私も、花! 2話あらすじ

泣いてるボンソンに心寄せるジェヒでしょうね。

出演 イ・ジア、ユン・シユン、イ・ギグァン、ハン・ゴウン、ソ・ヒョリム


2話

ジェヒに告訴すると言われ、苛立つボンソン。「理由もないのに蹴られた。」と、足を見せるジェヒ。

「難癖つけて愛想もない。短気で、彼氏がいないから欲求不満だろう!」と、までいわれてしまう。
ジェヒはボンソンより年下、家も近い事がわかる。

「告訴は保留。」と、いわれるが「訴えなさいよ!」と、ジェヒに噛みつくボンソン。

カウンセリングを受けろとまで言われ、激怒するの。まわりは示談で・・と、言うけれど、自分の胸のサイズまで指摘され、不愉快なボンソン。
でも、噛みつくのはやりすぎな気がするわ。


「人を噛みました。精神科に行けと・・私は正常でしょう?」と、医師のテファに報告するボンソン。
「個性的・・」と、自分を理解する。
テファから、うつ病と言われショックを受ける。

和解しようと、お寿司を持ってくるジェヒはまた、ボンソンの地雷を踏み、手錠をかけられてしまう。
短気なボンソンに呆れるジェヒ。
賄賂は嫌いなの。

ボンソンは口は悪いけれど、心は優しいのよ。1人暮らしのおじいさんの世話をしたり。警察を便利屋のように扱う頑固なおじいさん。
「国民のパシリよ。最近の人は警官を見下してるわ。」と、言うボンソン。

うつ病といわれたボンソンは、マルにうつ病の人を見たことあるかと聞く。
「ありますよ。暗くてすぐに別れた。先輩とは正反対です。」と、言われる。
「そうよね。」と、納得するボンソン。

自分がうつ病とは認めたくないのよね。信じられないのだと思う。元気で食欲もあるから。

キム・ダルは家柄、お金の条件で男と交際中。
自分の父親は韓国大学の教授、母は良妻賢母・・と、大嘘で玉の輿を狙う。

ウソがバレて、購入した300万のコートをデートに着用して、払い戻すつもりがコートを汚してしまう。

お金もちのふりをしてるけど、家賃も払えない状況のダル。

短気ですぐに皮肉を言うので、友達はいないだろうと、テファに指摘されるボンソン。

カウンセリングというよりは、雑談のような2人ね。
友達はいると答えるボンソン。

嬉しいことがあると、喜び、嫌なことがあれば怒る・・ボンソンの場合は、非定型うつ病・・と診断される。

仕事中、パソコンでうつ病を真剣に調べるボンソン。
ジェヒが来てからかうので、
「私と寝たい?感謝するわ。ご無沙汰なの。」と、服を脱ぎ始めるボンソン。

驚くジェヒだが、ムキになり自分も服を抜いで、パンツ姿になった時、マルが来て変態扱いされてしまう。
動揺するボンソンと、逃げるジェヒ。

ボンソンを好きなマルに協力する、手を貸すと言うジェヒ。

騙した男の会社で、「お腹は子は4ヶ月なの。おろせないわ・・」と、演技するダル。恥をかかせ、お金をせびる計画。呆れる男。

ファヨンの子を預かるジェヒ。

ダルの部屋に母が来て、田舎に帰ろうというが、嫌だと抵抗するダル。

隣の部屋の人が面白かった。

警察に来た迷子の頭をコツンとするボンソン。母親が来て、暴力と騒ぎ出す。上司に注意され、公園で1人、落ち込む。

ボンソンを見て尾行するジェヒ。

テファに電話するボンソン。「先生のせいでストレスです。」と言う。

「それは治療の効果がある証拠だ。誰だってストレスになる。質問攻めじゃ・・。自分の嫌な一面には目を背けたくなるのが人間です。一生、背ける人間もいれば、勇気をだして向き合う人もいる。」と、言うテファ。

「先生・・私は自分が嫌いです。こんな自分が嫌です・・」と、泣き出すボンソン。
泣いてるボンソンを見つめているジェヒ。

続く・・

ボンソンは寂しいのでしょうね。
とても正直で、曲がったことが嫌い。だから、自分が損をしても正しいことを言うタイプのようです。

警察官という職業、国民に文句を言えない立場だから、ストレスがたまり、うつ病になってしまったのかもしれません。

理不尽な事に苛立ち、感情をコントロール出来なくなってるのだと思います。生きるのが不器用なボンソン、可愛いヒロインです。

面白くなって来ました。ジェヒの愛で治る事を期待です。

↓読んだら応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ  
2つもポチッありがとうございます。とても励みになっています。

関連記事
スポンサーサイト



2012年03月30日 | Trackback(0) | 私も、花!

プロフィール

ブログランキング

カテゴリー

お知らせ

最近のコメント

楽天

楽天

お知らせ

最近の記事

楽天

ブログランキング

お知らせ

リンク

アクセスカウンター

オンラインカウンター

ブログ内検索

最新トラックバック

お知らせ

月別アーカイブ

RSSフィード

雑誌