べてくれる。

退院して、グォニャンの家に来るグムラン。ジョンウォンと暮らしてみるという。喜ぶグォニャン。

「君の家だ。安心しろ。君の家族だ。」と、グムランをハグするデボム。

デボム、ステキだわ。

辞表を出すスンジュン。ジョンウォンのオンライン書店の祈願をする。

「お母様を変えてみせる。そのためには、私が犠牲になる・・そうすれば、私の気持ちが伝わると思う・・」と、ジョンウォンの言葉を思い出すグムラン。

「別れたことにしましょう。もう1度、あなたを振り向かせてみせる。私を愛させてみせる。あなたが好き・・」と、スンジュンの後ろ姿に言うジョンウォン。

やり直したいと、叫ぶジョンウォンを無視するスンジュン。

家にはグムランの思い出がいっぱい。涙を流すグムラン。
家族に愛されてるのを感じるの。

ジョンウォンに、「テランにも言うべきだが・・ミランは耐えられるだろうか・・目が見えなくなるなんて・・言えない。」と、言うナムボン。

男に気がつくグムラン。

グムランがグォニャンの家にいると知り、「なぜ、うちに来ない。誰を守るつもりだ?」と、考えるスンジュン母。

「努力してもダメな事もあるわ。あなたは1度も失敗してないからよ。編集長のお母様もそう・・努力してもあの人は変わらないわ。もう、あきらめなさい。」と、ジョンウォンに言うグムラン。

スンジュン母の中にも、善が残ってる・・と言うジョンウォン。

本の中から偶然、原本を見つけるグムランは奪う。

男に拉致されるジョンウォンは、グムランと同じように、山に連れて行かれる。

続く・・

グムランと同じように、穴に埋められるジョンウォンです。深い穴だから、自分では出られないはず。

どうやってこの危機を乗り越えるのか。ジョンウォンの場合、楽しそうです。

残り4話ですね。終わるのが寂しい。
グムランもジョンウォンと一緒に暮らして、幸せになって欲しい。今は姉妹のように隣で寝る2人です。
もうすぐグォニャンの目も見えなくなりそう。

2人の気持ちはあるのだから、問題はスンジュン母ですね。

【送料無料】きらきら光る DVD-BOX3

↓読んだら応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ  人気ブログランキングへ
3つもポチッありがとうございます。とても励みになっています。

関連記事
スポンサーサイト
2012年03月29日 | Trackback(0) | きらきら光る

プロフィール

ブログランキング

カテゴリー

お知らせ

最近のコメント

楽天

楽天

お知らせ

最近の記事

楽天

ブログランキング

お知らせ

リンク

アクセスカウンター

オンラインカウンター

ブログ内検索

最新トラックバック

お知らせ

月別アーカイブ

RSSフィード

雑誌