栄光のジェイン 17話あらすじ

テント依頼のおじいさんはやっぱり・・訳ありでした。

出演 チョン・ジョンミョン、パク・ミニョン、イ・ジャンウ、ソン・チャンミン、イ・ギヨン


17話

イヌに手をつかまれ、動けないソ・ジェミョン。手を下ろす父を驚き見つめるイヌ。

ジェインを連れて外へ行くが、戻ろうと言うジェイン。

イヌ母が怒る。「誰の子でも関係ないわ。出ていって。うちの平和を壊した!」と、騒ぐ。

20年前のテントを修理して欲しいと、会社のロビーに座り込むおじいさん。ヨングァンが、テントを修理すれば、顧客になると条件を出す。

チュ代理に告げると、20年前のテントであり商品はない。部品もないと知り慌てるヨングァン。
「お前が責任を取れ」と、言うチュ代理。

グンジャの店の大家さんが来る。
「保証金を返すわ。だから出て行って。この店を相場の倍で、買ってくれた人がいるの。」と、言う。

驚くグンジャが聞くと、買ったのはユン・ジェインだと言う。

ヨングァンが、
「ジェインはそんなことはしない。大金も持っていないし・・ソ会長の仕業だ!」と、言う。
「例え、ジェインでも、責めることは出来ないの。」と、言うグンジャ。

ヨ・ウンジュを監禁するインチョルは、騒げばジェインの身が危険だと教える。
「ジェインを知ってるのね?」と、驚くウンジュ。

ソ・ジェミョンに、文句を言いに行くヨングァン。
「貴様が、私の忠告を無視するからだ。次は貴様の足をへし折る。」と、言う。

ジンジュがジェインに会いに来る。
「確かに・・パパはあなたに許されない罪を犯したわ。でも、ママは謝ったし・・お兄ちゃんはあなたに尽くした。・・・何よりも、家族全員があなたのことが好きだったのよ。なのに・・私たちを苦しめる。
店を買い取ったでしょ。奪うなんてひどい・・」と、泣き出すジンジュ。

叫ぶヨングァンを見るジェイン。
「何か、あったんですか?」と、聞くと、「チュ代理がひどい・・」と、笑顔でウソを付くヨングァン。

「また、ウソを・・笑顔で平気なふりをしてる。」と、考えるジェイン。

ジェインを心配するヨングァン。「平気よ。徹夜しただけ。」と、笑顔で笑うジェイン。

「また・・笑顔で平気なふりをしてる・・」と、理解するヨングァン。

役員会議をすると言うソ・ジェミョン。

ギョンジュは増資の事かと・・と、インチョルに報告する。「増資の金をどうするのか・・」と、考えるインチョル。

テントの修理依頼のおじいさんは靴磨きをしていた。
店に行くヨングァンは、靴で人がわかる・・と、いうので靴を見てもらう。
「短気でせっかちな野郎だ。人1倍意固地だな。部品がないんだろう?」と、言うおじいさん。

新しいテントを提案するが、息子が死ぬ前に買ってくれた特別なテント。買い換えることなど出来ないと知るヨングァン。

チュ代理に部品を聞くが、人の心配をしてる場合ではないと言われる。試験中のヨングァン。

「部品がないでしょう・・」と、グンボクと課長が下請けのリストをみせてくれる。
みんなでテントの部品を探しに工場へ行く。

店の事は、ジェインに聞かないヨングァン。「お前の仕業じゃない事はわかってる。」と。

工場で、部品を探すヨングァンたちは突然、電気が消えて驚く。

棚が倒れ、足を負傷するヨングァンはソ・ジェミョンの言葉を思い出す。

チュ代理はヨンドの指示で来ていた。「事故を防ぐため、お前も行け・・」と。
棚が倒れた時、部品が見つかり喜ぶジェインたち。

グンボクが怪しい。

「あいつも無理だったか・・」と、思うおじいさん。

約束通り、テントを修理するヨングァンに感激する。
「あと20年は使えます」
「息子の命日なんだ。こうして空を見上げた・・」と、言うおじいさん。

足のケガを説明するヨングァン。「これで生涯、俺の顧客ですよ。」と言う。

ソ・ジェミョン家族と食事するジェイン。
「サインします。その代わり、店をください。店の権利書をくれたらサインします。」と、言うジェイン。
喜ぶソ・ジェミョン。

ジェインの写真を見るヨ・ウンジュ。
「時間がありません。役員会議で、増資案を通すかと・・そうなれば、奥様の持ち株比率も下がり、会社が会長の手に落ちるのを見るしかありません。」と、ウンジュに言うインチョル。

ジェインは、母が亡くなったと言われている。
「私が出席するしかないわね・・あの男に会いにいくわ・・」と、言うウンジュ。
自分で、役員会議に出席する決意をする。

ウンジュをその気にさせるインチョルね。その後で、自分が奪う気なのかしら。

同意書に、サインするジェインは登記権利書を受け取る。「会社は俺のものだ・・」と、笑うソ・ジェミョン。

店に権利書を置いていくジェイン。
「今度、ママと行きますね。」と、メモを読んで感激するグンジャ。

母が病院にいる・・と知り、病室に向かうがインチョルと出会うジェイン。

テント修理を依頼したファン氏と会うソ・ジェミョン。規模の拡張のため、増資の相談をする。
「貸して頂けますか?」と、聞く。

本当はお金持ちのおじいさん。

ウンジュは服を着替え、車イスで外出する。すれ違っていたジェイン。

病室にいない母。
「ママをどこに隠したの?」と、インチョルに叫ぶジェイン。

続く・・

ウンジュは役員会議に出席しそうです。歩けなくても、話すことが出来るから。

でも、同意書にサインをしてしまったので、会社はソ・ジェミョンのモノになってしまいそう。

増資をするには大金が必要です。
その資金をファン氏に借りるつもりのソ・ジェミョン。その人はなんと、テント修理を依頼したおじいさんでした。

この流れなので、ヨングァンの味方になってくれそうですね。

↓読んだら応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ  
2つもポチッありがとうございます。とても励みになっています。

関連記事
スポンサーサイト



2012年04月01日 | Trackback(0) | 栄光のジェイン

プロフィール

ブログランキング

カテゴリー

お知らせ

最近のコメント

楽天

楽天

お知らせ

最近の記事

楽天

ブログランキング

お知らせ

リンク

アクセスカウンター

オンラインカウンター

ブログ内検索

最新トラックバック

お知らせ

月別アーカイブ

RSSフィード

雑誌